漫画「呪術廻戦」71話のネタバレと無料読み放題

漫画「呪術廻戦」71話のネタバレ

2019年8月19日発売 週刊少年ジャンプ38号掲載 71

伏黒父は六眼として生まれた五条悟を、興味半分で見に行ったことがあった。

後にも先にも背後に立った自分の気配を気取られたのはこの時だけで、その時の経験から五条が鈍るまでひたすら精神を削ったのだった。

刺された五条だったが自力で引き剥がし、伏黒父はそのまま夏油の出す巨大な呪霊によって丸呑みにされた。

五条は刺されたものの内蔵は無事で刺された瞬間呪力で強化したため問題はないと強がる。

夏油たちは理子を優先し天元様のところに移動し、五条一人で伏黒父の相手をすることになる。

伏黒父は夏油の出した呪霊を腹の中から突き破り、細長い呪霊を体に巻き付けるように身につけ、先ほどとは違う刀を手にして出てきた。

懸賞金の時間制限は、偽のゴールを用意することで五条に油断させ、隙を作らせようとする五条父の作戦だった。

五条は無限の術式反転で吹き飛ばそうとするが、五条父は凄まじい身体能力でかわしていく。天与呪縛の禪院真希と同じく、五条父は呪力がまったくない代わりに異常な身体能力を身に着けていた。

そして身に巻つけた呪霊の口から様々な武器を取り出し襲いかかってくる。

超スピードで動き回る伏黒父に対抗するため、五条は周りの遮蔽物をすべて吹き飛ばし待ち構える。

すると虫のような呪霊である蠅頭が大量に五条の周りに集まって来てチャフのような役割をし視界を塞ぐ。

ここからどうしようか思考するうちに本来の狙いは星奨体である理子ではないかと気を逸らせた瞬間、背後に伏黒父が現れる。

特急呪具「天逆鉾」、その効果は発動中の術式の強制解除であった。

五条は身を守る無限の術式を解除され、天逆鉾により喉を突き刺されたのだった。

「呪術廻戦」71話の感想

「呪術廻戦」71話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日公開!

漫画「呪術廻戦」71話を無料で読む方法

「呪術廻戦」71話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「呪術廻戦」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「呪術廻戦」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「呪術廻戦」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!