漫画「コウノドリ」 314話のネタバレと無料読み放題

漫画「コウノドリ」 314話のネタバレ

2020年1月9日(木)モーニング6号 発売

#314 命のゆくえ

緊急手術が開始された。

小松先生、加瀬先生、サクラ先生、下屋先生が緊急手術室で手と足を早めてせわしなくしている。

下屋先生は赤ちゃんを取り上げることに成功した‥。

赤ちゃんと家族を面会させたのは新井先生だった。

赤ちゃんはまだ呼吸がしっかりとできる状態ではなかったので、呼吸を補助する気管挿管が施されていた。

新井先生は赤ちゃんはこれからNICUに連れていかれるという説明を旦那さんにした。

旦那さんは妻の容態はどうなっているのかを新井先生に聞いた。

そう、赤ちゃんは無事にここにこうしているが、奥さんはまだ戦っている最中であるのだ。

奥さんは出血を止めるために子宮を摘出してしたと下屋先生が説明する。

奥さんはこれからICUへ移送されるらしい。

奥さんは劇場型の溶連菌にかかっている疑いが濃厚と下屋先生が説明した。

手術も終わりひと段落している、サクラ先生たち。

この手術は劇場型の溶連菌だとすぐに気がついた下屋先生のファインプレイが光る手術だったと皆が語っている。

サクラ先生も60%から70%でしぬ可能性があったらしい。

それをきいて下屋先生は腰を抜かしてしまった。

そんな下屋先生の頭にそっと手を置き、安心させるサクラ先生であった。

「コウノドリ」 314話の感想

「コウノドリ」 314話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「コウノドリ」 314話を無料で読む方法

「コウノドリ」 314話は漫画雑誌「モーニング」に掲載されている作品です。

モーニングは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「コウノドリ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「コウノドリ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓