鬼滅の刃「漫画コミック単行本23巻(最終巻)」のネタバレ&発売日と無料読み放題

鬼滅の刃

漫画「鬼滅の刃」23巻のネタバレ

コミック「鬼滅の刃」23巻(2020年11月発売予定)

鬼滅の刃の23巻には、197話(2020年3月9日 週刊少年ジャンプ15号 発売)〜205話(2020年5月25日 週刊少年ジャンプ25号 発売)が収録される見込み。

「鬼滅の刃」197話のネタバレ&感想・考察

2020年3月9日(月)週刊少年ジャンプ15号 発売

第197話 「執念」

近日更新!


「鬼滅の刃」198話のネタバレ&感想・考察

2020年3月16日(月)週刊少年ジャンプ16号 発売

第198話 「気付けば」

つづきはこちらから

198話のネタバレ

戦いに参加できぬ幼い者たちは遠くでただ祈る。
伊之助と善逸は無惨に休む暇を与えぬようにただひたすら猛攻を繰り返す。
「獣の呼吸肆ノ牙 切細裂き」「神速 霹靂一閃」。

体力が持たない善逸は足を片方潰され、次の一撃が威力を保って出せる最後と覚悟して、さらに技を放つ。「漆ノ型 火雷神」。
しかし無惨への入りは浅く、無惨が攻撃を返す。「伍ノ牙 狂い裂き」「参ノ牙 喰い裂き」。

無惨の攻撃に善逸は間に合わず、伊之助が犠牲になろうという時、炭治郎が割って入り攻撃を畳みかける。
日の呼吸「灼骨炎陽」「烈日紅鏡」「火車」「輝輝恩光」。
炭治郎は無惨が徐々に弱まっていることを感じていた。「日暈の龍 頭舞い」

だが炭治郎の体力も持たず、無惨の攻撃が入ってしまいそうになる寸前でまた伊之助が割って入る。
「陸ノ牙 乱杭咬み」。
そして持ち直した炭治郎は再び猛攻を仕掛ける。
日の呼吸「炎舞」「碧羅の天」「幻日虹」。
続けて善逸も「霹靂一閃」を繰り出すも、すでに体力が尽きて速度が出なかった。

それでも攻撃を止めてはいけない。炭治郎と伊之助と善逸は瀕死になりながらも攻撃を続け、ついに炭治郎が無惨を壁に激突させる。
もうこれ以上技を出せないと感じていた炭治郎はそのまま壁に押し当てた無惨に刀を突き立て、一秒でも長く食い止めようとする。

炭治郎に無惨の変化した両腕が襲い掛かったその時、無惨の腕が止まる。
復活した甘露寺が無惨の腕を掴んでいたのだ。
泣きながら怒りを隠さない甘露寺は、そのまま力づくで無惨の片腕を引きちぎる。
そして甘露寺に襲い掛かるもう片方の腕を、不死川が切り落とす。

すると両腕を失い追い詰められた無惨の顔が今度は中心からピシと割れ、中から何列にも並ぶ巨大な牙を生やした巨大な口が出現する。
しかしそれを目の前にしても、無惨を逃がすことができない炭治郎は巨大な口にそのまま相対する。
今にも喰われようとした瞬間、間に割って入ったのは伊黒だった。伊黒の体にそのまま無数の牙が突き立つ。

不死川が叫ぶ。夜明けが来る。このまま踏ん張れと。
遠くの空が白みはじめていた。

ね!」と言ってほほ笑むのだった。

198話の感想&考察(ネタバレ含む)

40代女性
壮絶すぎて言葉も出ないです。扉絵のように祈るだけです。最後の日の出が救いだと思いたい。これで来週さらにピンチになっていたら心臓が持たないです。甘露寺さんじゃないけど、いい加減にしてほしい。伊黒さんなんて絶望的で見てられないです。


「鬼滅の刃」199話のネタバレ&感想・考察

2020年3月23日(月)週刊少年ジャンプ17号 発売

第199話   千年の夜明け

つづきはこちらから

199話のネタバレ

建物の間から朝日が差し込んでくるのを見て目を見開く無惨。逃がさないよう押さえつけていた者達をはねのける。片腕になっても刀を突き刺し刃を赤くすることを思い続ける炭治郎。そんな炭治郎の刀を義勇が握り後ろから支えると赤く染まり出す。その刀が体にさらに深く突き刺さり吐血する無惨。太陽が昇り始め肉体を守るために肉の鎧を作る無惨の体は膨れ上がるのだった。膨れ上がった無惨の体に飲み込まれる炭治郎。巨大化した無惨は日陰を求めて動き出す。その様子を感じたお館様から隊員たちに日陰に入れるな、落とせと指示が下る。隊員たちは無惨の上に本棚を落としたり車で突っ込んだりと無惨の行く手を阻むために体を張るがその様子に堪らず死ぬな、退がれを叫ぶお館様。巨大化した無惨の拳が隊員たちに振り落とされそうになった時、不死川が風の呼吸でその拳を切り落とす。しかし無惨はまだ動きを止めず車の上に乗り前に進もうとする。そんな無惨の首に悲鳴嶼の鎖が巻き付き悲鳴嶼と隊員たちが引っ張り仰向けに倒すのだった。無惨はそれでも腹這いになり土に潜ろうとする。それに気づいた悲鳴嶼は攻撃をしろと指示を出し、義勇、不死川、伊黒が攻撃をする。死んでくれと限界を迎え願う。悲鳴嶼の鎖が切れ駄目だと思う。無惨に飲み込まれていた炭治郎の刀を持った手。その時太陽の光を浴びた無惨は叫びながら塵になっていくのだった。

199話の感想&考察(ネタバレ含む)

30代女性
炭治郎の左腕が吹き飛ばされてしまったのは衝撃でしたが、右腕を失った義勇と力を合わせて赫刀化させるというのはアツい展開でしたね!隠たちが車で攻撃したり、悲鳴嶼に協力したりする姿もとても良かったですし、最後に取り込まれた炭治郎の刀が届くというのも最高でした。いよいよ無惨との戦いが終わってしまうのか、気になって次回が待ちきれません!
20代女性
待ちに待った朝がやっと来た!と思ったところでまだまだ足掻く無惨にびっくりしました。他の鬼と違ってなかなか灰にならないどころか、なんかもう人の姿を保っていないのがゾワッとします。柱がボロボロになりながら止めてましたが、コレみんな治る傷なんだか本当に心配です。取り込まれた炭治郎はどうなるのか、気になります。
20代女性
本来ならばこのまま太陽の光を浴びて無惨が消滅するはずですが、そう思い通りにことが進むとは思えません。また、ここで無惨が消滅しては今まで積み重ねられてきた日の呼吸などの伏線が無意味になってしまいます。最後の最後で日光にやられるというのは、やはり少し雑な倒し方です。そのため、何らかの要因で無惨が日光を克服という展開になるのではないでしょうか。要因として真っ先に思い浮かぶのはやはり「人間に戻れる薬」ですね。
また、このまま無惨が消滅してしまうと取り込まれてしまった炭治郎も消えてしまうことになります。鬼滅は主要キャラクターも容赦無く退場させる作品ですが、流石に主人公退場までは無いんじゃないかな、無いといいなと考えて、やはり無惨との戦いはまだ続くと予想します。


「鬼滅の刃」200話のネタバレ&感想・考察

2020年3月30日(月)週刊少年ジャンプ18号 発売

鬼滅の刃 第200話 

つづきはこちらから

200話のネタバレ

太陽の光に当てられた無惨の肉体は、ついに塵となって消えていった。
隊士達は喜び、抱き合ったのも束の間、すぐに怪我人たちの手当てへと動き出す。

地面に腰を落とした悲鳴嶼は、もう手遅れだから貴重な薬が無駄になると手当てを拒み、過去に失った自分の教え子たちの幻影を見る。
幻影の中の子供たちは殺された日のことを悲鳴嶼にずっと謝りたかったと告げ、あれは逃げたのではなく、人を呼び、武器を取りに行くためだったと言うのだ。
他の子供たちも、いつも通りの明日が来ればきちんとそのことを話せたと涙し、それを聞いた悲鳴嶼も明日さえ来ていればと涙して、そのまま息を引き取る。

瀕死の甘露寺は伊黒に抱かれながら、伊黒に初めて会った時に助けてもらったことを語る。
しかし伊黒は逆だと言い、甘露寺があまりに普通の女の子であったことに自分は救われたと語る。
甘露寺は次に生まれ変わったら伊黒のお嫁さんにして欲しいと泣き、伊黒は絶対幸せにすると答え、次こそは死なせないと甘露寺を抱きしめるのだった。

不死川は死の淵で、先に死んでいった玄弥に近寄ろうとしない母親の姿を見つける。
我が子を手にかけたために天国へは行けないという母親に、不死川はならば自分も母親と共に行くと言うが、それを父親が止める。
不死川は父を罵るが、父親は荒っぽいながらも、特別頑丈な自分の子供に生まれたことに感謝しろと突き飛ばし、不死川は目を覚ますのだった。

他にも善逸や伊之助は無事に治療を受けるが、炭治郎の命はそこで途絶えていた。
禰豆子が駆けつける中、義勇はまた守れなかったと涙し、炭治郎に謝り続けるのだった。

200話の感想&考察(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」200話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代女性
「やっと終わった」と同時に「これでお別れ」という気持ちが同時にこみ上げてきて、涙無しには読めない回でした。伊黒さんと甘露寺さんが想いを互いに伝えて会えた事は嬉しかったのですが、悲鳴嶼さんが欠けてしまった事は非常に残念です。そして個人的に1番の見どころは、富岡さんが泣いた事です。私も泣きました。

「鬼滅の刃」200話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代男性
ついに無惨が滅びました。
同時に柱の多くも死に、また炭治郎は息絶え、犠牲は大きかったと言えます。
ただ鬼殺隊としては1000年以上にも及ぶ争いに終止符を打ち、最良の結果の一つとなったと言えるでしょう。
何故なら「鬼」とは無惨がすべてであり、無惨さえ消えれば他の鬼もすべて消えると言われているからです。

でもここで疑問があります。無惨は本当に滅んだのでしょうか。
一つになることがあります。
それは無惨が滅びる直前、炭治郎がその中に取り込まれていたということ。
無惨はもしかして、炭治郎の中に入っていやしないでしょうか。

炭治郎の家系と言えばまだ謎に包まれていることが多く、ヒノカミ神楽など「日の呼吸」の縁壱との関係性がたびたび描写されています。
鬼の天敵とも言える「日」、そして何と言っても妹の禰豆子はこれまでの歴史で唯一日を克服した鬼であり、無惨がずっと追い求めていたものです。

だとすれば炭治郎の血の中にも日を克服する要素が含まれていることは十分に考えられます。
このまま無惨が消えるとも、炭治郎が死んでしまうとも考えにくい、とすれば、無惨は炭治郎の体の中に入っているのではないでしょうか。


「鬼滅の刃」201話のネタバレ&感想・考察

2020年4月6日(月)週刊少年ジャンプ19号 発売

鬼滅の刃 第201話 鬼の王

つづきはこちらから

201話のネタバレ

無惨は自らが生まれた時のことを回想する。
生まれた時に死産と言われた無惨は、火葬される寸前にもがいて産声を上げた。
だから無惨は強く念じたことは全て叶えられると思っている。

一方で無惨はかつて産屋敷とやり取りした会話のことも思い出す。
生き物は例外なく死ぬ。産屋敷は、受け継がれていく想いこそが永遠で不滅だと言った。
その想いによって自らもついに打ち滅ぼされることとなった無惨はそれを認め、感動すらしていた。

陽の光に間もなく滅ぼされようとしていた無惨は、肉体の中に取り込んでいた炭治郎に手を伸ばす。
自らの想いもまた永遠で不滅。だから炭治郎に血も想いもすべて注ぎ込み、最強の鬼の王を生み出そうとしていた。
禰豆子と同じ血を持ち、そして縁壱と同じ呼吸を使う炭治郎ならば陽の光も克服できると無惨は考えたのだ。

炭治郎の死に隊員たちが涙を流している中、炭治郎は目を覚ます。その目は人のものではなくなっていた。
失われていたはずの炭治郎の左手が一瞬で伸びたことに義勇はすべてを察し、動ける隊士に向けて炭治郎を殺せと叫ぶ。

炭治郎を刺し、動きを止め、陽光によって炭治郎のまま滅びることを願った義勇だったが、しかし陽光によって広がっていた炭治郎の傷はぴたりと止まる。
炭治郎が鬼になったことをまだ信じられない善逸は動揺し叫ぶ。
自分が止めるのだと炭治郎の頸元まで刀を突きつけた伊之助はそこで動きを止めてしまい、自分にはできないと涙するのだった。

201話の感想&考察(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」201話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
先週の終わりで炭治郎がもしかしたら取り込まれている間に鬼にされるのかなと予想していたのですがやっぱりかという感じでした。そして鬼になった炭治郎は強い!というのが感想です。猪之助の気持ちが届くの来週からが楽しみです。

「鬼滅の刃」201話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代男性
炭治郎が鬼にさせられてしまいました。予感はありましたがやはり衝撃です。
そして義勇の判断の早さ。さすが柱といいますか。
しかし同時に、炭治郎の生死が関わるような状況でも冷静に即、決断を下す様に、義勇のこれまでの人生の過酷さも感じさせられました。

「鬼滅の刃」201話の感想&考察(ネタバレ含む)3

30代男性
前回で割りとあっさり無惨が死んだと思ったら、まさか炭治郎を鬼にしているとは思いませんでした。禰豆子の人間化が無惨の戦いと関係ない所で起こってたりと話が続きそうな雰囲気でしたが、中々賛否両論になりそうな展開です。このまま炭治郎は逃げてしまうのでしょうか。

「鬼滅の刃」201話の感想&考察(ネタバレ含む)4

30代男性
無惨が死にどのような結末を迎えるのか気になっていましたが、無惨が炭治郎を鬼にするという展開は驚きでした。鬼となった炭治郎を倒そうと立ち向かう仲間たちが仲間である炭治郎を斬ることができない様子は切なさのようなものを感じました。

「鬼滅の刃」201話の感想&考察(ネタバレ含む)5

20代女性
まさか炭治郎が鬼になってしまうとは思わなくてびっくりしました。死ぬ前に無惨が何かやるだろうとは思っていましたが、術か何か仕掛けてくるのかなと考えていました。甘かったです。みんながみんな炭治郎を殺したくないのが伝わって胸が痛い回でした。

「鬼滅の刃」201話の感想&考察(ネタバレ含む)6

30代男性
予想はされていたことでしたが、炭治郎が鬼となってしまいました。
ただ個人的には無惨がそのまま乗り移ることを予想していたのですが、今のところまだはっきりと、鬼化した炭治郎が無惨自身である証拠は示されていません。
義勇も鬼として復活した炭治郎を今のところは「鬼」と呼んでおり、無惨とは認めていません。

そして無惨自身も冒頭の回想と行動からすると、単に自分が乗り移るというより、産屋敷が言ったように「想いを継がせる」という意志があるようにも感じます。
なので鬼化した炭治郎は無惨ではなく、もしかしたら「無惨の子」である可能性もあります。
鬼化したばかりの炭治郎もまるで生まれたての赤子のようです。

ただしまだ示されていないだけで、無惨自身である可能性も十分にあり、また、仮に別人だとしても無惨の人格を相当濃く受け継ぐことは間違いないでしょう。
あるいは無惨としての人格の本格的な復活まで、しばらく間を置くような形もあるかもしれません。

何にせよその辺の可能性も次週でまた見えてくるのではないかと思います。


「鬼滅の刃」202話のネタバレ&感想・考察

2020年4月13日(月)週刊少年ジャンプ20号 発売

第202話  帰ろう

つづきはこちらから

202話のネタバレ

炭治郎を斬ることができず、刀を止めた伊之助に襲い掛かる炭治郎。そこに現れて炭治郎を止めたのは禰豆子だった。
人間に戻った禰豆子は炭治郎を抱きしめてこれまでのことを謝り、何故いつも一生懸命で優しい兄ばかりが苦労するのかと涙して、負けないでと語りかける。

しかし鬼化している炭治郎に禰豆子の言葉は届かず、炭治郎は禰豆子の背中に爪を立てて引き裂く。
善逸も炭治郎にしがみついて、自分が傷つけているのは禰豆子だと説得し、伊之助は元に戻れと叩く。

だがそれらも通じず、炭治郎が雄叫びを上げると、善逸も伊之助も吹き飛ばされてしまう。
そして炭治郎は禰豆子にしがみつかれたまま、背中から背骨のような形をした無数の鎖状の突起物を出して善逸を襲いかかる。
それを防いだ義勇は、禰豆子を噛んで血の味を覚えてしまった炭治郎が人を殺す前に殺さなければならないと焦るが、日光も日輪刀も効かない炭治郎を殺す方法がなかった。

さらに炭治郎は口を開き、光る球体を生じさせる。
禰豆子が止めようと必死に手を伸ばしたことで光球は誰にも当たらなかったが、引き換えに禰豆子の手は血まみれになってしまう。

その様子を見ていた義勇は禰豆子を殺そうとしない炭治郎に疑問を感じ、炭治郎が抗っているのではないかと推測する。
そこに体をふらつかせながら、カナヲが現れる。
カナヲはしのぶから、禰豆子を人間に戻すための珠世の薬が足りなかった時のことを考えてしのぶが藤の花から作った薬を預かっていた。

カナヲは姉が自分の目を片方残してくれたのはこのためだったと語り、「彼岸朱眼」を使う。
その力によってカナヲは炭治郎の攻撃を何とかかいくぐり、傷を負いながらも炭治郎に薬を刺すことに成功する。
炭治郎の身体が大きく脈を打った。

202話の感想&考察(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」202話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代男性
今週はネヅコがたんじろうを止めに来ましたが鬼化を止めることができませんでした。しかし、食べることをしないということはたんじろうがまだ鬼になることをあらがっているのかなと思いました。カナオに絶対たんじろうを止めてほしいと思いました。

「鬼滅の刃」202話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代女性
炭治郎が鬼になってしまい、しかも日光が効かないという絶望的な状況で、その場に居合わせたそれぞれが行動を起こします。炭治郎を止めるか殺すかの行動は違えど、彼を想う気持ちはそれぞれ変わらないというのがひしひしと伝わってきました。今回の最後のあたりでカナヲが暴れる炭治郎を止めようと奮闘しますが、上手くいって欲しいと心から思わずにはいられませんでした。

「鬼滅の刃」202話の感想&考察(ネタバレ含む)3

30代男性
鬼化した炭治郎を禰豆子が身を呈して止めたけど、我を失った炭治郎は、止まらない状況。その時カナヲが現れ、藤の花で作った薬をなんとか炭治郎に打った。炭治郎が元の人間に戻れるのか、次回に期待大です。話も終盤っぽくなってきてますが、もう少し続いてほしい気持ちと、これ以上仲間を失ってほしくない気持ちが入り混じっています。

「鬼滅の刃」202話の感想&考察(ネタバレ含む)4

20代女性
もう禰豆子が来るしか助けてれないと思っていたら来てくれたので助かったと思っていたのですが、そう簡単にいかないとこが鬼だなと思いました。禰豆子が今度は前の炭治郎みたいになっていて、禰豆子大好きな善逸が禰豆子を守ろうと必死だし、伊之助もずっと泣いてるしで今週も涙な話でした。カナヲちゃんの勇気に拍手を送りたいし、炭治郎が人間に戻ってほしいと切実に願っています。

「鬼滅の刃」202話の感想&考察(ネタバレ含む)5

30代男性
まず炭治郎が鬼化してからの疑問点の一つである、炭治郎は無惨そのものなのか、無惨の血を受け継いだ鬼なのか、という点についてですが、今回も義勇は鬼化した炭治郎をあくまで炭治郎として扱っていること、そして愈史郎も無惨は死んだものと認識していることから、少なくとも二人は鬼化した炭治郎を無惨とは別の存在と考えていることがわかります。
将来的には無惨が炭治郎を乗っ取って蘇る可能性もありますが、現時点では無惨とは別の存在と考えるのが良さそうです。

そして最後に現れたカナヲ。
カナヲは童磨との戦いにおいて今回と同じ「彼岸朱眼」を使い、その技の強力さから片目の視力を失っていますが、その際に使用したのは両目ともであり、それが片方の失明で済んだのは事前にしのぶの毒が童磨に効いていて、使用時間が少なかったためと本人は分析していました。
なので今回、このために姉が片目を残してくれたのだとカナヲは語っています。

炭治郎に打ったのもしのぶの作った薬。
二人の犠牲は炭治郎に通じるでしょうか。


「鬼滅の刃」203話のネタバレ&感想・考察

2020年4月27日(月)週刊少年ジャンプ21・22併合号 発売

第203話 

つづきはこちらから

203話のネタバレ

カナヲに藤の花から作った薬を射たれた鬼化した炭治郎。炭治郎に一緒に帰ろうと声をかけ続ける禰豆子。炭治郎は頭の中で、「もう疲れた。俺も家に帰りたい。禰豆子と一緒に帰りたい。」と神に願い、何とか人間に戻ろうとする。そこに炭治郎を人間に戻すまいと無惨がしがみつく。無惨は「死んだ者たちは生き残ったお前を憎。」と炭治郎を説得しようとする。しかし、炭治郎を助けようと死んでしまった炭治郎の両親や兄弟たち、戦死した鬼殺隊の柱たちが炭治郎の身体を持ち上げる。炭治郎は最強の生物になれると必死に止める無惨。炭治郎に自らの意思を受け継がせようと説得を続ける。今度は天から禰豆子の声とともに禰豆子の腕が伸びる。炭治郎は禰豆子の手をつかみ、人間に戻ろうとする。すると善逸や伊之助、冨岡たちの仲間の腕も炭治郎を引き上げる。炭治郎はしがみつく無惨を振りほどき、人間に戻ることができた。目を覚ました炭治郎は禰豆子や仲間たち傷つけてしまったことを謝る。禰豆子、善逸、伊之助、冨岡は安堵する。カナヲも深手負ったものの生きていた。建物の影では愈史郎が静かに泣いて喜んでいる。珠代の形見のかんざしを握りしめながら。炭治郎の生還に歓喜する仲間たち。次回いよいよクライマックス!

203話の感想&考察(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」203話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代男性
戦う漫画は数多くあって「命をかける」ことをすぐネタにされる中それに待ったをかけて、しかも面白いという稀有なこの漫画も終息なのか?という感じです。個人的には富岡さんがもうみれなくなるのかと思うと何より辛い。

「鬼滅の刃」203話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代男性
炭治郎はやはり炭治郎で、無惨は最後まで無惨だった。あんなになっても仲間を信じてるって凄いよ。 無惨はどの立場から言ってんだろうな。 ある意味、流石の無惨様だわ。

「鬼滅の刃」204話のネタバレ&感想・考察

2020年5月11日(月)週刊少年ジャンプ23号 発売

第204話 鬼のいない世界

つづきはこちらから

204話のネタバレ

鬼舞辻無惨が前回ついに完全に消え去った。そして本当の意味での平和な時代が訪れた。今回はそんな平和な時代を謳歌する生き残ったメンバーの日常的な話となっている。メンバーは炭次郎、禰豆子、伊之助、善逸、カナオ、また柱から不死川、富岡。戦場での惨状を憩いながらも、平和な日常を過ごしていた。凶悪な鬼がいなくなったことにより、鬼殺隊は解散された。産屋敷輝利哉による公安であった。鬼殺隊の解体はあらゆることに影響を与えた。普通の現実世界のような日常、まさにそれは平和の象徴であった。また人間関係にも影響を与えていた。不死川と富岡がかなり仲良くなっていた。さらに禰豆子は風柱の不死川に恋に落ちていた。これに対して善逸はやきもち全開である。鏑丸はカナヲと一緒に過ごすことになる。そんな幸せな日常を描く中最後のシーンでは時代が飛び、現代編の始動が始まる予告がされた。次章である二部の始まりは近いのかもしれない。また二部の伏線も所々にちりばめられていた。茶々丸たちの何かを思わせるような後ろ姿に、炭次郎の鬼化についての謎、どうやら炭次郎の鬼化の素質がかなりのものらしい。あらたな敵の登場をにおわせる。

204話の感想&考察(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」204話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代女性
鬼滅の刃204話で 炭治郎の物語は完結し 次号205話・・ まだ完結記載はなく 現代で鬼復活展開嫌だし 愈史郎の動向気になるし どうなる? 転生や子孫描かれる? 竈門家子孫の男子は やっぱり名前に炭が付くのか?

「鬼滅の刃」204話の感想&考察(ネタバレ含む)2

20代女性
びっくりする部分のあったけど204話も最高でした。最後の柱合会議の場面は涙腺崩壊。

「鬼滅の刃」204話の感想&考察(ネタバレ含む)3

20代男性
204話の最後に現代編を匂わせる描写あったけど個人的にはこのまま話終わって欲しい気がする。ほとんど伏線も回収されてたし、柱たちの最後もいい感じだったしこのままの世界観で幕引きでもいいんだよな。

「鬼滅の刃」204話の感想&考察(ネタバレ含む)4

20代女性
あの犬猿の仲も当然の実弥と義勇が微笑み合うのがまた感動。そして実弥が禰豆子をポンポンする所とか。

「鬼滅の刃」204話の感想&考察(ネタバレ含む)5

20代男性
カナヲちゃんの目が両面共失明してなくて良かった~。炭治郎もなんとか回復してたし。実弥さんと禰豆子が和解出来て良かった~。鬼殺隊が解散して舞台が現代に移ったところで終わったんだけど、愈史朗は鬼だから生きてるのかな? 展開が気になる。

「鬼滅の刃」205話(最終回)のネタバレ&感想・考察

2020年5月18日(月)週刊少年ジャンプ24号 発売

第205話(最終回) 幾星霜を煌めく命

つづきはこちらから

205話(最終回)のネタバレ

冒頭は竈門カナタという16歳の男子高校生の言葉から始まる。声を掛けられたのは弟の竈門炭彦。
時代は大正から現代へ。炭治郎たちが鬼舞辻無惨を倒してから数十年が経過していた。
我妻善照は自宅の倉庫に眠っていた伝記(善逸が記したもの)を読み、炭治郎たちが無惨を倒したことを知る。姉である我妻燈子はその伝記を信じておらず、善照に勉強を促す。
登校途中に唐突に善照が燈子に輪廻転生を信じるかと問う。
善照は「俺は信じるよ。絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ。平和のために鬼と戦って命を落とした人たちは」と伝えるが燈子は聞かず体操日本金メダリストの宇髄に興味を示す。
スマホで他のニュースを見ていると、嘴平青葉という少年が青い彼岸花の開発に成功したが全て枯らしてしまうニュースが出ていた。
このように炭治郎たちの子孫であると思われる人物たちが現代を生きている様子が窺える。また、鶺鴒女学院の生徒が胡蝶姉妹に似ている等、善照の言っていた「輪廻転生」が起こっている様子が見受けられる。
カナタが我妻姉弟と合流して登校している中、炭彦は目を覚まし自分が遅刻しそうなことを悟る。
彼は高層マンションの窓から身軽に飛び降り、パルクール選手さながらの動きで建物間を移動していく。
途中パトカーに追われるが、友人の桃寿郎とともに走って校門まで逃げ切ってしまう。
その後、竈門家に炭彦の件について電話が入る。
電話に出た炭彦の母の傍らにはかつて炭治郎たちが鬼殺隊の仲間たちと撮った写真と、花札の耳飾りが飾られていた。

205話の感想&考察(ネタバレ含む)

「鬼滅の刃」205話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代女性
終わり方がちょっと地雷だった。転生して欲しなかったなぁ 終わり方としてはいいとも思うしハッピーエンドだけど、転生して推しの性格が変わっててすごい見なきゃ良かった感。

「鬼滅の刃」205話の感想&考察(ネタバレ含む)2

20代男性
180から205までの完結編が怒濤の展開やった! 無一郎、しのぶ、珠代さま死す?どうまどうすんだ?こくしぼうせんせー月の呼吸やベー!善逸が會岳倒したり、炭治郎鬼になる?死んだ?て迷いまくった?あ黒死牟の圧倒的強さは無惨より強いな。縁壱が奥さん殺され切ない…

「鬼滅の刃」205話の感想&考察(ネタバレ含む)3

20代女性
現代を生きる皆の姿を見ることができて嬉しい反面、やっぱりちょっと寂しい……でも皆が幸せそうで良かった

「鬼滅の刃」205話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代男性
なんか駆け足感あるけどお疲れ様でした。 正直言うと、もうちょっと鬼狩りが終わった余韻に浸っていたかったかなって。 まぁ蛇恋が幸せそうなのでよかったよかった。 あと嘴平青葉くんが可愛いんだよなぁ。男なんだけどなぁ。

漫画「鬼滅の刃」を無料で読む方法

「鬼滅の刃」が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「鬼滅の刃」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「鬼滅の刃」単行本は410円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!