漫画「呪術廻戦」72話のネタバレと無料読み放題

呪術廻戦

漫画「呪術廻戦」72話のネタバレ

2019年8月26日(月)週刊少年ジャンプ39号 掲載

72話のネタバレ

伏黒(恵の父親)が特級呪具を使用し、五条と戦ったのち、五条の頭に刀が刺さり、五条は倒れる。

伏黒は理子のところへ向かう。

理子は黒井と抱き合い、「大好き」と言い、泣きながら最後の別れをする。

その後、夏油とともに天元様の膝下、国内主要結界の基底「こう星宮 本殿」へ辿り着く。

そこで、夏油は理子にこのまま同化するか、それとも黒井と家に帰るかどちらにするか尋ねる。

これには、理子と出会う前に五条と相談していた。

~回想~

夏油は、この任務対して、こう考えた。

担任からこの任務を聞かされた時「同化」を「抹消」と言った。

なぜか、それだけの罪の意識を持って任務を行うようにということだ。

だから、五条に聞いてみた。

五条「もし、星しょう体(理子)のガキが同化を拒んだ時?」

「そん時は同化はなし!!」

夏油「天元様と戦うことになるかもしれないよ?」

五条「ビビってんの?」「大丈夫なんとかなるって」

~回想~

夏油は笑顔で理子に言う「私達は最強なんだ」

それを聞いた理子は、
今まで、同化で皆と離れ離れになっても大丈夫、いつか悲しくも寂しくもなくなる。

っと考えていたが

「でもやっぱりもっと皆と一緒にいたい」と泣き始めた。

夏油はそれを聞いて笑顔で手を差し出す。「帰ろう 理子ちゃん」

理子も笑顔で手を差し出す。「うん」

その時だった、理子は頭を撃たれる。

夏油の前で理子が倒れた。

撃ったのは追いついた伏黒だった。

夏油「なんで オマエがここにいる」

伏黒「なんでって・・・ああそういう意味ね」

伏黒「五条悟は俺が殺した」

夏油「そうか死ね」

次回へ続く

「呪術廻戦」72話の感想(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」72話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
過去編も佳境に差し掛かってきた頃で、「大人になった彼らと全く違う」「これがあって、前の回であの発言があったのか」という発見や、ドキドキ感がすごく大きいです。特に呪術廻戦の、「主人公たちがメインの時には絶対に聞けないセリフを吐くキャラ」なんかも居て、すごく気持ちが盛り上がりました。

「呪術廻戦」72話の感想(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「呪術廻戦」72話を無料で読む方法

「呪術廻戦」72話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「呪術廻戦」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「呪術廻戦」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「呪術廻戦」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「呪術廻戦」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓