破壊神マグちゃん「漫画コミック単行本1巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

漫画「破壊神マグちゃん」1巻のネタバレ

コミック「破壊神マグちゃん」1巻(2020年11月4日発売予定)

破壊神マグちゃんの1巻には、1話(2020年6月22日 週刊少年チャンピオン29号 発売)〜7話(2020年8月11日 週刊少年ジャンプ36・37号 発売)が収録される見込み。

「破壊神マグちゃん」1話のネタバレ&感想・考察

2020年6月22日(月) 週刊少年チャンピオン29号 発売

破壊神マグちゃん 1話 少女 宮薙流々

つづきはこちらから

1話のネタバレ

ボンビーガールの流々。貝掘りしてたら宝石みたいなものを見つけた。それは破壊神!人間の恐怖を一身に集めたマグ=メヌエクが封印された封印の宝珠だった。うっかり熊手で付けたキズを隠そうとして宝珠をぶっ壊す流々。キモいタコみたいなの登場!思わずサーブで海に叩き込む流々。溺れてる・・。「肉体が思うように動かせぬ。」「何なのアンタ?」「我を形容する言葉はこの世界には存在せぬ。」「破壊神、マグ=メヌエク」「マグちゃんね。」一つ目のタコのような姿に驚きもせず、「マグちゃん」と呼ぶ流々。再度の封印を妨げるためにビームで宝珠を完全に壊すマグちゃん。思わず再度殴る流々。マグちゃんは自らの権能(ちから)に耐えられず干物になるが、流々は自身のせいだと連れ帰りなぜか湯に漬ける、が、本当に復活!。復活したマグちゃんは叫ぶ。「我に供物を捧げよ!」貧乏流々は納豆を差し出す。「悪くない。まとわりつく粘液と腐臭が混沌を想起する。」「食レポがマズそう。」マグちゃんは毎夜の納豆を流々に要求する。だが、父が死に、母親が出稼ぎしている流々には余裕がない。マグちゃんは言う。「貴様の望むモノを何でも破壊してくれよう。」「じゃあいらねえ・・」マグちゃんは落ち込む。「じゃー掃除機かけといてね」「塵を集めるためだけの絡繰(からくり)とは・・。下等生物(ニンゲン)共の浅知恵には失笑を禁じえぬ。」いちいち物言いが高尚かつ上からだ。が、マグちゃん絡繰に吸い込まれる!伸びて長くなってしまった。翌日朝起きると「惰眠を貪る怠慢なる下等生物よ」「なんでそんな人間を見下してんのさ」「下等生物度もは幾度もくだらぬ同族争いを繰り返すばかり。古来より何も進歩せぬ哀れな下等生物よ。」複雑な顔の流々。場面は変わり洗濯物を干す流々。「天気悪っ。」マグちゃんに雨が降ったら洗濯物を取り込むよう依頼する流々。特に学校の制服は大事だと頼む。
家で待つマグちゃん。電話が鳴る。どうすればいいか分からず、電話と壁を吹き飛ばすマグちゃん。登校中の流々。ケータイが鳴る。「連絡網だ。台風の進路が急転して臨時休校だ。」家に帰る前にスーパーに寄る流々。「マグちゃんに納豆買ってあげよっと。」家では、マグちゃんが洗濯物を取り込もうとしている。制服を取り込もうとしたとき、強くなった風雨にマグちゃんは制服ごと飛ばされる。堤防に必死でしがみつくマグちゃん。「肉体に力が入らぬ。また再び暗き海底に逆戻りか・・。儘ならぬものだな・・」そこに流々、「貴様何故此処に・・」マグちゃんから制服が外れ、マグちゃんも海に飛ばされそうになる。迷わずマグちゃんの手をつかむ流々。「衣服の守護が望みではなかったのか?ならば何故このような場まで来たのだ?」「友達の方が大事に決まってるでしょ」またマグちゃんを殴る流々。「困ってるなら頼ってよ!さみしいじゃないか!」マグちゃんにとっては人間は支配し服従させる相手。人間は力の恩寵を授かる主従関係。だが、風雨は強く、流々も飛ばされそうになる。流々は尋ねる。「どんなものまで壊せるの?」「完全体なっらいかなるモノも」流々は3個パックの納豆を差し出し、パックごとマグちゃんの口?(足の間)に突っ込む。マグちゃん覚醒!空に向け、その権能を発揮!宇宙にまで至るその破壊力で台風一閃!青空が戻る。そしてマグちゃんは再度干物に。またお湯に付けて復活したマグちゃんに流々は頼む。「仲良くしてくれたらいいかな。」マグちゃんは初めて「流々よ。貴様は妙な生物だな。」振り返ると壁の巨大な穴と壊された電話機。マグちゃんは「私は勝手に壁と電話を壊しました」と言う札を付けて吊るされるのであった。

1話の感想&考察(ネタバレ含む)

「破壊神マグちゃん」1話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代女性
なかなか面白い!マグちゃん破壊神なのに納豆が好きだったりお湯で復活したり可愛すぎる。ストーリーも結構感動したのだ。

「破壊神マグちゃん」2話のネタバレ&感想・考察

2020年6月27日(土) 週刊少年チャンピオン30号 発売

破壊神マグちゃん 2話 少年藤沢錬

つづきはこちらから

2話のネタバレ

今週は主人公に思いを寄せる男友達、藤澤練が登場した。
学校に行きたくないとボヤく流々に対してよく分からないながらも学校を吹き飛ばして解決しようとするマグちゃん。
自分の常識の無さを自覚したのか情報収集として書物を読みあさる。
主に流々の漫画を読んでいるがその中に難解な書物があると言う。
それは小学生の時に使っていたプロフィール帳だった。
このプロフィール帳を一杯にできれば、昔のように尊敬される神になれるのではないかと言う提案にマグちゃんは乗り、「破滅使途血盟の書」と名付ける事にした。
そこに届け物をしに練が現れた。
謎の生物であるマグちゃんに驚くも流々に紹介され突っ込むものの本来の目的である届け物、商品券を渡す。
これにより思春期特有の恥ずかしさから中々誘いをかけれなかった練は翌日の買い物を提案した。
その様子から恋慕の情を読み取ったマグちゃんに弱みを握られ、黙っていることの対価として練は破滅使途血盟の書に記入をするのであった。
予想とは違うものの出掛けることになった二人。
流々は髪留めに心惹かれるも貧困から使うなら食事であると断念。
二人はフードコートにて食事を取ることにする。
練は目を盗んで髪留めを購入しにいき、その間にファーストフードを貪り過ぎたマグちゃんはエネルギー過多により爆発の危機となる。
練により危機一髪難を逃れ、感謝を伝える流々。
そんな流々に髪留めを渡す。
喜びと共に受け取られた髪留めだがそれはマグちゃんへと付けられる。
二人が友達になったことを喜ぶ流々に本当の事が言えず、枕をぬらす練だった。

2話の感想&考察(ネタバレ含む)

「破壊神マグちゃん」2話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
2話目も面白かった。コメディ枠でここまで好感触なの久しぶりだなー 何が良いって、マグちゃんの禍々しいふきだしとそれに見合う台詞。言葉選びが破壊神らしさ全開で、それと流々たちのほんわかな雰囲気とのギャップが良い味出してる。

「破壊神マグちゃん」3話のネタバレ&感想・考察

2020年7月6日(月) 週刊少年チャンピオン31号 発売

破壊神マグちゃん 3話 狂乱のナプターク

つづきはこちらから

3話のネタバレ

海沿いの田舎町で破壊神・マグ=メヌエクが目覚めた数日後、おぞましい姿の邪神が目覚めていた。
一方、流々は食材が一切ないという危機に陥っていた。そこで流々が思いついたのは、潮干狩り大作戦だ。流々とマグがどちらが多くあさりを採れるかを競争しようと意気込んでいると、海のほうから怪しい声が聞こえてくる。「下等生物共の小間使いとは…堕ちたものだなマグ=メヌエク…」その囁きを聞いたマグはナプタークの声であると言い当てる。海から現れるは『狂乱』のナプターク!
ナプタークはマグを見て「なんだそのみじめな姿は」と笑い飛ばすが、自分の姿を顧みて絶望する。流々からは「元気なヒトデだなぁ」と言われる始末である。
ナプタークは混沌の神と呼ばれたマグ=メヌエクの同胞であり、かつては下等生物(人間)を支配していたが、その下等生物の封印により肉体を失ったようだ。
流々は「600年ぶりに友達との再会じゃん。よかったねマグちゃん!」と涙ながらに言いますが、マグとナプタークはにらみ合い何やら険悪な雰囲気。今から決着をつけようと殺気を出す二人に、流々は保冷剤を投げて説教。今は世界の支配なんかよりも大事なことがあるのだ。そう、晩ごはんの調達である。「ケンカしたけりゃ潮干狩りにしなさい!」と二人を誘導。あさりをたくさん集めた人の勝ちで、負けた人は勝った人の言うことを聞くというルールが設定された。
ナプタークは勝ったらマグをこの地から追放、マグは破滅使徒血盟の書(プロフィール帳)への署名を宣言し、勝負が開始。ナプタークは『狂乱の咆哮』で生命の精神へ介入しその生命体を意のままに操り、その力であさりを掘り出そうとするが、地上に現れたのは、あさりではヤドカリであった。結果、アサリを2匹採ったマグの勝利かと思えたが、流々の21匹という記録により、流々の圧勝となる。
怒ったナプタークは流々に『狂乱の咆哮』を使うが、その効力は発揮されず、流々にチョップされてしまう。衰弱した身体ではそう何度も力を使えないのである。
負けた人は勝った人の言うことを聞くというルールだったので、流々は二人に命令をする。それは、ナプタークとマグのふたりが友達になること。友達の証に結局ナプタークはマグのプロフィール帳にサインすることになった。屈辱に耐えられなくなったナプタークは「憶えておれ!」と海に帰っていくのであった。

3話の感想&考察(ネタバレ含む)

「破壊神マグちゃん」3話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代女性
とっても可愛い!新キャラのナプタくんがこれからどんな動きするのか楽しみです

「破壊神マグちゃん」4話のネタバレ&感想・考察

2020年7月13日(月)週刊少年ジャンプ32号 発売

破壊神マグちゃん 4話

つづきはこちらから

4話のネタバレ

とある朝方の時期、流々の鳴き声が聞こえて、物語が始まる。
マグちゃんは目覚まし時計を真っ二つにした。
通学時間を遅刻しないために必須な目覚まし時計、これを真っ二つにするというのは、かなりのやらかしぶりで、発狂するマグちゃん。
流々は遅刻寸前で怒りながら支度して学校に向かう。
正につかの間の出来事、ひとつ間違えば完全に遅刻が発生し努力が無駄になるという感覚、怒涛のダッシュで脱兎のごとく家からいなくなる流々、その間にマグちゃんは冷蔵庫の中にプリンを見つける。
このプリンマグちゃん自信は全く身に覚えがない様子。
そこで悪い表情になる。
流々が家から帰るとマグちゃんはプリンになっていた。
すぐに察したのか勢いよく冷蔵庫に向かうと、予想通り、プリンの空容器が落ちていることが確認できる。
これに対し流々は激怒を通り越して泣き叫ぶ。
怒られるマグちゃん機嫌を直そうとプリン探しが始まる。
当てもなくさまよっているとナブタークと出会う。
ぼこぼこにして道案内をさせる。
プリン購入の際の店員に宝石を渡すマグちゃん、家に帰ると早速流々と仲直りします。
抱き着きに行くほどの歓喜ぶり、二人はそれぞれの好物を食べて、満足げな様子で物語が終わる。
一方宝石をもらった店員は店員をやめバンドマンの夢をかなえたというオチがあった。

4話の感想&考察(ネタバレ含む)

「破壊神マグちゃん」4話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「破壊神マグちゃん」5話のネタバレ&感想・考察

2020年7月20日(月)週刊少年ジャンプ33・34号 発売

破壊神マグちゃん 5話

つづきはこちらから

5話のネタバレ

いざという時に流々を得体の知れない破壊神マグ=メヌエクから護れるようにと、体を鍛えるべく走り込みに出かける幼馴染の錬。
すると、自宅である食堂の裏で、ヤドカリ100匹を従え、ゴミを漁る狂乱のナプタークと遭遇。
もめていた二人だが、ともに『マグ=メヌエクに勝ちたい』という利害が一致した。
ナプタークから流々がすでに血盟の書に名を記し、操られていると聞かされた錬はすっかりその話を信じ、二人(とヤドカリ100匹)は、『破滅使徒血盟の書(ただのプロフィール帳)』を奪うべく、動き出す!
まず、錬が適当な理由で血盟の書を手に入れヤドカリ達に渡し、燃やしてしまおうという計画。ちなみにナプタークは知略により場を支配する軍師(何もしない)。
錬は流々の家に行き、一人で留守番中だったマグ=メヌエクに、知り合いが仲間になりたいのでプロフィール帳を貸してくれと話を持ち掛ける。
するとあっさり快諾。
前回たくさんの供物を取り出したため、空間が歪んでいるというマグ=メヌエクの口の中は、まるで宇宙のようだった!
何とか宇宙空間のような口の中から破滅使徒血盟の書を手に入れた錬だったが、ふと流々が書いたページを見ると、流々にとってはマグ=メヌエクが家族のような大切な存在だと気づく。
書を火に焼べるよう、ナプタークから急かされる錬だが、これを拒否。
怒り狂ったナプタークは『マグ=メヌエクの手先と成り下がったその役立たずのゴミを火に燃べろ』とヤドカリ達に命令した。
ヤドカリ達は血盟の書にサイン済「てさき」、血盟の書を奪う間見ているだけの「やくたたず」、錬の家の「ごみ」を漁っていたナプタークを連想し、ナプタークを火に燃べた。
破滅使徒血盟の書焚書作戦は失敗に終わったのだった。

5話の感想&考察(ネタバレ含む)

「破壊神マグちゃん」5話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「破壊神マグちゃん」6話のネタバレ&感想・考察

2020年8月3日(月)週刊少年ジャンプ35号 発売

破壊神マグちゃん 6話

つづきはこちらから

6話のネタバレ

近くの神社で開催された夏祭りに出かける流々とマグ。浴衣に着替えて浮かれる流々だが、同じく浮かれるマグは信徒たちに祭られることを楽しみにしている様子。しかし流々から「別にマグちゃんの為のお祭りじゃないよ…」と言われてしまい、ショックを受けていた。

錬の屋台でタコ焼きを買う流々。マグは「頭足類の触手の肉片を穀粉で包み焼き固めた」タコ焼きを、封印された自分への当てつけだと怒り出し、全部食べようとするのを流々に阻止される。続いて錬の姉・鏻の風船屋台に向かうと、鏻から風船をプレゼントされる流々。しかしマグが1つを食べてしまい、浮き上がってヘリウム声になってしまう。その光景を見ても、鏻はダウナーな様子であっさりと受け入れるのだった。

花火の時間が迫り人が増えてきた時、流々は迷子の女の子を見つける。風船をあげて両親を一緒に探そうとするが、マグのことを「ぽけもん…?」と聞かれたために、ポケモンのように進化するところを見せようとして、禍々しい姿を見せてしまい…!驚いた女の子が逃げ、追いかけようとすると花火が始まり、同時に女の子の両親を先に見つけるのだった。

花火と歓声で声が通らない中、家族で一緒に花火を見てほしいという想いで、必死に女の子を探そうとする流々。マグにもう1つの風船を食べてもらい、上空から探してもらうことで、女の子を見つけることに成功!しかし、流々は結局花火をまともに見られないまま、最後の一発が打ち上がってしまい…。

悲しそうな流々を見て、流々のタコ焼きをすべて奪い食べてしまうマグ。空高く飛び爆裂し、流々に大きな花火を見せてやるのだった。落ちてきたマグは、自分の破滅の威光は土地神の力を凌駕すると誇らしげな様子。流々はマグを拾い抱きしめ、今年の花火は忘れられない思い出になると言うのだった。

6話の感想&考察(ネタバレ含む)

「破壊神マグちゃん」6話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「破壊神マグちゃん」7話のネタバレ&感想・考察

2020年8月11日(火)週刊少年ジャンプ36・37号 発売

破壊神マグちゃん 7話

つづきはこちらから

7話のネタバレ

流々の住む町に、混沌の神々を根絶やしにすると覚悟をこめてやってきたある人物。
聖騎士団の宿命だという学ランの男を後ろから見守っていた流々はイケメンなのに中二な目立つ彼の後をついていく。
ポストの中や、井戸の中を探すイケメンに声を掛ける流々だったが、混沌の気配をまとっていると目をつけられてしまう。
異世界の存在を探すイケメンの前に堂々と姿を現したマグ。
しかし動物だと見逃されてしまう。
連絡手段として鳩を渡されて唖然とする流々だったが、マグは聖騎士団の存在を知っていた様子だった。
同じくナプタークに手を焼いていた練は偶然、流々と合流する。
争うナプタークとマグの前に、再度姿を現したイケメンだったが、邪神の変わりように息を荒くするのだった。
ブチギレたナプタークを聖剣で攻撃したイケメン。
あまりの大技に、世界観がガチだとその場の全員が突っ込みを入れるのだった。
ナプタークを一蹴したイケメンにマグは自己紹介を始める。
最高位の邪神の存在に身構えるイケメンは、流々を邪教徒だとみなし目を覚まさせようとする。
マグに大技を喰らわせるイケメンだったが、両断されたマグはあっけなくくっついて再生する。
さらに攻撃しようとするイケメンだったが、警官に連れて行かれてしまうのだった。
パトカーで去っていくイケメン。
流々や練はノリの違いに呆然とするのだった。

7話の感想&考察(ネタバレ含む)

「破壊神マグちゃん」7話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「破壊神マグちゃん」を無料で読む方法

「破壊神マグちゃん」は漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に掲載されている作品です。

ですが、連載が開始したばかりで単行本も発売されていないため、今のところ読み放題のサービスを含め週刊少年ジャンプを完全無料で読む方法はありません。

ですので、ここでは「破壊神マグちゃん」が掲載されている週刊少年ジャンプの他作品の単行本を完全無料で読む方法をご紹介します。

U-NEXT

週刊少年ジャンプで掲載されている多くの作品のコミック単行本が電子版として配信中!

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(ジャンプの単行本は410円〜が多い!)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!