漫画「鬼滅の刃」174話のネタバレと無料読み放題

鬼滅の刃

漫画「鬼滅の刃」174話のネタバレ

2019年9月14日(土)週刊少年ジャンプ42号 発売

174話のネタバレ

玄弥から放たれた銃弾は鬼に命中した。

刀で弾いたにも関わらず、弾は曲がって体にめり込んできた。

そして、玄弥の姿を確認する。

銃が変形している。

土から木の根が生え、体の自由を奪われた。

やはり血鬼術である。

切られた髪と刃を吸収したのだ。

自由を奪われた体に悲鳴嶼と不死川が襲いかかる。

鳩尾から旋毛まで突き抜けるような焦燥感。

生命が脅かされ、体が凍りつく。

平静が足元から崩れ落ちる感覚。

忌むべき感情であるにもかかわらず、懐かしい。

四百年ぶりの感覚。

四百年前の月の赤い夜。

継区は信じられないものをみたのだ。

そこには自身の老いさばらえた弟の姿があったのだ。

継区縁壱。双子の弟である。

最後に会ってからは既に六十数年がたっていた。

人間である縁壱は、齢八十を超えているはずである。

「有り得ぬ。何故生きている。

皆死ぬはずだ。二十五になる前に。何故お前は、なぜお前だけは」

口から思わずついて出た言葉であった。

それに年老いた弟は答える。

「おいたわしや、兄上」

弟はそういって涙を流した。

年老いて醜くなった弟に自身の今の姿を憐れまれた。

だが、不思議と怒りは感じない。

六十年前はあれほど目障り出会った弟であったのに。

兄上と呼ぶ声はひどくしわがれていた。

感情の僅かな機微をみせなかった弟が、生まれて初めて涙を流している様を見て込み上げてくるものがあった。

自身の動揺に困惑する。

殺さなくてはならない。

人間であった頃の片割れを。

全盛期を過ぎ、脆い肉体の老人を。

鬼狩りである限り、刃を向けてくるものは斬らなければならない。

しかしこの奇妙な感傷もすぐに吹き飛ぶことになる。

目の前の老人が刀を構えると、両肩に岩を乗せられたような凄まじい威圧感がやってきた。

構えには一分の隙もない。

「参る」

そう告げるやいなや頚が斬られていた。

何故いつも弟だけが特別なのだ。

痣物であるというのに、生き永らえ老骨で振る技は全盛期と変わらぬ速さ、そして威力だった。

鮮やかに蘇るのはあの頃の怨毒の日々。

骨までやき尽くすような嫉妬心。

弟だけがこの世の理の外側にいる。

神々の寵愛を一身に受け生きている。

憎い。

殺したい。

だが次の一撃で頚が落とされる確信があった。

あの方をも追い詰めた剣技。

それは神のみ技にほかならない。

焦燥と敗北感で五臓六腑が捻じ切れそうだった。

だが、次の一撃が放たれることはなかった。

縁壱は、直立したまま寿命が尽きて死んでいたのだった。

「鬼滅の刃」174話の感想(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」174話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代女性
玄弥が銃から放った弾がついに上弦の壱の動きを止める血鬼術を発動します。血鬼術が使えるという事は玄弥が鬼化していることも読み取れるのですが、彼自身はまだ人間の人格を維持できているようなので良かったと思います。そして根に捕まって動けなくなってしまった上弦の壱は四百年ぶりに自分の生命が脅かされているのを感じたことから、双子の弟が八十歳を超えて生きていて当時再会した時のことを思い出しています。そこに出てきた名前が継国縁壱でした。その名前を聞いて刀鍛冶の里にあった訓練用の腕が多数あったからくり人形のことを思い出しました。最初上弦の壱を見た時にもしかしたらあの人形のモデルかと思っていましたが、実は双子だったことに驚かされました。ここに来て1つ謎が解けてしっくりきました。兄が月の呼吸で、弟が日の呼吸の使い手だったのですね。鬼が過去の走馬灯を見るのは首をはねられる時であることが多かったので、今度は本当に上弦の壱の首が斬れる時が来たのかと思いました。霞柱の無一郎くんがどうにか生きてくれたらと思うので、早く隠しの方々が到着して助けてあげて欲しいと思います。

「鬼滅の刃」174話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

40代女性
戦う中で上弦の鬼・壱の過去が明かされていくところがドラマチックでした。人間だった頃、激しく嫉妬した双子の弟が、鬼となった彼に対して老いてなお戦おうとすることが本当に悲しくて辛いと同時に、決意や優しさも感じてひたすらにページをめくりました。

「鬼滅の刃」174話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

40代女性
上弦の壱/黒死牟が400年前の事を思い出す展開で始めの剣士とは兄弟だったとはチョッとビックリしました。
この先の展開がどうなるのか楽しみで期待が膨らみます。黒死牟を倒し鬼舞辻無惨まで辿り着き勝利する事が出来るのか益々面白く続きが気になります。

「鬼滅の刃」174話の考察(ネタバレ含む)

30代男性
とうとう上弦の一・黒死牟が追い詰められる回。時任無一郎たちを簡単にあしらう姿からは、絶対勝てないじゃんとも思わせられたが、何人もの柱+元弥の力で、自らの死を予感したときの感情まで思い起こさせる。
その死を感じさせたのは、双子の弟である国継緑壱だった。黒死牟は、無惨を追い詰めた緑壱の兄だった。そのあまりの強さに嫉妬し、鬼になったようだ。しかし60年をも経て、彼の前に現れた老いぼれてしわがれた緑壱は、全盛時の強さをそのままに対峙する。強さを求めて鬼になった黒死牟を、ただの一撃で死を感じさせた。その時の気分はどうなものだっただろう?それまで、何人もの鬼滅隊や柱を叩き伏せ打ち殺し、確固たる強さを手に入れたと感じていたはずだろう。それが一気に崩れ落ちた。だが、次の一撃は放たれることはなかった。
寿命で息絶えた緑壱に、どんな勝ちであれ、勝ったといえるだろう。考えれば、鬼になる強さはそれしかないのだ。無惨を追い詰めた緑壱に、無惨の下である鬼達が勝てるはずもない。上に行けるものは、ただ一つ寿命だけなのだ。では黒死牟は満足しただろうか?きっと違う。では彼は何を求めたのか?それを考えると、ただただ空虚な気持ちが残る。

漫画「鬼滅の刃」174話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」174話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「鬼滅の刃」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「鬼滅の刃」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「鬼滅の刃」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓