漫画「コウノドリ」 302話のネタバレと無料読み放題

漫画「コウノドリ」 302話のネタバレ

2019年9月26日(木)モーニング43号 発売

燃え尽き症候群…。

新井先生はいったんはバーンアウトしてNICUを離れることになった。

しかし新井先生は見学先のデイサービスの子どもたちやそれに係る医療行為…、看護する者にも寄りそうことが大事であるということを知ることになる。

それをうけて新井先生はNICUに復帰することになった。

しかしNICUの面々はすこし困惑気味であった…。

バーンアウトした人間はそうそう復帰できない、また復帰したというケースもあまりきいたことがないからだ。

新井先生は赤ちゃんの処遇をめぐって、工藤先生と早々に対立してしまう…。

カンガルーケアはそうかんたんにこの時期の赤ちゃんにやってはいけないらしい。

反省する新井先生だが、今橋先生はカンガルーケアは赤ちゃんの呼吸をゆるやかにすることもあると付け加えたあとで、抜管したばかりの赤ちゃんにはやるべきでないというのであった…。

こちらはサクラ先生。

なんと妊娠中のお母さんのなかの赤ちゃんは生まれつき横隔膜に穴が空いていると伝えた。

サクラ先生は最悪の場合、おなかのなかで赤ちゃんがしぬこともあるとお母さんに伝えるのであった…。

肺が大きくなれば助かるかもしれない…。

または生まれてきても障害が残る可能性もある…。

医師たちはさまざまな意見を出し合っていた…。

「コウノドリ」 302話の感想

「コウノドリ」 302話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「コウノドリ」 302話を無料で読む方法

「コウノドリ」 302話は漫画雑誌「モーニング」に掲載されている作品です。

モーニングは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「コウノドリ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「コウノドリ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓