漫画「後宮の嘘恋」のネタバレと無料読み放題まとめ

漫画「後宮の嘘恋」のネタバレ

2019年8月20日発売 花とゆめ18号掲載 読み切り

14代皇帝が統治する宝条国で、絶対に皇后になると決めた16歳のルールーは後宮に入る日を迎える。

陛下の前で舞を披露するが陛下はつまらないと昼寝に戻ってしまう。

ぼんくら皇帝だと噂に聞いてはいたが本当であったことに戸惑うも、まずは陛下の好みの調査をしてみようと侍女の格好で陛下の元に向かう。

そこには錚々たる名家の美女が押しかけているが、それを全て断るのを目撃する。

「仕方なく皇后になることを目指しているのに」と呟いたところを陛下に見つかってしまう。

そこで陛下からどうして皇后になりたいのかを聞かれる。

ルールーは本当は官僚になりたかったのだと打ち明け、女性が政治に関わるには皇后になるしかないので皇后を目指したのだと正直に伝える。

陛下には処刑されたいのかと言われてしまうが、そもそも貧しい農村で生まれたことなど身の上を話す中で、たまたま通りがかった官僚が今の継父であり、後宮に入れるために自分は引き取られたことを伝える。

それをきいて陛下は何か褒美をやってもいいと言うのでルールーは皇后にしてほしいと頼む。

さすがに褒美で皇后にはできないからと、寵愛するふりはしてやろうと夜伽に呼ばれることになるのである。

夜伽に呼ばれるも何をするでもないので、陛下に指圧をしてあげる。

そこで初めて名前がウランであると陛下が教えてくれる。

話をする中でついルールーはきついことを言ってしまうのだが、ウランに思わず肩を抱かれ家族のことを思い出し、久しぶりに温かみを感じて眠ってしまう。

その後一緒にいることが多くなる二人だが、北方で暴動が起きたと知らせが入るが何もしないウランにルールーは怒りを覚えてしまう。

そして部屋を出ていくと頭をたたかれ連れ去られてしまう。目覚めるとそこにはイーハン妃がいて、顔にナイフを突きつけられる。

いよいよ切りつけられる瞬間、ウランが飛び込んで来てウランは背中を切られてしまう。

陛下はイーハン妃の父親のギ殿は皇太后の忠臣であったので今回イーハン妃のところからその体制を崩せたのは良かった、そして実はルールーにも餌になってもらっていたのだと本来の目的を伝えた。

そのことを聞いてルールーはウランを流石だと褒め、自分のような正攻法ではできないことだと話す。

そしてついにルールーは寵愛するふりではなく本当に寵愛してみればと既成事実として口づけをしてウランの皇后になるという決意の気持ちを新たにするのである。

「後宮の嘘恋」の感想

「後宮の嘘恋」を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代女性
とにかく主人公ルールーの強い意志が発揮されている作品だと思いました。本当は政治家になりたかったけど女の子がなることは無理だからと皇后になることで政治に携わろうと思う志はすごいと思いました。そしてまたぼんくら皇帝と噂されていたウランが実は皇太后からの干渉をなんとか退けたいと考え、そこで出会ったルールーをもうまく利用することで失脚にまで追い込むとは実は策士であり世を統べる皇帝として相応しい器だなと感じられました。常に皇帝に褒美として皇后にしてほしいと頼む姿も面白かったですが、それだけでなく最後には女性として寵愛を受けたいと自ら既成事実を作りに行くのも今の時代に合った女性像かもしれないと思いました。思う職業につけないと言う部分ではある意味時代に逆行しているかもしれませんがこの題材のテーマには合っている気がします。

漫画「後宮の嘘恋」を無料で読む方法

「後宮の嘘恋」は漫画雑誌「花とゆめ」に掲載されている作品です。

花とゆめは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

U-NEXT

花とゆめで掲載されている多くの作品のコミック単行本も、電子版として配信中!

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。


完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(花とゆめの単行本は480ポイント〜が多い!)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓
U-NEXTの詳細記事