漫画「魔入りました!入間くん」146話のネタバレと無料読み放題

魔入りました!入間くん

漫画「魔入りました!入間くん」146話のネタバレ

2020年3月5日(木) 週刊少年チャンピオン14号 発売

146話のネタバレ

第146話 魔界の揺らぎ

理事長のサリバン(入間くんのおじいちゃん)は優しい笑顔でバチコ先生に「やー、本ッ当に修業お疲れ様!入間くんも優勝して“4”になれたし!バチコちゃんにお願いして本当に良かったよ~!」と話している。「そんなっ」と照れるバチコ先生に、サリバンは「バチコちゃんは13冠に匹敵する実力者だしね!」と言う。バチコ先生は「13冠の方々のほうがもっと強…」と言いかけてメラメラなりながら「あの服のシュミのわっっっるい女は別ですが…」とフォークを手にしながら返事をする。サリバンが「君は人付き合いが苦手だから講師を引き受けるか心配だったけど」と言うと、バチコ先生は「そうですね、最初は顔だけみて帰ろうと思ってました…でも、でも今はちゃんとあッチの一番弟子だと思ってます」と笑顔で答える。それを聞いてサリバンは嬉しそうに微笑み「そっか!」と答える。そして「さて!じゃあ大体お話も済んだし、ここは片づけ!て」と言って執事のオペラさんがテーブルの上や周りを片付ける。

 そしてサリバンは「次の話といこう」と言って椅子にかけて、急にまとう雰囲気が変わる。バチコ先生はそのことに気づいてザッと膝をつく。そして二人は“盗聴防止(パーフェクトスピーク)”の状態で話し始める。膝をついたバチコ先生は「バルバトス・バチコ承ります」と言う。するとサリバンは「ウム」と言って「まず次の“13冠の集い”が中止となった」と言う。その言葉にバチコ先生は驚く。サリバンは続けて「理由はここ数日頻発している有力悪魔の失踪だ。貴族会、戦場、あらゆる場から高位階の悪魔が消えている。原因は不明…だが元凶の目処はついてる」と言う。バチコ先生は「めど?」と聞き返す。サリバンは「そう…“あらゆる悪事に”“その団体あり”と謳われる・・・六指衆(むさしのしゅう)足跡がない…ゆえに彼らだと分かる」と説明する。するとバチコ先生はバチっと鳴らしながら「なるほどつまり、このバルバトスが誇る最強の弓の出番、そういうわけですね…!!」と言ってサリバンの前で弓を構えてすごんで見せる。しかしサリバンは手を振って「あっ、ごめんちがうちがう!!」と否定する。「ちがうんですか…」と消沈するバチコ先生に、サリバンは「うん、大丈夫おろしていいよ」と言ってバチコ先生の弓をおろすように言う。

 そしてサリバンは「魔界が不穏に揺れている時こそ、教育者は教育に専念すべきだよ。生徒たちにより良い知識を与え、育て、守る。我々大人が彼らを導くことこそ魔界の平穏につながるんだから」と静かな迫力を秘めつつ、最後は「ねっ」とバチコ先生に微笑んで見せる。バチコ先生は「~はっ」と返事をしながら、そのサリバンの話す様子を見て「これが次期魔王候補三傑サリバン公!!やっぱり言葉の重みがちがうぜ!!」と感じてドキドキする。サリバンは「だからバチコちゃん。このまま僕の孫の特別講師は継続してね」と言うとバチコ先生は「はい」と返事をし、サリバンが「イルマくん人間だし」と言うとバチコ先生は「はい」と勢いのまま返事をする。そこで「ん?」と気付き、「えぇぇぇぇ」と叫び声を上げる。するとオペラさんが「この事実を知っているのは理事長と私…それとバラム教諭のみです」と言う。そしてサリバンは座りこんでいるバチコ先生の頭をなでて「キミの意志は尊重するよ。今の会話の記憶を消すか…僕らと一緒に入間くんを守るか…」と話しかける。その時、ガチャとドアが開いて入間くんが「おはようございます~オペラさぁん、今日の朝食…」と言いながらフラ~と部屋に入ってくる。そして入間くんは「って師匠!!?」と言ってバチコ先生がそこにいることに気づく。サリバンはご機嫌に「イルマく~ん、おはよ~」と話し、飛び跳ねて喜んでいる。

 バチコ先生は入間くんとサリバン、オペラさんの話している様子を見つめながら「…人間、なんだか…妙にしっくりきちまったんだよな。だって…だって悪魔じゃねぇってことはよ…やっぱりあッチの弟子は…こいつしかいねぇってことじゃねーか」と思って笑顔で近づいてくるイルマを見つめる。そして「ったく、しょうがねぇな。人間だろうが、なんだろうが、これからもあッチが…しっかり面倒みてやるぜ!」と思いながら頭の中では自分が椅子に座り、入間くんが給仕をしている様子を思い浮かべる。するとサリバンに後ろから「バチコちゃん?」と冷ややかに声をかけられ、バチコ先生はハッと驚く。そしてサリバンに「イルマくん、使いっぱしりにしてるの?」と聞いてくる。オペラさんは「聞き捨てなりませんね」と口をはさむ。するとバチコ先生は慌てて「いえっこれっちがうんです!これも修業の一環で…」と必死で否定するが、入間くんは「洗濯も掃除もします!」と答える。

 入間くんはベッドにポスっと寝ころび「ふ~」とため息をつく。そして「何かよく分からないけどまた師匠に怒られた」と言って考え込む。入間くんは右手の中指の指輪を見て「アリさーん?は…寝てるのか。あとで魔力の残り確認しておこう」と言う。そして入間くんは悪魔学校の冬服を手に持ちながら「さあ、次は音楽祭!!」と思うのだった。

「魔入りました!入間くん」146話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「魔入りました!入間くん」146話を無料で読む方法

「魔入りました!入間くん」146話は漫画雑誌「週刊少年チャンピオン」に掲載されている作品です。

週刊少年チャンピオンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「魔入りました!入間くん」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「魔入りました!入間くん」単行本は440ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「魔入りました!入間くん」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓