漫画「呪術廻戦」74話のネタバレと無料読み放題

呪術廻戦

漫画「呪術廻戦」74話のネタバレ

2019年9月9日(月)週刊少年ジャンプ41号 掲載

74話のネタバレ

場面は変わって盤星教本部、伏黒父と仲介役の男が天内理子の遺体を届けている。

盤星教代表役員の園田茂は満足げで、報酬を少し上乗せするとまで言っている。

作戦そのものにも協力を仰ぎ、手をわずらわせたのに太っ腹な教団を訝しむ。

だがそもそも教団はダメ元で依頼を出していた。

教団の教義として天内理子と星奨体の同化は許せるものではないが、教団には呪術師を止める手段がない、と教団上部は立ち行かなくなっていた。

ヤケクソになっていたところに成功が舞い込んできたため財布の紐が緩んでいるのだった。

今回の作戦で五条たちが沖縄に行ったのは盤星教の手伝いによるものだった。

適当に遠くに連れて行ってもらおうとしたところ、教団会長のプライベートジェットを利用し沖縄に運んでしまったのだった。

そんな金持ちからいただいた金でメシを食おうと伏黒父は仲介役の男を誘うが、お前とつるむのは仕事か地獄でだけだと断らてしまう。

そして本部から一人帰っている伏黒父の前に、血だらけながらも復活した五条悟が立ちはだかる。

やられた跡はあるものの傷はすべてふさがっていた。

刺された瞬間、反転術式を展開し体を癒やしたのだった。

反転術式とはもともとは負の力である呪力を、かけ合わせることによって正の力を生む方法のことである。死に際に呪力の核心を掴んだ五条は、一人ハイになって喋っている。

敗因は首を落とさなかったことと、天逆鉾によるトドメを行わなかったことだと告げる五条だが、まだ勝負はここからだと伏黒父は臨戦態勢に入る。

その身体能力で攻撃を仕掛けるが、覚醒した五条はやすやすとかわし攻撃に転じる。

前は出来なかった術式反転「赫」が炸裂し、伏黒父は教団本部の建物までふっ飛ばされるのだった。

「呪術廻戦」74話の感想(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」74話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「呪術廻戦」74話の感想(ネタバレ含む)

30代男性
天内理子は殺害され遺体となってしまっていますが、あくまで今展開されているのは過去編なので天元様の同化は成功し現状を維持することになるはずです。とはいえ五条が反転術式を身に着けたといえど死体を生き返らせることは出来ないでしょう。そこでもともと天元様が必要としているのは老いてしまった肉体の代わりである新たな肉体であり、天内理子そのものではないということがポイントとなってくると思います。生き返らせることは出来ないまでも損傷した肉体は修復され、天元様と同化することになるのではないでしょうか。それを行うことを決めるのが高専側か五条の意思なのかはわかりませんが、夏油が離反してしまう切っ掛けになってしまうのかもしれません。

漫画「呪術廻戦」74話を無料で読む方法

「呪術廻戦」74話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「呪術廻戦」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「呪術廻戦」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「呪術廻戦」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「呪術廻戦」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓