漫画「神緒ゆいは髪を結い」20話のネタバレと無料読み放題

漫画「神緒ゆいは髪を結い」20話のネタバレ

2019年7月29日発売 週刊少年ジャンプ35号掲載 20

白ゆいは先日自分を守ってくれた鍵斗のことを考え授業中もぼんやりとしていた。

そこに鍵斗から矢文風のドローンでメッセージが届き、白ゆいを中庭に呼び出した。

到着した途端、白ゆいは周りを檻で囲まれ黒ゆいになってくれないかと頼み込まれる。

お礼参りにやってくる奴らから守るためにも、黒ゆいしか知らない情報を引き出すために必要なことなのだという。

同意を得た鍵斗は黒ゆいが暴れるのを見越して周りを檻で囲んだが、さらに執事の高柳が操るドローンにより両腕を固定した状態で封印を解く。

しかし黒ゆいは蟲狩りのことについて何も語る気はないと言う。

それでも先日倒した炎火などはランクDの弱い部類だということ、今後黒ゆいでも苦戦するような相手がどんどん襲ってくるということを知らされるのだった。

一方、東海地方のとある病院で身分の高いであろう老人が死の淵に居る姿が見える。

ベッド横に居た女学生が頼まれて立ち上がり、その老人にバイオリンを弾き聞かせると老人は安らかな顔をして臨終した。

この女学生の幽暗の力により老人の魂は浄化されたのだという。

その女は黒ゆいとの決着をつけるため、その魂を浄化するため、決着を付けに向かうつもりである。

静岡県の死のヴァイオリンスケバンであり、その名を橘城アヤ子といった。

「神緒ゆいは髪を結い」20話の感想

「神緒ゆいは髪を結い」20話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日公開!

漫画「神緒ゆいは髪を結い」20話を無料で読む方法

「神緒ゆいは髪を結い」20話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「神緒ゆいは髪を結い」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「神緒ゆいは髪を結い」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「神緒ゆいは髪を結い」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!