漫画「鬼滅の刃」173話のネタバレと無料読み放題

鬼滅の刃

漫画「鬼滅の刃」173話のネタバレ

2019年9月9日(月)週刊少年ジャンプ41号 掲載

173話のネタバレ

上弦の壱と悲鳴嶼、不死川、時透の戦いは続いている。

通常は呼吸の型は十程度のはずなのに、鬼からの攻撃の型は尽きることがない。

攻撃することができない。

それ以前に攻撃動作に入る前から抑え込まれてしまう。

「神通力でも使っているのか?この鬼は何が見えている?何を見ている?」

悲鳴嶼はさらに全身の感覚を研ぎ澄ませる。

違和感の正体を掴むのだ。

鬼にできることは人にもできる。

呼吸が人を鬼のごとく強くするのだ。

極限まで感覚を研ぎ澄ませると
悲鳴嶼の目にはっきりと映ったのは上弦の壱の脈動だった。

筋肉、血の動き、これが鬼に見えていたのかと確信する。

その時、時透は鬼の間合いの内側にはいる隙を伺っていた。

自分が少しでも鬼の動きを止めることができたら、攻撃の手を緩めることができたら
二人の柱は必ず頚を斬ってくれると信じて。

片腕を切り落とされ、出血も多い。

残された時間は少ない。

動けるうちに、役に立てるうちに動かなければと必死であった。

悲鳴嶼は、時透の意図を感じ不死川に合図をする。

柱三人が、鬼に向かって一切に攻撃に向かった。

その行動に鬼も同時に仕留められると新たな型で応戦する。

悲鳴嶼の数珠が鬼の手の甲へ命中する。

鬼が自身の視界をかいくぐり、どのように攻撃してきたのだと考えていると
そこへ不死川が攻撃を重ねる。

攻撃は交わされたが、そこへ悲鳴嶼の鉄球が鬼の肩を吹き飛ばした。

時透は、隙間をかいくぐり鬼の間合いへ詰めることができた。

鬼に片脚を切り落とされたが痛みに怯むことなく、鬼の腹へ刀を突き立てたのだ。

「玄弥、俺が上弦の壱の鬼の動きを止められたら俺もろとも撃ってもいいからね」

壱の鬼の刀を食べた玄弥は、それにより拳銃を作り出した。

時透の言葉を思い出しながら、躊躇しながらも禍々しい見た目の銃を鬼に向かって撃つ。
一斉に放たれた弾は鬼に命中したのだった。

「鬼滅の刃」173話の感想(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」173話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代女性
鬼舞辻無惨の元へ行く為には最強の鬼である上弦の壱・黒死牟を倒す必要があるが鬼殺隊の柱の3人を相手にしても1人で対峙する強さが凄いです。スピード感ある描写と数々の技が繰り出されるバトルシーンが面白いです。今後の展開がどうなるのか楽しみにしています。

「鬼滅の刃」173話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代男性
相変わらず黒死牟が押し気味の戦況ですが、悲鳴嶼達も何か覚醒のようなことが起こり肉薄します。そして時透の決死の攻撃でできた隙を、完全に戦力外と思われている不死川の一撃を与える作戦ですが、不死川の銃は黒死牟の肉を食べた影響か、目玉が出て黒死牟の武器に似た感じになっています。これが吉となるか凶となるか気になります。

「鬼滅の刃」173話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
上弦の壱は、悲鳴島などの筋肉の動きが見えており、そこからどんな攻撃が来るか、どう避けるのかを推測しているのだと思います。作中で血の巡りを操作し、と書いてあるので
血の流し方で筋肉の動きを操ることができ、攪乱することで上弦の壱に攻撃を与えることが出来たのだと思います。今後は上弦の壱の武器を取り込んだ玄弥が、銃弾を撃ち込むことでさらに上弦の壱の体力が減り、効かなかった不死川の稀血が効き始めて悲鳴島がとどめの一撃を食らわせるのではないかなと考えました。悲鳴島と不死川は命を削って攻撃し続けているので、おそらく上弦の壱との戦いで死んでしまうと思います。玄弥は自分の非力さと兄の死で覚醒して、今後の鬼殺隊において重要な人物になっていくのではないかと思います。

漫画「鬼滅の刃」173話を無料で読む方法

「鬼滅の刃」173話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「鬼滅の刃」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「鬼滅の刃」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「鬼滅の刃」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓