漫画「神緒ゆいは髪を結い」36話のネタバレと無料読み放題

神緒ゆいは髪を結い

漫画「神緒ゆいは髪を結い」36話のネタバレ

2019年11月25日(月)週刊少年ジャンプ52号 発売

36話のネタバレ

鍵斗を抱きかかえて、正気を取り戻しそうになるゆいだが、卑弥呼の力によってふたたび心も体も黒に染まってしまう。

しかし鍵斗はあきらめずに説得を続ける。

卑弥呼の蟲を宿している鍵斗だが、なぜかその支配の影響を受けないのだ。

ゆいと出会ったおかげで自分は変わったのだと鍵斗が言い続けているうちに、ついに黒ゆいが戻ってくる。

ゆいの中では、白ゆいに迫りくる蟲たちを黒ゆいが撃退していた。

鍵斗のことを認める発言をする黒ゆいは、別れを告げて自ら髪に鎖を巻く。

白ゆいの姿に戻り、鍵斗のことをずっと助けていきたいと言う白ゆい。

その姿に安堵した竜二は、法師の息子を泳がせるのももう終わりだと、人知れずカタをつけようとするのだった。

卑弥呼に白ゆいが立ち向かうところで場面は転換し、鍵斗の快気祝いBBQ会場へ。

奈央の仕切りで開催されたというパーティーは、いつもの仲間やライフラバーたちでにぎわいを見せていた。

手の込んだ料理を見せる炎火に対抗しようとしたアヤ子が、包丁で指に大ケガを負ってしまい、治療のために鍵斗は蟲を口移しすることに。

おかげですぐに治ったのだが、そのせいでアヤ子は鍵斗にオチてしまう。

そんな光景を遠目に、嫉妬心を芽生えさせたゆいは鎖を解き、黒ゆいの姿へ。

その姿に喜びの表情を浮かべる鍵斗だが、黒ゆいは拳を食らわせ、暴れ始めるのだった。

「神緒ゆいは髪を結い」36話の感想(ネタバレ含む)

「神緒ゆいは髪を結い」36話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
面白くなってきたと感じていた矢先に終わってしまい残念です。個性の強い女の子たちがとても可愛くて面白かったので、バトル展開→宴のサイクルをもっと楽しみたかったです。卑弥呼との最終決戦は見られませんでしたが、その分エピローグを堪能できたのは粋な構成だと思いました。

「神緒ゆいは髪を結い」36話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
卑弥呼との最終決戦が描かれないままに場面が飛んで終わってしまいましたが、別れの言葉を遺して自ら髪を結った黒ゆいの演出からして、あれからBBQパーティーのラストシーンまで黒ゆいは出現しなかったのでしょう。一体どんな戦いになったかは知る由もありませんが、白ゆい自身の手で決着をつけたのだと考えられます。法師の息子は竜二による聖水のようなものの攻撃を受けて何かを吐いていましたが、彼にも蟲か何かが憑いていたのでしょう。鍵斗が男なのに蟲を取り込めて卑弥呼の影響を受けなかった理由もわからずじまいでしたが、彼同様になんらかの条件を満たすことで特殊な状態になったのかもしれません。白ゆいを守る役割を終えた黒ゆいですが、これからは役割分担をするのではなく統合された一人の「ゆい」として、鍵斗たちとの生活をともに楽しむ存在となっていくのでしょうね。

漫画「神緒ゆいは髪を結い」36話を無料で読む方法

「神緒ゆいは髪を結い」36話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「神緒ゆいは髪を結い」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「神緒ゆいは髪を結い」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「神緒ゆいは髪を結い」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「神緒ゆいは髪を結い」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓