漫画「呪術廻戦」77話のネタバレと無料読み放題

呪術廻戦

漫画「呪術廻戦」77話のネタバレ

2019年9月30日(月)週刊少年ジャンプ44号 発売

77話のネタバレ

夏油は目の前に現れた特級術師 九十九由基と話し始めた。

呪術高専の方針に納得がいかない九十九は自由な行動をとっていた。

呪霊を狩るのではなく、呪霊自体が生まれない正解を作りたいという九十九の考えに、夏油は興味を持った。

呪力を失くすという方法を考えた九十九は、伏黒の父を研究したかったが伏黒の父が死んでしまったためそれが難しくなったと話す。

もう1つ考えている方法は術師からは呪霊が生まれないという法則を利用して、全人類を術師にしてしまおうという方法である。

その話を聞くと、夏油は非術師を皆殺しにすればいいと無意識で口にしてしまう。

無意識だったようで我に返った夏油は、九十九に非術師を見下してしまう自分と、それを否定してしまう自分がいると話す。

どちらが本音なのか分からないと悩む夏油に九十九は、どちらが本音かは自分で決めたらいいと言った。

答えが出ない夏油だったが、任務中に後輩である灰原が死んでしまったことで、非術師を守るために術師が死んでいくことに疑問を抱いた。

そして自分が任務に駆り出された時、術師を化け物の様に扱う村の人間たちを皆殺しにして逃亡する。

こうして夏油は呪詛師として処刑対象となったのである。

「呪術廻戦」77話の感想(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」77話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
優しい心を持つからこそ悩み抜いた末に道を外して呪詛師となってしまった、という夏油の過去がとても悲しくて、やるせない気持ちになりました。能力バトルものではもはや避けられない、能力者と非能力者の対立というテーマですが、この先どう扱われていくのかが気になるところです。

「呪術廻戦」77話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代男性
夏油が闇落ちした原因がついに描かれ読みごたえがありました。夏油が優しい人間でありすぎたために闇落ちしてしまうという展開は切なさのようなものを感じます。多くの人を殺してしまっているので善人に戻ることがなさそうなのでより切なさを感じます。

「呪術廻戦」77話の感想(ネタバレ含む)

20代女性
先週の終わりに登場した明るい長髪の女性の名前と思想が明らかになった。
原因療法がしたいと語るこの女性は、髪や発言などを見るに東堂を呪術師の世界に引き込んだ女性と同じ人物だと推測される。
今回、夏油への接触の結果このような結果を迎えたわけだが、これを受けて彼女がどのように感じたのか。感じ方次第では東堂の立場に一考の余地が出てくるのではないか。
この先、虎杖が臨むであろう一級術師の試験にこの女性が絡んでくるのではないかと思わせる展開だった。
回想編のスタート時点では、夏油の思想が現代と違いすぎて驚いたが、今回そこまでの思想の変化を不自然なく描き切ったのは見事だった。
また、現代の五条の思想と今週時点での五条の思想にはまだ差があるように感じる。この辺りはまだ明らかにならないままの伏線といえそうだ。
この女性が五条に接触し、その結果思想に変化があったのかもしれない。だとしたらこの女性はかなりのキーパーソンといえそうである。

漫画「呪術廻戦」77話を無料で読む方法

「呪術廻戦」77話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「呪術廻戦」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「呪術廻戦」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「呪術廻戦」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「呪術廻戦」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓