漫画「呪術廻戦」73話のネタバレと無料読み放題

呪術廻戦

漫画「呪術廻戦」73話のネタバレ

2019年9月2日(月)週刊少年ジャンプ40号 掲載

73話のネタバレ

薨星宮(こうせいぐう)と忌庫を隠す結界は、呪力のない自分にとっては、意味がないと語りだす伏黒(父)。

でも、問題が1つあり呪具の呪力であると言い、銃を構える伏黒(父)。

呪霊をはなつ夏油。銃を夏湯に放ちあっさりとしのぐ伏黒(父)。

続きを語りだす伏黒(父)。

物を格納できる呪霊に自分を格納させ小さくし、それを飲み込み体内に隠すことによって、呪具の呪力を隠していると説明する伏黒(父)。

呪具を隠してる呪霊吐き出し右腕にからめながら、この方法によって、あらゆる武器を携帯しながら結界を素通りできると説明する伏黒(父)。

止める夏油。天与呪縛で、情報の開示が能力の底上げになることを知っていると指摘する夏油。

聞きたいのは、自分達は少しも残穢を残さなかったのになぜ薨星宮の位置が分かったのかであると言う夏油。

五感も天与呪縛で強化されているので、残穢以外の痕跡を辿ったと説明する伏黒(父)。

黒井(メイド)のことを聞く夏油。

生かす気も殺す気もなかったが、たぶん死んでると応える夏油。虹龍を放つ夏油。あっさり切り裂き倒す伏黒(父)。

驚く夏油。突如あらわれる口裂け女のような怨霊。

仮想怨霊(質問に応えるまで相手を不可侵にする簡易領域)だと見抜く伏黒(父)。

ワタシキレイと聞く怨霊。

趣味じゃなと応える伏黒(父)。

5本の巨大なハサミに囲まれる伏黒(父)。

一瞬で全てのハサミを破壊する伏黒(父)。

その隙に、伏黒(父)のすぐ後ろにつめている夏油。

相手の呪霊があまり強くないので、呪霊操術で伏黒(父)の武器庫である呪霊を操ろうとする夏湯。しかし失敗。怨霊ともども切られる夏湯。

気絶する夏湯。死なれると取り込んでいた呪霊がどうなるかわからないから、面倒がないよう術師なら死なない程度に切ったと言う伏黒(父)。

夏油を足蹴にし、親に恵まれたなという伏黒(父)。

恵まれたお前達が呪術も使えない俺に負けたという伏黒(父)。

長生きしたきゃ忘れんなと言ったところで、自分の息子に恵という名前をつけていたこと思い出す伏黒(父)。

そんな中、五条の指がピクリと動く。

「呪術廻戦」73話の感想(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」73話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「呪術廻戦」73話の感想(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「呪術廻戦」73話を無料で読む方法

「呪術廻戦」73話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「呪術廻戦」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「呪術廻戦」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「呪術廻戦」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「呪術廻戦」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓