漫画「彼女、お借りします」105話のネタバレと無料読み放題

漫画「彼女、お借りします」105話のネタバレ

2019年8月28日(水) 週刊少年マガジン39号 発売

105話のネタバレ

千鶴に私の映画を作ってと泣きながら頼まれた和也は二人で一緒に撮った写真を手に取り「よしっ!」と気合いを入れて家を後にする。

向かった先はクラウドファンディングサイト最王手のCAMPFIREである。千鶴に相談しろと言われて予約を入れてやってきたものの緊張してしまう。

覚悟を決めてビルに入っていくが、和也が作成したページを見た担当者の清水から「クラウドファンディングをなめている」と思えると言われてしまう。

そんなことはないと言い返すが、トップページの画像はなく、文言からも本気度を感じないと言われておろおろする。

そしてリターンは何かと聞かれて答えられないに至り、担当者にため息をつかれてしまう。

映画関連のプロジェクトは成功率70%とは言え、企画者の人が夢の実現のために死に物狂いで努力された結果であると諭される。

できる限りのサポートはしますが、このままでは公開することはできないと断言されてしまう。

最後に「例えば一口一万円だとして、あなたは赤の他人の女優のために一万円出しますか?」と言われ自分だったらどうするか死ぬ気で考えるようきつく言われ、言葉が出なくなるのであった。

家に帰ってきた和也は初心者にあそこまできつく言わなくてもと思う反面、清水に言われたことも最もだと改めて感じるのであった。

心が折れそうになっていると、窓から呼び出しがかかる。

そして今日指摘されたことを説明すると、千鶴はアドバイスには倣わないといけないと同意する。

そこで和也は改めて名前のことを確認する。

女優名に本名を使うことについてなのだが、その点について千鶴はレンタル彼女のことがバレるわけではないし、映画に出られるのなら大学で後ろ指を指されても何ともないとはっきり伝える。

それを聞いて和也は千鶴の強い思いを改めて感じ、失敗できないと力が入る。

最後に千鶴に「期待してるわプロデューサー」と言われ、ドキドキがおさえられなくなってしまう。

そのベランダでの会話に逆側のお隣さんが突然声をかける。

二人が夜中にコソコソとベランダで話していると仕事に集中できないと言うのである。

最後には「そんなにイチャイチャしているなら付き合っちゃえば」と言われて、焦る和也と赤面する千鶴であった。

「彼女、お借りします」105話の感想

「彼女、お借りします」105話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「彼女、お借りします」105話の考察

近日更新!

漫画「彼女、お借りします」105話を無料で読む方法

「彼女、お借りします」105話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「彼女、お借りします」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

 

●漫画「彼女、お借りします」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓