魔女の守人「漫画コミック単行本2巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

魔女の守人

漫画「魔女の守人」2巻のネタバレ

コミック「魔女の守人」2巻(2020年8月4日発売予定)

魔女の守人の2巻には、8話(2020年3月23日 週刊少年ジャンプ17号 発売)〜16話(2020年6月1日 週刊少年ジャンプ26号 発売)が収録される見込み。

「魔女の守人」8話のネタバレ&感想・考察

2020年3月23日(月)週刊少年ジャンプ17号 発売

魔女の守人 8話

つづきはこちらから

8話のネタバレ

場所が変わり助けてくれた男の家、マナスファは苦しそうにベッドに横たわっている。助けてくれた男はドレイクマルドゥックという名前である。ドレイクはファフナ達の襲われた時の状況を確認する。ファフナはドレイクになぜ自分たちを助けたのか尋ねるのだが、ドレイクは自分には帝国にファフナ達を突き出すか匿うかの二択があることを説明し、更に前者の方がメリットがあることを言及するのだ。ファフナ達はドレイクの発言に焦燥し、味方かどうかわからないと警戒を強めるのである。そして時は移り変わり夜になり、ドレイクが月見をしているところにマナスファが訪ねる。ドレイクの意向が突き出すことなら、そう出来ないようにするためだ。その旨をドレイクに言うのだが、その瞬間ファフナはドレイクに倒されてしまう。圧倒的な差を見せつけたドレイクは今後どうするのかとファフナに問い、そしてファフナ達はこれからどうしようもなくなるだろうと核心を突くのだ。そしてドレイクは情報を売り金にしようという話をするのだが、ファフナはドレイクに、悪いのは実力不足で2人を危険に晒してしまう自分だからそれだけはやめてくれと懇願するのだ。するとドレイクは自分の過去を語る。ドレイクは愛した魔女を手にかけていたのだ。ドレイクはファフナはその後悔をしないで済む可能性があり、その上でファフナがすべきことは魔女を生かし続けることだと言うのである。ドレイクが愛し続けた魔女はアイというのだが、心の中のアイに自分の想いをファフナに託していいかと一種の自問自答のようなことをするのだ。そしてドレイクは生き抜く術を教えてあげるからファフナに3日以内に自分のことを超えろ、それが出来なければ帝国に突き出すという結論を出す。ファフナはもちろんそれに従うのだった。

8話の感想&考察(ネタバレ含む)

30代女性
確かにファフナの手引きで2人は亡命することになったとはいえ、ファフナが泣いて自分をクズ野郎とまで自虐するのはやりすぎでは…と思ってしまいました。2人がファフナを思い遣る場面が少ないので、ファフナばかりに負担が重く一方通行のように見えてしまいます。
20代男性
今回はこの前の謎の男の全貌が明らかになった回でした。男はファフナと同じ役目をしていたが魔女を手にかけてしまいとても後悔していた様子で、その自分の想いにはまだ決着がつけれていないというのが見て取れました。なので殺したくなかったけどどうしようもなくなり殺した、つまり男は昔魔女を殺さなければならない状況まで追い込まれていたということが推測されます。
前回今も研究をしている様子があったのでまだ殺してしまった魔女未練があり、次に自分のような状況があったら助けたいとは思っていると感じました。
ここまで色々条件が揃っているので、ファフナには厳しい条件を投げつつも決して見捨てることはないと思います。
ファフナは負けん気の強い主人公気質に今までは見えてきましたが、今回男に対してマナスファ達を助けるように懇願していたことから、心の底では不安が山ほどあり見せないだけで弱い面もあるというのが分かりました。
この特訓はファフナが強くなり、色々な壁を乗り越える物語としての根拠になるだろうなと感じました。


「魔女の守人」9話のネタバレ&感想・考察

2020年3月30日(月)週刊少年ジャンプ18号 発売

魔女の守人 9話 ドレイクの訓練

つづきはこちらから

9話のネタバレ

訓練を始めるファフナとドレイク。まずは魔女の魔法をサポートするための訓練を始める。ドレイクは魔雷種という中に静電気を秘めている種の魔力を増強させ爆発させるという手本を見せる。ファフナは先日の戦いで追手がやっていたことはこれなんだと言うことに気付くのだ。そしてドレイクはファフナに対して本気でやるから、死なないようについて来いと言うのである。訓練中ファフナはドレイクの隙を突き一本取れそうになるが、魔法で塞がれてしまうのだ。ドレイクはファフナに短絡的すぎるから裏をかいたり泥臭く来いと言うのだ。ファフナがボロボロになったところで訓練は終わる。訓練が終わったところにマナスファが現れる。マナスファは自分を連れて旅をしたことを後悔してないのかとファフナに問うのだ。ファフナは騎士になったことも、国を脱出したことも、全部後悔していないと返答するのだ。ファフナは家族が魔に喰われて魔女にも怒りが湧いたがマナスファを切る寸前で、1番は家族が死んだのにのうのうと生き続ける自分に対しての怒りだというのに気付けたと言った。マナスファは心なしか嬉しそうとも取れる複雑な表情を見せたのだった。そして時は流れ2日後。ファフナはかなり成長し、ドレイクも成長ぶりに感心をしていたが、ドレイク曰くファフナは1人じゃドレイクには勝てないのだ。そしてその夜、ドレイクはマナスファとファフナ一緒に最終訓練に来るように言うのだ。そして夜、一緒に来たファフナとマナスファ。ファフナはマナスファの魔力を感じ取れるようになっていたのだ。

9話の感想&考察(ネタバレ含む)

「魔女の守人」9話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
ただ魔法を発動させるだけでなく、その力によって魔女・騎士戦闘用に騎士の身体を開発する「魔種」という存在は非常に面白いギミックだと思いました。魔女の力だけに頼るのではなく、この先こういったアイテムを工夫して活用する戦いも見てみたいものです…!

「魔女の守人」9話の感想&考察(ネタバレ含む)2

20代男性
マナスファがファフナに対して自分を連れて行くことに対しての後悔の有無を聞くシーンですが、ファフナの返答を聞いたマナスファの微妙な表情はファフナの家族を守れなかった後悔と、自分を連れて旅をしてくれる嬉しさと、自分を連れて脱出してここまで旅をしてくれたことに対しての感謝など色々な感情が混ざり合ってあんな風な表情になったんだと感じました。
そして訓練ですが、魔力を増強させるために必要なのは効率と魔力を感じることだなと感じました。まず、魔女側の魔力を感じとって、そして効率よく魔力を通じさせ、魔力を爆発させるのではないかと思いました。
また、ドレイクの覚悟も相当なものだなと感じました。ドレイクは2人のことをどうでもいいと捨ててしまってもいいはずなのに、辛抱強く面倒を見るのをやめないですし、なにより何年も前に殺してしまった魔女を思い返しているので、この2人に自分の過去を映しており、2人に頑張ってほしいという思いから覚悟が見られるのかなと思いました。

「魔女の守人」10話のネタバレ&感想・考察

2020年4月6日(月)週刊少年ジャンプ19号 発売

魔女の守人 10話

つづきはこちらから

10話のネタバレ

対魔女・騎士基本を全て教え約束は果たしたことの確認を取るドレイク。ファフナたちを指名手配の罪人として攻撃をするドレイク。ファフナは教わったことを思い出しながら攻撃を防ぐ。そして魔法を生成することの難しさを改めて感じ、ドレイクの多様な魔法の使い方に押されてしまう。マナスファが援護をに出る。ドレイクに魔女の過出力がイビル化のリスクになること、騎士媒介にした魔法、小威力の魔法を駆使し戦闘を構築することが必要なことを教えてもらったことを思い出し攻撃をするもドレイクに止められ裏をかいた攻撃をしろと言われる。そして同じ力には同じ力が返ってくると攻撃を受けるファフナとマナスファ。力の差を実感し煙幕を作り隠れる二人。ドレイクを倒す方法を考える二人。マナスファは最大火力をぶつけようと炎を作り上げるもファフナはイビルになるリスクが高まるとそれを止める。しかしマナスファは自分の弱さが自分を助けようとしてくれた二人を苦しめてる事を後悔していると言い自分にできることは命を削って戦うことだけだと訴える。そんなマナスファのほっぺたをつねりお前と一緒に行き続けると、一蓮托生だと断言するファフナ。マナスファが限界を超えて頑張ることは許さない、お前の騎士だと立ち上がるファフナ。ドレイクの前に出て行く。足に魔力を持っていきこれが俺たちの戦いかただとガードが間に合わないほどの早さでドレイクに攻撃をするのだった。片足をつくドレイクに駆け寄る二人。お前たちの可能性にかけると言い倒れるドレイク。場面は変わってケロッとしてエスプレッソを飲むドレイク。そして戦闘の時にマナスファの消費できる魔力量に留意しなければならないといい魔導計測器を取り出すのだった。

10話の感想&考察(ネタバレ含む)

「魔女の守人」10話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
いつ壊されるかもしれない戦いの中で、ドレイクが大事にしているはずのドクロを首から下げたままにしているのが不思議に感じられました。手加減していただけに、ドクロを守りながら戦うことも彼にとっては容易いことだったのかもしれませんが…。

「魔女の守人」10話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代男性
アンジェラの最期を看取ったシュウは、魔女の守人である使命を全うできたことに強い誇りを抱いています。以前であれば守るべき魔女を亡くして自身の運命を呪っていたシュウでしたが、アンジェラとの出会いは彼の性格も大きく変えたんだと知れました。

「魔女の守人」10話の感想&考察(ネタバレ含む)3

30代女性
マナスファの気持ちが表に出て二人が強く繋がった回だったと思います。ファフナは強い訳じゃないのに気持ちが強いのでとても頼れる強い感じがしてかっこよかッです。新しく出てきた魔導計測器がとても気になりました。

「魔女の守人」10話の感想&考察(ネタバレ含む)4

40代男性
バトルシーンが多い作品に不可欠の修行回。その完結編です。これまで特殊な力を持つ魔女と、それを守って旅をする騎士というスタイルで話は進行してきたわけですが、具体的にファフナとマナスファがどういう形で力を合わせ、障害に立ち向かって行くのか、はっきりとしたモデルが示されていませんでした。それを解決したのが今回です。「魔女の魔力を騎士に与えることで攻撃を増幅できる・魔女も魔力消費が少なくなるので崩壊を後回しに出来る」というシステムを説明することによって、魔女と騎士が一蓮托生の関係であり、主人公達のパートナーシップが強調されます。相方の魔女を失った騎士であるドレイクを師匠役に据え、彼を打ち破ることによってファフナたちの成長を読者に印象付けることにもなりました。またファフナが選んだ勝利手段が熟考を重ねた末の力攻めだったことも、ファフナたちが単なる型破りではなく、度を越した型破りであることを深く表現しています。少年漫画らしい熱い展開でした。

「魔女の守人」11話のネタバレ&感想・考察

2020年4月13日(月)週刊少年ジャンプ20号 発売

魔女の守人 11話

つづきはこちらから

11話のネタバレ

ドレイクに別れを告げた3人に魔女を救う方法が見つけられるとは思わないとが偉大な発明家は皆狂人扱いされても己を信じ先が無いと思われた道に明かりを灯してきた、お前たちもそうなれと言葉を送る。魔導計測器を首に着けるマナスファ。ドレイクにお礼を言い出発する。ヴァリ国を通るため拠点塔から侵入することにした3人はファフナの炎脚で塔に侵入し変装道具を探し変装する。貧困街を歩いていると頭上にヴァリ国の魔女スピカを見つける。地上に降り立ったスピカの元に村人が駆け寄る。スピカは皆で食べるようにと食料を持ってきていた。村人が食料を受け取ろうとしたとの時クロードが現れ魔女塔の物資を持ち出すのは禁止されていると奪ってしまう。ルールがすべてに優先されるとういう考えのクロードは自分の家の倉庫からな食料を持って行ってもいいと村人に告げるのだった。クロードはファフナ達3人をこの国の人間ではないことを見抜き今すぐコートを脱ぐように言う。正体がばれてしまうことを覚悟しコートを脱ぎ棄て走り出す3人。3人を見たクロードは捕獲命令の出ている亡命者だと気づき攻撃を仕掛けるのだった。離れていたのに一瞬で追いつかれたことに飛行の魔法を使うのだと思うファフナ。ルールは財より、プライドより、魔女の命よりも重いといいファフナに攻撃を仕掛ける。クロードの攻撃を剣で止めるがその重さに驚く。そんなクロードに俺たちの魔法は重力操作だと告げるのだった。

11話の感想&考察(ネタバレ含む)

「魔女の守人」11話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
正式に魔女の騎士になったアンデミオンの姿が凛々しくて、ますますファンになってしまいました。ユーフリアの騎士に任命され、今後は彼女の命を守る重責を担いますが、アンデミオンならやり遂げてくれるだろうと思います。

「魔女の守人」11話の感想&考察(ネタバレ含む)2

20代女性
もしも私が魔女になったら、そう考えてしまう回でした。守り人である騎士のエンディミオンは非常に魅力的なのですが、心の中で魔女を憎んでいるというのが悲しい結果で、読者としても複雑な気持ちを抱くキャラクターです。

「魔女の守人」11話の感想&考察(ネタバレ含む)3

30代女性
ゲンが自分勝手なキャラクターだったので、今回登場したクロードもその手のキャラクターなのでは…と警戒しましたが、規律に厳しくありながらも筋の通った人物なようでホッとしました。能力も派手で強そうですし、どんな戦いになるのか期待が膨らみます。

「魔女の守人」11話の感想&考察(ネタバレ含む)4

30代女性
主人公であるキリトの迷いは今も続いたままだという事実がわかり、読者としてはかなり複雑な気持ちになりました。魔女を守りつつ、人間の味方もしているキリトはこれから先本来の使命を見つけだせるのか不安になってきました。

「魔女の守人」11話の感想&考察(ネタバレ含む)5

30代女性
一瞬クロードいいやつと思ったのに最後のシーンで一変しました。魔女の命よりと言ったときのスピカの恐がる姿に二人の関係が見えたように思います。ただクロードの周りを見る力がすごかったのでこれから大変な戦いが始まるのかなと思いました。

「魔女の守人」11話の感想&考察(ネタバレ含む)6

30代女性
ドレイクとの修行を経て新たな街に向かうことになった主人公たちですが、早々に魔女と騎士のコンビに見つかってしまいました。早速、バトルに入ったわけですがドレイクの元で修業した成果が発揮される展開になるような気がします。レベルアップしたファフナとマナファのコンビで戦うことになると思うのですが、敵を倒すことが目的ではないのでうまいことかわして逃げるか敵と和解する展開が予想されます。目的とする国にたどり着く前に新しい仲間がゲットできたり、新情報を獲得したりといった成果があるのかもしれませんね。また道中でイビルとの戦闘に入る展開もある気がします。いずれにしろ、しばらくバトルシーンが続くのではないでしょうか。

「魔女の守人」12話のネタバレ&感想・考察

2020年4月27日(月)週刊少年ジャンプ21+22号 発売

魔女の守人 12話 

つづきはこちらから

12話のネタバレ

クロードの攻撃を受け止めるファフナ。ナータから隙を突いて逃げようと提案を受け自分がその隙を作ると攻撃を仕掛けるファフナ。しかし重力操作の魔法により重くなった小石で攻撃を受けたり、ファフナ自身の体の重力操作され受け動けなくされてしまう。クロードが俺の作ったのルールには逆らえないと言うもファフナ自分が従いたいルールは自分で決めると重力場を脱する。その瞬間マナスファの魔法で爆発を起こし三人は逃げるのだった。三人は炎の足で逃げながらスピカとクロードを引き込めないかと相談し、手を組むための作戦を立てることを決めるのだった。ヴァリ国司祭院ではクロードが司祭に猛省しろと言われファフナ達を生かして連れてくるよう命令される。クロードはルールに逆らわないことで弱者は辛うじて生かしてもらえると考えていた。部屋に戻ったクロードはスピカの体を心配している。スピカの顔の包帯の下には痣があった。スピカは昔のことを覚えているかと話しかける。昔は私がルールにうるさくて、クロードはそういうのが嫌いだった。覚えているかと問うスピカに覚えていないと部屋を出ていくクロード。ルールが嫌いだった自分は捨てたと心の中でスピカに話しかけるクロード。その頃ファフナたちは魔女塔に乗り込もうとしているのだった。

12話の感想&考察(ネタバレ含む)

「魔女の守人」12話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
クロード&スピカコンビが登場してから着実に面白くなってきているが、それ以前で展開の遅さ、キャラクターの不快さが目立ってしまった

「魔女の守人」13話のネタバレ&感想・考察

2020年5月11日(月)週刊少年ジャンプ23号 発売

魔女の守人 13話 会話

つづきはこちらから

13話のネタバレ

逃亡したファフナ達を司祭たちは追っているのであった。

司祭が1人の騎士に目をやった。

その騎士は靴をボロボロにしていた。

司祭は新しい靴を掲げるがそれを放り投げた。

靴はボロボロにしてこそその価値があるものだと。

騎士道とはこうあるべき、司祭はそうやってみんなを奮い立たせるのであった。

その頃、ファフナ、マナスファ、ナータの3人。

3人は1人の魔女、スピカを気がかりにしていた。

ファフナが何かを言いかけようとするがマナスファはみなまで言うなと言った面持ちでそれを止めるのであった。

塔の部屋に魔女スピカがいた。

スピカもあの3人はそんなに悪い人に見えないと思っていた。

すると窓から3人が魔女スピカの部屋にやってくるのだった。

魔女スピカは驚いて3人に攻撃を仕掛けようとするが、3人は速攻降伏の合図をするのであった。

自分たちに戦う意思はないと。

マナスファはノワール国に行けば魔女が戦わなくても生きていける未来があるのだと伝えた。

しかしそんなことで自分の責務を放って置くわけにはいかないと魔女スピカが攻撃を仕掛けようとした。

マナスファは魔女である前に1人の女の子だと言うことを覚えておきなさいとスピカに伝えた。

外からはクロードの声がした。

3人は一旦ここは退却することにした。

13話の感想&考察(ネタバレ含む)

「魔女の守人」13話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「魔女の守人」14話のネタバレ&感想・考察

2020年5月18日(月)週刊少年ジャンプ24号 発売

魔女の守人 14話 逃亡戦

つづきはこちらから

14話のネタバレ

スピカとクロードが追いかけてくる。スピカはファフナたちを倒すと言い攻撃をしてくる。ファフナは炎魔法を使いうまく着地する。ルールを犯した罪人に逃げ場はないと言うクロード。マナスファは魔道計測器を確認しドレイクの言葉を思い出す。マナスファはファフナの左腕に炎の盾を出現させる。ファフナは敵の攻撃をガードしつつ一発で決めると作戦を考える。闘うしかないのか?と聞くファフナに当然だと答えるクロード。剣術や魔法で闘いが繰り広げられる。クロードはスピカの魔法の威力が弱いことに気づき迷いがあるのかと尋ねる。スピカは本当に悪い人たちなのかと聞くとクロードは悪い人かは関係ない、ルール違反者を捕まえることだと言う。そして闘いを放棄する気かと聞かれたスピカは全力で闘うとことを宣言し、ちゃんと前見て戦ってとクロード言うのだった。マナスファの炎の盾に助けられながら闘い続けるファフナ。クロードは盾が厄介だと思いファフナに重力をかけ押し潰そうとする。ファフナは踏ん張り、マナスファは計測器を見ながら最適の魔力量を探していた。その時スピカの魔子が広がる。スピカはクロードに手を緩めないでと叫ぶ。クロードはその言葉を聞いて手を緩めず攻撃をしファフナを倒すのだった。

14話の感想&考察(ネタバレ含む)

「魔女の守人」14話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「魔女の守人」15話のネタバレ&感想・考察

2020年5月25日(月)週刊少年ジャンプ25号 発売

魔女の守人 15話  重み

つづきはこちらから

15話のネタバレ

クロードが倒れているファフナに剣を向けお前の負けだと言う。そこへ騎士達が駆けつける。ファフナたちに近づこうとするも跳ね返され近づけない。ファフナはまだ動けると立ち上がる。諦めろと攻撃をするクロードの剣を跳ね返すファフナ。ファフナはお前たちは強いがルールを変える覚悟がない奴に負ける気がしないと言う。クロードは何が分かると攻撃をしかける。ファフナはスピカの魔子が強まった時に魔力を弱めたクロードが魔女の命よりルールが大事なんて思ってないんだと言う。そこに移動魔具て司祭が現れクロードにファフナたちを捕らえるよう命令し、魔力を出し惜しんでは勝てないと言う。スピカをイビル化させたいのかとクロードを止めるファフナ。しかしクロードは何もしていなかった。スピカがクロードを介さず魔法を使っていたのだ。クロードが止めるのも聞かず魔法を使いファフナたちを捕らえた。スピカがヘタリこむと駆け寄るクロード。司祭はよくやったと誉めるもスピカの処分が決まったと告げる。本意ではないが会議でマナスファを捕らえて使うよう決定したと告げられる。クロードは司祭に待ってくれと頼むもルールだと言われてしまう。誠意を見せてくれとクロードにスピカを殺すよう促す司祭。スピカは今まで有難うと笑う。クロードは昔自分が大人に黙って壁を越えそれに付いてきたスピカがイビルに教われたこと、そして瀕死の状態を魔子に助けられたこと、魔女になったスピカは後悔を口にしなかったことを思い返していた。自分がルールを破ったことでスピカに過酷な運命を背負わせた。ルールを守ることでスピカを生かすと誓ったことを考えていた。スピカに剣を向けるクロード。覚悟を決めてスピカを殺そうとするもファフナが間に入りその剣を握りしめお前たちを解放してやると叫ぶのだった。

15話の感想&考察(ネタバレ含む)

「魔女の守人」15話の感想&考察(ネタバレ含む)1

40代男性
重力魔女と騎士コンビ ・騎士がルールに固執するのは、ルールを破り幼馴染を魔女にした過去が原因 ・重力使いならではの「何故こんなに剣が重く感じる…⁉︎」という葛藤 ・感謝と覚悟が詰まったスピカの表情 ・15話「重み」と言うタイトル どれも素晴らしいんだ、頼む続いてくれ

「魔女の守人」16話のネタバレ&感想・考察

2020年6月1日(月)週刊少年ジャンプ26号 発売

魔女の守人 16話 最後の攻防

つづきはこちらから

16話のネタバレ

クロードの剣を握りしめるファフナの手からは血が出ていた。解放できるならとっくに自分がしていると叫ぶクロードに殴りかかるファフナ。そしてもうクロードとは騎士として戦わないと宣言し、魔女を人間に戻す方法を探す旅をしていること告げる。クロードは信じられずファフナに攻撃を仕掛けてくる。その時司祭から退くよう命令が出る。空から魔道具が降りてくる。クロードは司祭はしばく手を出さず来たる一瞬で使命を果たす事を考えろと言われる。魔道具はファフナたちに攻撃を仕掛けてくる。マナスファはファフナを援護するも限界を超えようとしていた。マナスファはドレイクの限界を超えても戦わないといけない時が来たらコレを使えと言う言葉を思い出し計測器を使う。スピカを守り戦うファフナたち。その様子を見てクロードはスピカを守るのは自分のするべきこと、このままでいいのかと自問自答していた。ファフナがこれ以上守れないと思った瞬間クロードが魔道具に攻撃を仕掛ける。その場にいた者が驚く。クロードは一番守るべきルールはお前を守ることだと言う。その言葉に涙するスピカ。お前が諦めようが俺は諦めないぞとクロードと共闘するファフナ。そして魔道具を倒して行く。司祭はイビル化してしまえば全て無だと怒り叫ぶ。マナスファはスピカに大丈夫と声をかけ考えがあると言うのだった。

16話の感想&考察(ネタバレ含む)

「魔女の守人」16話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「魔女の守人」を無料で読む方法

「魔女の守人」が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「魔女の守人」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「魔女の守人」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「魔女の守人」単行本は459円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「魔女の守人」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓