漫画「神緒ゆいは髪を結い」24話のネタバレと無料読み放題

漫画「神緒ゆいは髪を結い」24話のネタバレ

2019年9月2日(月)発売 週刊少年ジャンプ40号掲載

24話のネタバレ

黒いゆいの起死回生の一撃でアヤ子のヴァイオリンを破壊する事に成功し、鍵斗は千鶴に感謝するも黒いゆいのゾンビ化は止まっていなかったのだ。

この事から炎火は蟲の力がまだあるのだと呟くと、ヴァイオリンの中から蟲が現れてアヤ子に早く音の鳴る物に入れないと姉と同じ目に遭わせると脅すのである。

そんな蟲をアヤ子は叩くと、まだ策があると言って屋根づたいに逃げていくのである。

炎火はアヤ子が楽器と喋っていたのを見ており、アヤ子に蟲が憑いているのではなく楽器に蟲が取り憑いていると、本来の蟲は人に憑くが今回は憑くべき楽器を探しに行ったのだと告げるのである。

奈央は黒いゆいを助けるために鎖を手にして向かおうとするが、鍵斗はゆいでも苦戦したのに近づく事は不可能だと止めたのだ。

そして高柳から帝葉学園百周年記念大講堂にあるパイプオルガンにアヤ子が向かっていると報告し、もしそれに蟲が取り憑いて弾いたら全員やられると悟った奈央は絶望しかけるのである。

そんな中、鍵斗はやめさせる策があると告げて屋上から飛び降りて、足を痛めたがすぐにアヤ子を追うのである。

高柳も鍵斗を心配してやめさせようとするも、鍵斗は一度彼女のコンサートを聞いたことがあり、その時の彼女はあんな顔で音楽を弾いてないと断言して走るのである。

その頃、大講堂へとやって来たアヤ子は音楽を弾き始めると、やっと追いついた鍵斗は彼女と連弾するのである。

「神緒ゆいは髪を結い」24話の感想(ネタバレ含む)

「神緒ゆいは髪を結い」24話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日公開!

「神緒ゆいは髪を結い」24話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
ゆいのゾンビ化を止めるためにアヤ子と連弾することになった鍵斗。自信満々でしたが、どうやって止めるのか。やはり鍵斗のピアノの腕前がものすごく下手なんじゃないかと考察します。パイプオルガンに取りついた蟲が絶叫するくらいのド下手だといいなと思います。なんだかんだで女の子のハートをつかむのがうまい鍵斗のことですから、そのあとアヤ子のことも惚れさせてしまうのではないでしょうか。ついでにゆいの敵であるそれぞれの地方にいるはずのスケバンたちも射止めてしまってスケバンハーレムを作るような展開になるのでは?もしかしたらすべての都道府県の美女を落としてしまうかもしれませんね。特徴のある女の子たちが出てくるのもこの作品のおもしろいところだと思います。

漫画「神緒ゆいは髪を結い」24話を無料で読む方法

「神緒ゆいは髪を結い」24話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「神緒ゆいは髪を結い」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「神緒ゆいは髪を結い」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「神緒ゆいは髪を結い」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!