漫画「鬼滅の刃」175話のネタバレと無料読み放題

鬼滅の刃

漫画「鬼滅の刃」175話のネタバレ

2019年9月21日(月)週刊少年ジャンプ43号 発売予定

175話のネタバレ

あと一呼吸縁壱の寿命が長ければ死んでいたという屈辱を抱えたまま黒死牟は何百年も生きることになった。

鬼狩りの歴史上最も優れた剣士が死んだ以上負けるわけには行かない、勝ち続けるために醜い姿になってまで鬼となることを選んだのだということを思い出す。

そんな負けられない思いから決死の叫びを上げると四方八方に斬撃を繰り出し、行冥、実弥は吹き飛ばされ、無一郎は上半身と下半身を両断され、玄弥は縦に真っ二つにされる。

黒死牟の身体中から刃が生え、振り動作なしで出した刃の数だけ攻撃を放ったのだった。

無事だった行冥と実弥の二人はさらに攻撃を仕掛けるが、このままでは二人とも死なせてしまうと無一郎は焦る。

自分の命が消える前になんとかしなければと持っている刀に力を込めるとその刀身が赤く変色し、黒死牟に激痛を与え動きを止めることに成功する。

その隙に実弥の刃が頚に届くが、頚は固く切断するには至らない。

さらに真っ二つにされた玄弥も血鬼術により黒死牟の体内に残っていた銃弾から再び木を生やし動きを固定しようとする。

ついに行冥の鉄球が黒死牟の頚に直撃するがそれでも頚は固く、斬ることができない。

黒死牟は邪魔な玄弥にトドメをさそうとするが、木に大量に血を吸われたことに加え、赤く染まった刀の激痛により技が出ない。

縁壱も同じく赤い刃をしていたことを思い出す黒死牟。

自分たちの呼吸術を継承する実力者が居ないことを嘆いていた時のことを回想する。

しかし縁壱は、自分たちは人の歴史のほんの一欠片であり、自分たちを凌ぐものがまた同じ場所までたどり着くだろうからいつでも安心して人生の幕を引けば良いと語っていた。

若き縁壱は炭治郎がしているのと同じ耳飾りを付けている。

さらなる攻撃をしかける行冥の鉄球と実弥の刀がぶつかり合いうことで赤く変色し、黒死牟の頚に迫っていた。

これから生まれてくる子どもたちが私たちを超えてさらなる高みへと登りつめて行くことを考えると浮足立つような気持ちになりませんか、そんな弟の言葉を思い出しながらついに黒死牟の頚は落ちたのだった。

「鬼滅の刃」175話の感想(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」175話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代女性
いよいよ上弦の壱との戦いが佳境を迎えました。3人の柱と鬼化した弦也の4人が自らの命を懸けて戦う姿に泣きそうになってしまいます。4人で挑んでもいまだ頸を斬ることができずにいましたが、みんなを死なせないと思う時透くんの強い気持ちが刃を赤く変化させて上弦の壱が身動きできなくなりました。この刀身が赤く変わると言うのは時透くんの中に流れる血が成せた技かなと思うとますます感極まってしまいます。大正時代の話とは言え、齢14歳でこのような思いに至れるのは凄いことなのではと思います。体を裂かれてしまった弦也も力尽きそうになりながらも兄と仲間を助ける為に血鬼術を使えるようにまでなっていることにも思いの強さを感じます。若い日の弟との会話の走馬灯を見ながらついに頸を落とされてしまった上弦の壱ですが、無惨のように頸を斬られても死なない極致にまでこれから変化するのか、はたまたこれで力尽きるのか次回の話がとても待ち遠しいです。

「鬼滅の刃」175話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
身体がいくら欠けても諦めずに立ち向かう姿に涙が出ます。そしてやっと敵に一撃、一発、犠牲を伴いながら勝利を手繰り寄せる展開に、胸が熱くなります。刃の色が変わる展開には今後もさらに物語が面白くなるんだろうなぁと期待します。でも誰も死なないで欲しいとも思っています。

「鬼滅の刃」175話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代女性
黒死牟の回想を挟んで、鬼殺隊の面々による決定的な一撃が鳴り響く印象的なラストの回でした。回想の中では、自分たちの他に実力者が存在しないことを嘆く人間の頃の黒死牟こと継国巌勝が描かれていました。それに対して、後世の剣士たちが越えてくれると諭す弟・縁壱の姿も。この会話の通りに道を違えた二人の思想が、時を越えて今ぶつかり合うという象徴的とも言える展開に胸が熱くなりました。

「鬼滅の刃」175話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
ついに黒死牟戦の決着がついたかのように見えますが、鬼殺隊も満身創痍。特に時透無一郎は胴体を完全に切り離され、不死川玄弥は顔が真っ二つ、と致命傷を負いました。しかし無一郎は一旦置き、玄弥はこの状態からでも延命できる道があります。それは黒死牟を喰らうこと。玄弥は鬼を喰らえば一時的に鬼の能力を得ることができるので、鬼化が進むというリスクを承知で復活する可能性が考えられます。また、兄の実弥が持つ「稀血」もそれに関するキーアイテムとなり得るでしょう。彼の稀血は鬼の行動を鈍らせる特性を持つので、もし鬼化が進んだ玄弥が暴走しそうになっても押さえ込むことができます。どう転がってもここで不死川兄弟のエピソードが掘り下げられそうで、来週も目が離せませんね。

漫画「鬼滅の刃」175話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」175話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「鬼滅の刃」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「鬼滅の刃」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「鬼滅の刃」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓