漫画「鬼滅の刃」177話のネタバレと無料読み放題

鬼滅の刃

漫画「鬼滅の刃」177話のネタバレ

2019年10月7日(月)週刊少年ジャンプ45号 発売

177話のネタバレ

倒れる黒死牟。

人であった頃は継国巌勝。

死の間際、幼い頃を思い出していた。

黒死牟が継国巌勝として生まれた時代は双子は不吉とされていた。

双子の弟である縁壱は父親から殺されそうになる。

しかし、母親が頑なに反発し、縁壱は十歳で寺に出家させるという決まりで生きながらえることを許された。

あくまで継国家の跡取りは、兄である巌勝が継ぐとされ、部屋から身の回りの全てが大きく差を付けられ育てられたのだった。

そんな中、縁壱は母離れをすることができず、いつも母親の左側にぴたりとくっついているのである。

子供ながらに巌勝は弟を不憫に感じ、縁壱に手作りの笛をこっそりと手渡した。

その頃の縁壱は、笑うことも、喋ることもなく耳が全く聞こえないと思われていた。

がある日、巌勝へ緑壱は夢を尋ねた。

初めて聞く声に驚く中、巌勝の夢が国一の侍になることと知った縁壱は、ニコリと笑い、自分も侍になると語ったのであった。

ある日の稽古。

剣技の指南役の父の配下が、酔狂で縁壱へ剣の持ち方と構え方を口頭で教え、打ち込んでみろと告げる。

次の瞬間、縁壱は瞬きする間もなく、両肩、胴、足と四連撃繰り出し、指南役を失神させてしまった。

巌勝がどれだけ打ち込んでも一本すら取れなかった指南役を、七歳の子供が僅か四発で倒したのだ。

加えて、骨に異常はないものの拳大に腫れ上がるほどの威力であった。

その日から縁壱は侍になりたいとは言わなくなった。

人を叩きつける感覚は、緑壱にとって耐え難く不快なものでしかなかったからだ。

諦めきれない巌勝は強さの秘訣を尋ねた。

縁壱は至極つまらなさそうに、

「打ち込んで来る前に肺が大きく動く。
骨の向きや筋肉の収縮、血の動きを見ればいい」

とだけ言った。

始めは理解できなかった巌勝だが、次第に縁壱の瞳は人の体の内側を見ることができるのだと悟る。

生まれつきの痣と同じく、特別な視覚とそれに即応できる身体能力という才能は、巌勝を完全に凌駕していた。

己よりも劣っていたと思っていた者は、己よりも優れた者だったのだ。

そんな中、突然母親が死に、縁壱も寺へ出家することとなる。

夜遅くに別れの挨拶に来た縁壱は、巌勝から貰った手作りの笛を大切にすると笑顔で語った。

高価でもなく、音程のズレた笛を大事にするという緑壱を気味悪く感じ、理解できなかった巌勝。

その後、母親の日記から、

縁壱が自身が跡継ぎになると知り、予定より早くに出家したのだと知った。

同時に母親の死期についても分かっていたようだった。

母親は何年も前から左半身が不自由になつていた。

左。

緑壱は、しがみついていたのではなかった。

動かない左半身に寄り添って母を支えていたのだ。

全てを知った巌勝は、縁壱という天才に強く嫉妬し憎悪するのだった。

「鬼滅の刃」177話の感想(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」177話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
縁壱のことを気味悪がる巌勝でしたが、慕っている兄と将来の夢の話をすることを楽しんだり、貰ったものを大事にしたりすることはけっしてそうおかしいことではないはず。それなのに、侍を目指すがゆえに縁壱のことを理解できない巌勝の心のすれ違いが痛ましく感じられました。

「鬼滅の刃」177話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
最初は技の名前が漢字だらけだしキャラの名前も難しい漢字ばかりで覚えにくいな…と思っていたのですが、アニメで観ているとそんなのはすぐに気にならなくなりました。鬼と鬼狩りのお話。続きが気になってしまいすかさず漫画を全巻購入。そしてそのまた続きが気になりジャンプの購入も毎週することになりました。一人一人、生きてきた環境、背景のストーリーがあって細かいな…と感心してしまいます。そしてそのストーリーがどれも泣けてしまうんです。なぜ鬼狩りになったのか、かたやなぜ鬼になってしまったのか、物語は軽快に進みますが、最中のストーリーが凝っており、伏線なども多くあります。そしてそれを綺麗に回収していくのが堪らないんです。そしていつでもハッピーエンドではありません。結構シリアスです。シリアスですが気持ち悪い後味は全くありません。そのキャラが終えたとしても、どのキャラもそれが至高のタイミング、全てを出し切ったあとだからです。こんな素晴らしい作品に会えて私はとても嬉しいです。

「鬼滅の刃」177話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

20代女性
今回は黒死牟の幼い頃のお話でした!
前回のお話で緑壱の服装が袴でないので実は離れ離れに育った兄弟だったのかなと思っていましたが、差をつけられて育てられていたとは…才能を知ってからの父親の態度も気に入りませんでしたが、緑壱の潔く家を去る行動には驚かされました。兄思いな弟で優しい子だったんですね。黒死牟が弟を理解できない、気味が悪いと言っていたのは恐らく嫉妬という感情からだと思いました。今回も面白かったです。

「鬼滅の刃」177話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

20代女性
この号で、上弦の壱とその弟ある縁壱の子供の頃の話でした。どんな子供だったのか、なぜ縁壱を妬むようになったのかそのきっかけが描かれていました。
自分の弟ながら、何を考えているのか分からない縁壱なのに自分が欲しかったものを努力なしで持っていた、その葛藤が妬みにつがっていきました。
その過程が上弦の壱目線でかかれていてとても分かりやすく良かったです。
まだまだ、確執が深そうな上弦の壱の心境がこれからもっと描かれていくのかなと思うと次のジャンプもとても楽しみです。

「鬼滅の刃」177話の考察(ネタバレ含む)

40代女性
上弦の壱の子供の頃の生活が語られています。鬼になると鬼になる以前の記憶をなくすことが多いと聞いていますが、上弦の壱は自分達が双子で産まれたことを含め、その全てを覚えているようです。上弦の壱は双子で産まれてきましたが、当時双子は跡目争いの原因になるため不吉とされていたようです。弟の縁壱には生まれつき痣があったこともあり、父は弟を殺すと言ったそうですが母が怒り狂ったことで、弟は十になったら寺に行かせ出家させることに決まっていたようです。兄は七つになるころまで弟が話せることすらも知らなかったようです。別の場所に押し込められて暮らしていたとは言え、兄弟として縁壱は寂しく感じていたのかもしれませんし、兄とただ仲良くしたいと思っていたのかもしれません。それまで話さずにいた縁壱がなぜその時兄の前で話す気になったのか、そのきっかけについてはきちんと書かれていないので、はかり知ることができないのが残念です。縁壱が刀の持ち方や構え方を口頭で軽く伝えられ、すぐに一本を取ることができたことで兄弟の立場が逆転することになってしまったようです。そして上弦の壱は夜、急に母が亡くなったことを聞いて驚き、それ以上に弟が母の病状を理解して母に甘えていたのではなく母を支えて歩いていたことを理解したことで兄は嫉妬の気持ちでいっぱいになってしまったようです。時代が時代とは言え、双子と言う運命を背負いながら、一緒に子供時代を過ごせなかったことによる弊害がここにきて出てきてしまったように思われます。縁壱に産まれた時から痣があったことが偶然であったのか、そして剣を習った時からどのようにして日の呼吸を扱うようになったのか謎がますます増えてしまいました。そしてどの段階であの炭次郎のつけている耳飾りをつけるようになったのか。あのからくり人形もそうですが、この兄弟が何をきっかけにして人間と鬼になっていったのか、今しばらく二人の歴史が描かれるように思われます。

漫画「鬼滅の刃」177話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」177話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「鬼滅の刃」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「鬼滅の刃」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「鬼滅の刃」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓