漫画「彼女、お借りします」104話のネタバレと無料読み放題

漫画「彼女、お借りします」104話のネタバレ

2019年8月21日(水) 週刊少年マガジン38号 発売

104話のネタバレ

和也は再び水原とファミレスに来てしまった。

水原の可愛い格好にドキドキが止まらない和也だが、先ほどの水原の泣き顔を思いだし、やはりただ事ではないだろうと考えるのであった。

席について落ち着いたところで水原は状況を整理すると切り出す。

自主制作の映画とは言え、出るからにはそれなりの物にはしたいと思っていることを伝える。

それに対して和也はホームビデオのようなものでは小百合おばあちゃんに申し訳ないし、ちゃんと作って見せると語気を強めるが、水原にあなたはそればっかりと言われてしまう。

映画製作と一口で言っても脚本選びやスタッフ探しなどやることは山積みで大変だと話しながら、クラウドファンディングについては専門家のアドバイスを受けたうえであなたに任せると和也に伝える。

そしてこのことは和おばあさんたちには言わないように口止めされる。

会計をする際に水原に彼女ではないから割り勘と言われるも、そこは男として女優さんには払わせられないと自ら会計をする和也である。

店を出て歩きながら、とにかく夢をかなえるにはこれしかないと自分に言い聞かせる。

和也は水原に本当に平気かと尋ねるがその点について水原は軽くはぐらかして先に帰ってしまう。

1人残った和也は必ず水原で映画を撮るのだと心に誓う。

水原は水原で家についてお風呂に入りながら自分の一日を振り返り、この先どうなるのやらと思いを巡らせるのである。

「彼女、お借りします」104話の感想

「彼女、お借りします」104話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
もともと、レンタル彼女として和也は水原と出会い、水原のことを理想の彼女だと思っているようです。その水原とファミレスに来ただけでもドキドキが止まらない和也は本当に純情な青年として描かれています。しかし水原の泣き顔を見たことでこれまで以上に、何とか水原の力になりたいとの思いを強くしたようです。水原が泣いたのはほんのひと時のことで、ファミレスで映画製作について語る姿は普段通りであるところがいかにも彼女らしい姿と思われます。とはいえ、映画製作にこだわることについては何やらただ出演したいということではなく、おばあちゃんに見せたいと言う気持ち以上に裏があるように見受けられます。湯船につかりながら「あーもう馬鹿」と呟く様子には少し照れているような表情も描かれていて今後の和也との関係に何か変化があるのかもしれないと推察できます。和也が水原の映画を一生懸命撮ることで和也の気持ちが少しでも水原に届くのかそこがこれからの見どころになってきそうです。

「彼女、お借りします」104話の考察

近日更新!

漫画「彼女、お借りします」104話を無料で読む方法

「彼女、お借りします」104話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「彼女、お借りします」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

 

●漫画「彼女、お借りします」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓