漫画「彼女、お借りします」121話のネタバレと無料読み放題

漫画「彼女、お借りします」121話のネタバレ

2019年12月25日(水) 週刊少年マガジン4・5号 発売

121話のネタバレ

満足度121  彼女と204

八重森みには204号室の千鶴の部屋に来ている。

そして「なんか師匠の部屋と違うっス」と座ったまま話し始める。

千鶴は自分が入る前にリノベーションしたからだと説明する。

みには「いいっスねー、キレイでスマートで。いかにもメインヒロインの部屋って感じッスー」と言う。

千鶴は自分なりに探してみたと言って使い古したアクセサリーやTシャツ、読まない本などを出してくる。

みには最高だと言いながらも「数が圧倒的に足りないっス」と指摘する。

私物の返礼品は唯一無二なので物毎にプランを作ることになり、あればあるだけいいのだと言う。

千鶴がそれなりに価値のある物じゃないと返礼品としては良くないのではないかと言うと、みには「え?」と驚いて「価値のないものなんてないっス」と真顔で答える。

「えっ?」と驚く千鶴の前に「例えばヘアゴムっス」と言って、みには手に持った千鶴のヘアゴムを見せる。

どこから持って来たのかと焦る千鶴に、みにはお手洗いを借りた時に見つけたと答える。

千鶴は正直にそのヘアゴムは百均で買ったものだと伝えるが、みには「水原さんの肌に触れてたってだけでもはやプライスレスっス」と話す。

そして「買ったら100円なのに水原さん家にあったってだけで返礼品になっちゃうんだから世界は素晴らしいっス」と言って、とりあえず1つゲットしたと写真を撮るのだった。

二人は小物を色々見つけたようだ。

「メインイベントっスね」と言って、ついに千鶴のクローゼットを開ける。

びっしりと並んだ洋服に、みには「さすがレンカノさんっスね」と言う。

千鶴はこの部屋を選んだ決め手は個室クローゼットがついていたことだと話す。

そして「同じお客さんに前と同じ服は着れないし、季節ごとに買ってたらこのザマ?」と教えてくれる。

それを聞いてみには「プロっス。超カッケーっス」と言って千鶴を褒めるのだった。

みには「ここなら宝の山っス」と言ってレアな洋服を探し始める。

そして見つけたチャイナドレスを千鶴に見せると、千鶴は赤面し「これは役者仲間からのもらいもので!」と言って洋服を探すみにの暴走を止めようとする。

みにに「まだ着るなら話は別っスー」と言われて千鶴は「もう勝手にして」と言って脱力してしまうのだった。

次にみには手ごろな大きさの、女の子らしい水たまピンクの洋服箪笥を見つけ、眼を見開きその取っ手に手を伸ばし開けようとする。

しかし次の瞬間、千鶴はバンと手を添えて、その引き出しを開けられないようにするのであった。

みには手が勝手に動くと言い訳をするが、千鶴がなんとかその手を抑え込むのだった。

最終的に洋服や雑貨、日用品まで50個は集まったと言ってみには喜んでいる。

その横で千鶴はゼェゼェ言って意外と重労働であることを実感する。

そしてみにに、この後はどうするのかと聞くと、みには「キレイにして写真だけ撮らせて貰うっス」と答える。

お茶を飲もうとして席を立ち「マグカップの片方要らないかな」と言う千鶴の様子を後ろからみにが眺めている。

そしてとうとう、みには「水原さんって彼氏とかいないんスか?」と本音を切り出す。

水原はそれに対して「いるように見える?今は忙しいし。デートは仕事だけで十分」と答える。

少し話してみには「師匠とかどうなんスか?」と聞く。

すると千鶴は「はぁ?」と返事をする。

みには「水原さんのためにこんなにも尽くしてくれて、出会いがレンカノでアパートも大学も同じだなんて、運命感じちゃうのが乙女子心っス」と話しながら「カオは平凡スけど」と言って笑顔を向ける。

すると千鶴は「別に。いい人だとは思うわ」と答える。

そして「初めは頼りなかったけど、根は優しくて、まっすぐな人だとは思ってる。映画の事も本当に感謝してる。でもそれはあくまで“女優”のためよ。男女のそれとは違う。“恋心”ってもっと別のものでしょ?」と言うのだった。

和也はチラシを持って映画の相談に来ていた。

そこでも担当者に実績を求められ「ありがとうございました」と言って引き下がる。

しかし和也は町で、持って来たチラシを「よろしくお願いします」と言いながら配っている。

そこには先ほど話を聞いてくれた担当者がのぞきに来ているのだった。

千鶴の部屋ではいよいよ写真の撮影をする所まで行きついた。

千鶴が「磨くのはこれくらいで良さそうね。やっぱ写真を撮るなら明るい所の方が」と話し始める。

するとみには「…きっス・・・」と言葉にならない声を発する。

「え?」と振り向く千鶴に、みには改めて「好きっス!師匠は水原さんが好きっス」と和也の気持ちを勝手に伝えてしまうのだった。

千鶴はみにの方を見て、返礼品を抱えたまま固まってしまうのだった。

「彼女、お借りします」121話の感想

「彼女、お借りします」121話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「彼女、お借りします」121話の考察

近日更新!

漫画「彼女、お借りします」121話を無料で読む方法

「彼女、お借りします」121話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「彼女、お借りします」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「彼女、お借りします」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓