漫画「鬼滅の刃」182話のネタバレと無料読み放題

鬼滅の刃

漫画「鬼滅の刃」182話のネタバレ

2019年11月11日(月)週刊少年ジャンプ50号 発売

182話のネタバレ

炭治郎は腹の底からかなりの怒りと憎悪を、目の前にいる無惨に対して抱いていたのである。

しかし、真っ向から挑んで勝てる相手ではないので怒りに任せて戦うのではなく、少しでも有益な情報を引き出して皆に伝える事を優先し、それから本当の闘いだと思っていたのだ。

そんな炭治郎の思惑など当の昔に気づいていた無惨は腕を鞭の様にしならせて攻撃をしてきて、冨岡が凪で払うと同時に炭治郎が懐に飛び込んできたのだ。

しかし、無惨の攻撃によって右目に一撃を食らって負傷してしまったのである。

無惨は炭治郎達に自分の部下が恋柱と蛇柱を始末したと言い放ち、実際無惨は肆の目を通して見た視覚には恋柱と蛇柱は自分の部下の手によって命を落としている光景が見えていたのだ。

やがて無惨に追い詰められていく炭治郎達だったが、天井から恋柱が現れて無惨に攻撃を浴びせ、蛇柱も駆けつけたのである。

この2人はとっくに命を落としているはずだったので、無惨は驚きを露わにしながら鳴女にどうしたんだと声を出したのだ。

その鳴女は愈史郎の札で目を覆い隠されており、同時に無限城は大きく揺れ撓み崩壊する状態になっていたのだ。

愈史郎は自分から珠代を奪った事を後悔しろと、地上から引きずり出してやると涙を流しながら怒って言ったのである。

「鬼滅の刃」182話の感想(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」182話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
この戦いで複数の柱が犠牲になっていたことで、蜜璃と伊黒も本当に死んでしまったものと信じてしまい、ショックでした。
その絶望からの、加勢にやって来た頼もしさと愈史郎の力というどんでん返しには痺れましたね。

「鬼滅の刃」182話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
ラストシーンの珠世の死に怒り、力を発揮する愈史郎がとても印象に残りました。終始、若干焦りすぎな炭治郎の行動が周りに迷惑をかけつつも、それによって導かれた命の危機を柱が助けに来てくれると言う展開は読んでいてとてもハラハラして面白かったです。

「鬼滅の刃」182話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
ムザンを倒す方法が、太陽にさらすことでほぼ確定したようです。これまでに生き残ったのは柱五人と炭治郎ら三人組、そして珠世さんの懐刀のゆ史郎ですが、ムザンと鳴女をこのメンバーで倒すとして何人生き残るか。
おそらくゆ史郎は珠世さんの血鬼術を受け継いでいるようなので、それを使ってムザンを地上に押し出したところで脱落しそうですね。
また、鳴女が意外としぶといような感じがします。もともとムザンの側近のような鬼だったみたいですし、その力も明らかになっていません。空間を操る力以外に力があればかなりの強敵ですね。
個人的にはこの戦いのなかで炭治郎が最後の日の呼吸を使い、ムザンを倒してほしいところです。
そしてそろそろねづ子にも来てほしい頃ですが、まだ出てこないのでしょうか。兄ちゃんがピンチなので来てほしいところです。

漫画「鬼滅の刃」182話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」182話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「鬼滅の刃」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「鬼滅の刃」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「鬼滅の刃」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓