呪術廻戦「漫画コミック単行本13巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

呪術廻戦

漫画「呪術廻戦」13巻のネタバレ

コミック「呪術廻戦」13巻(2020年10月2日発売予定)

呪術廻戦の13巻には、107話(2020年5月25日 週刊少年ジャンプ25号 発売)〜115話(2020年7月20日 週刊少年ジャンプ33・34号 発売)が収録される見込み。

「呪術廻戦」107話のネタバレ&感想・考察

2020年5月25日(月)週刊少年ジャンプ25号 発売

107話 渋谷事変25

つづきはこちらから

107話のネタバレ

脱皮した呪霊が術式を放つと大量の水が駅構内に溢れ、3人を押し流そうとする。真希は壁に呪具を突き刺して脱出し、直毘人は薄いガラスの術式でその場に立ったまま大量の水を処理する。直毘人は呪霊にアニメのフレームレートの話を振るが、呪霊は呪霊で自らの名は陀艮(だごん)といい、呪霊にもそれぞれ名前があるのだと噛み合わないやり取りを続ける。そこに水から脱出していた七海が切りかかり地面に叩きつける。さらに真希が追撃しようとするも、受け止められ反撃されそうになる。しかしその前に直毘人が再び術式で捕らえて投げ飛ばす。七海が術式ごと攻撃を加えるがそれも耐え、逆に陀艮は水の防壁で身を守る術式を展開する。ダメージが入っていないというよりヒットポイントが果てしなく多いと七海は分析する。真希は先ほど反撃を受けそうになった時に直毘人の助け舟が無ければ自分が死んでいたことを思い、恥じている。3人は次の術式を出す前に、全員の速度で押しつぶす作戦を取り、防壁ごと一気に攻撃を仕掛ける。あまりの攻撃に防壁が破れ、陀艮はとっさに空中に避難する。しかしそこには直毘人がすでに先回りしており、空中で追撃を受ける。直毘人のあまりの速さと攻撃になすすべのない陀艮は両手で印を組もうとするが、それを見た直毘人に指ごと破壊される。しかし指ではなく、腹部に浮かび上がった紋様で印を組むことに成功した陀艮は領域展開を発動、直毘人は南国のビーチのような場所に囚われてしまうのだった。

107話の感想&考察(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」107話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
先週までも真っ当におもしろかったけど、今週(第107話)は格が違う

「呪術廻戦」107話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代男性
・陀艮(海の呪霊)は見た目がクトゥルフにそっくり。 ・直毘人の術式はフレームに関するもの?? ・真希が特級を相手するのはまだキツイかな。 ・直毘人が思ってた以上に強い、良い意味で「特別1級」だったのか。 ・呪霊を追い詰める→領域展開発動はテンプレか。

「呪術廻戦」107話の感想&考察(ネタバレ含む)3

40代男性
107話の陀垠の話を聞く限り陀垠は、花御や漏瑚や真人に対して家族の様な仲間意識を持っている。そして花御達の目的は人間のいる時間をなくし大地、海、森を再生すること。ここから呪霊側にも呪霊なりの大義がある。そう考えると芥見先生の3人に対する想いがわかる気がする。

「呪術廻戦」108話のネタバレ&感想・考察

2020年6月1日(月)週刊少年ジャンプ26号 発売

108話 渋谷事変㉖

つづきはこちらから

108話のネタバレ

陀艮は領域展開『蕩蘊平線』を発動し3人は領域の中に取り込まれてしまう。領域の中では必中となる魚の式神が、即座に七海と真希を傷付ける。しかしただ一人、直毘人だけは迎撃に成功していた。体を呪力で覆い、敵の必中の術式が触れた瞬間に呪力でカウンターする、という御三家に伝わる対領域の秘伝である『落花の情』を使い身を守っていたのだった。最初の攻撃で3人の対応を確認した陀艮は、直毘人に7割、七海に3割の力を割り振り、術式『死累累湧軍』を繰り出すと、大量の魚の式神が2人に襲いかかる。七海は全身を食いつかれ、秘伝で術式からは身を守る直毘人も式神で視界が塞がれているところに陀艮本体の攻撃を食らってしまい、その隙に大量の式神が食らいついてしまう。万物の源である海から生まれる『死累累湧軍』は際限なく湧き出る式神であると陀艮は言い放つ。その後、一番弱いと判断された真希も式神に食いつかれ、さらに陀艮本体の攻撃を受ける。何とかガードし体勢を立て直すも、為す術もない状況に陥る。しかしそこに恵の領域展開『嵌合暗翳庭』が陀艮の領域を突き破るようにして発動される。なんとか領域に侵入した恵は、特級呪具『游雲』を真希に投げて渡すのだった。

108話の感想&考察(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」108話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
真希のセリフから、游雲をはじめとした特級呪具には「持ち出し許可」が必要っぽい。花御戦で(おそらく)許可なしで使えたのは東京高専の敷地内で持ち出し許可が不要だったと推測できるね。七海の1級術師特別要請で高専が輸送〜恵に渡した形?

「呪術廻戦」109話のネタバレ&感想・考察

2020年6月8日(月)週刊少年ジャンプ27号 発売

109話 渋谷事変㉗

つづきはこちらから

109話のネタバレ

特級呪具である游雲を手にした真希。その威力は陀艮にも通用しその体躯を吹き飛ばす。陀艮は伏黒が領域を展開していることにより自身の領域の必中効果が消えていることに気づき、伏黒に式神を放ち攻撃を開始する。しかし、その攻撃を生き残っていた七海が現れ、式神を倒す。同時に禪院直毘人も復帰し真希とともに陀艮を攻め始める。七海は左目に負傷を、直毘人は右腕を失う負傷をしていたが、それでも生き残っていたことに陀艮は驚いた。
七海は伏黒のもとで現状を把握しながらも伏黒の体力が限界であること察知し、状況の不利を感じていた。そこへ伏黒が陀艮の領域へ数秒穴を開け脱出し、領域外での戦闘をする案を七海に提案する。領域展開はそう何度も発動できるものではなく、領域外であれば勝算があると考えたからだった。穴を開けられる場所は伏黒の足元であった。七海は直毘人と真希に陀艮に悟られないように「集合!」と叫んだ。陀艮は三人が伏黒を守る体制を取ると考えたが、すぐに何かに気づき伏黒たちに駆け寄っていく。伏黒の足元にはすでに穴が空いており全員がそこへ集まっていた。しかし、穴の外からは伏黒の父であり、禪院家で生まれ、呪力を一切持たない超人、伏黒甚爾が登場した。

109話の感想&考察(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」109話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「呪術廻戦」110話のネタバレ&感想・考察

2020年6月15日(月)週刊少年ジャンプ28号 発売

110話

近日更新!


「呪術廻戦」111話のネタバレ&感想・考察

2020年6月22日(月)週刊少年ジャンプ29号 発売

111話 渋谷事変㉙

つづきはこちらから

111話のネタバレ

強烈な一撃は咜艮を貫いた甚爾。貫かれた咜艮はそれでもまだ終わらないとつぶやく。さらに追い打ちをかけに行き、咜艮のつぶやきが終わることに甚爾が逆側の先端で左目を貫きに行く。その反動で抜けた先端により不可抗力が起こり、別の場所へと差し込まれる。もはや暴走状態ともいえる、甚爾はまさに狂人とも言え、相手をしに追い込むまで戦いを続けていた。領域が次々に移動する中ついに甚爾により咜艮が倒されることになる。咜艮は強敵であったためかなり一同の間に喜びが走る。しかし暴走状態の彼が今は味方なのかわからないため、依然として場には緊張が走る。伏黒恵の前に瞬間移動し圧倒的な力で投げ出される。想像以上の力に人間なのかを疑う伏黒恵。二人はそのまま姿を消す。二人を案じるも、心配する真希、そんな真希の前に新たな敵が出現する。その正体は呪霊であった。気配を全く感じられなかった三人。よく見てみると呪霊が咜艮の力よりさらに格上の力を持つことに気づく。そして圧倒的力を前に真希たち三人が倒されてします。呪霊は途中で新たな強者の出現を察知する。とどめは刺さず場所を後にする。宿儺の開放をひそかに狙っていた虎杖、それをいち早く察知し呪霊は逆に利用しに行く。新たなたたかいが始まる。

111話の感想&考察(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」111話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
本能のまま戦い続ける殺戮人形… 予想通り味方ではないみたいだけどあの4人の中で伏黒が1番強いのか、それとも漏瑚から伏黒を逃したのか。 漏瑚より伏黒が強いとも思えないから後者の方がありえそう でもそうなると意識が戻ったのか…?そして漏瑚が速すぎるし強すぎる。 消耗しているとはいえあの3人を瞬殺。 禪院直毘人はあの言い方なら右腕があればもっと速いってことなのか? 腕があれば漏湖と同じぐらいの速さはありそうな書き方だったな。

「呪術廻戦」112話のネタバレ&感想・考察

2020年6月27日(土)週刊少年ジャンプ30号 発売

112話 渋谷事変㉚

つづきはこちらから

112話のネタバレ

甚薾のつきで陀艮は脳天を貫かれる。しかしそれでもまだ対抗しようとする甚薾は土砂降りの雨を降らせてことごとく遊雲により、さしまくられることに止められる。強者同士の対決に幕が閉じられた。この二人の勝負の勝敗が今後の戦況に影響を与えられるといえる。そして連撃により陀艮はついに息絶える。それにより解かれた領域展開、そこから穴から甚薾が乱入して、特級呪霊をたった一人で払っていく。底知れない実力をみせ、味方として頼もしさを感じさせた。しかし強者との戦いを望む殺人人形となった彼を止めるすべはなかった。伏黒恵に向かい標的を定めていく甚薾、この異常な状態の甚薾が七海たちの味方になるとも思えない。そしてそんな甚薾に矛先を向けられた状態、これはかなりピンチなようである。作中トップクラスのスピードもしくわそれ以上の速度で、恵を連れて、渋谷駅前の道路を走り抜けていく。恵は領域展開を限界まで発動している。領域展開はかなり体の中の余力を使うようである。なので恵の体にはかなりの疲労がたまり切っているようであった。そんな恵が甚薾に矛先を向けられたこの危機的状況、どのように対抗するのか全く予想ができない状態へ事態は陥った。

112話の感想&考察(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」112話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
ミミナナが殺されるシーングロかった。やっぱり生きてたかって思った矢先に死亡。 富士山に縛りを作れと言われてもちゃんとした手順を踏もうとする宿儺さんの余裕ぷりがいい。 宿儺さん、恵みだけは殺さないでやろうって事ですよね???

「呪術廻戦」113話のネタバレ&感想・考察

2020年7月6日(月)週刊少年ジャンプ31号 発売

113話 渋谷事変㉛

つづきはこちらから

113話のネタバレ

伏黒は狗巻の力を借りて、街中に人がいないことを確認し、目の前の甚爾との戦いに集中した。かつイメージを固める伏黒、しかしその甚爾のオーラに全く勝てるビジョンが浮かびない。そんな中で異常な気配を感じ始める二人、大量のウサギの式神の中に隠れている伏黒は気配の正体が、宿儺のものであるということに気づく。何が今地上で起きといるのか、そう感じていると突如闇の中でも光る光を見つけた。ついに動き出す甚爾、游雲を使って突っ込んでくる。かすり傷を負う伏黒、兎とともに距離をとる。呪力が残ってなく、脱兎のようにかく乱の術がなくなり、早期戦に持っていくと決める。一つのアドバンテージに気づき場面は変わる。渋谷で学長と煙草をすう家入、家入は学長のお陰で仲間が救われたと感謝している様子。早めの連絡がかなり効果があったようだ。甚爾はすぐに伏黒のもとに追いつく。家入の能力を使いこれを避ける伏黒、メリットというのは家入が渋谷にいること、これで能力恩恵を受けられた。戦闘は長引き甚爾の過去回想が起きる。恵の事の約束は術式さえあればどうとでもなり、ましな生活も遅れる、そう思っていた矢先のこの状態。内心はもうどうでもよくなっていた。そして伏黒に名前を聞く、魂が元に戻り自殺を選ぶ。

113話の感想&考察(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」113話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
恵と甚爾の親子対決の様子が描かれていました。 甚爾の過去にも少し触れられ、最期は息子を想い自死…。 なんだか少し哀しくなるエピソードでしたね。

「呪術廻戦」113話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代男性
今回の話は過去編読み返して読むと一層良いな… 自分も他人も尊ぶことのない生き方を選んだはずのパパ黒が2回とも恵のことを想って死ぬ… 恵の名字が呪術界の頂点である”禪院”ではなく”伏黒”だったことで、息子を、自分の生き方を取り戻せたと捉えられるのが最高にエモい。神回。

「呪術廻戦」114話のネタバレ&感想・考察

2020年7月13日(月)週刊少年ジャンプ32号 発売

114話

つづきはこちらから

114話のネタバレ

自害した甚爾の肉体は、死ぬことでもとの男の姿に戻っていた。恵は甚爾という名前と最後のやり取りになにか感じるものはあったものの傷が深くまずは連絡と移動を最優先にする。そこに七海にやられたはずの呪具師が現れ、恵に斬りかかるのだった。
場所は変わって23時の渋谷ストリーム前、日下部とパンダはコンビで渋谷に残る一般人の捜索を行っていた。しかし日下部は自分の命が大事であり、特級呪霊はびこる地下には向かわずにこのまま渋谷でパンダと2人で時間を潰したいというのが本音だった。そこに謎の2人の男女が現れ、出来れば術師は殺したくないから投降しろと日下部たちに宣言する。
夏油が偽物だと判明したことで夏油の一味も割れていた。五条が封印され、世の中が混乱すれば術師だけが生き残り非術師が淘汰される世界になっていく。それは夏油が望んだ世界であるから遺志を継ぎ呪霊たちと協力していくという一派。そして夏油の掲げた物語は終わっており、それなのに肉体を利用されるのは許せないと考える菜々子と美々子たち。2つの間で諍いが起きそうになるが、中立を宣言するラルゥという男が間に入りその場は収まる。自分たちは家族なのだからまたどこかで一緒にご飯を食べようとラルゥは言い夏油一派は解散したのだった。
日下部たちの前に現れた男女は、その呪霊たちと協力していこうという一派の2人だった。特級呪霊の相手ではなくこのレベルの相手と戦って時間が潰せるなら美味しいと考えた日下部は『シン・陰流 居合「夕月」』を構え、戦闘態勢に入る。一味の術師も戦闘態勢に入り、一触即発の状況になった次の瞬間、渋谷のビルが大きく吹き飛ぶ。吹き飛ばされた上空には、やられて白目になっている漏瑚と笑いながら相手を挑発する宿儺の姿があるのだった。

114話の感想&考察(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」114話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「呪術廻戦」115話のネタバレ&感想・考察

2020年7月20日(月)週刊少年ジャンプ33・34号 発売

115話

つづきはこちらから

115話のネタバレ

宿儺と漏瑚の戦闘が始まり、序盤から宿儺が圧倒的な実力を見せつける。
宿儺「そんなものか!?呪霊!」
漏瑚「まだ・・・まだぁ!」
漏瑚も応戦するが空中で腕を切断され、ビルの最上階に叩きつけられ、
そのまま下の階にまで落とされてしまう。
漏瑚の顎は破壊され、宿儺に力の差を見せつけられる。
漏瑚「分かっていた…分かっていたことだ!!だがここまで…!」
宿儺「ほら頑張れ頑張れ。俺が飽きるまで何度でも付き合うぞ?」
漏瑚はビル中がすべて燃えるほどの火力で反撃をし、ビルから脱出。
そして、漏瑚が反撃に出る。
漏瑚「極ノ番「隕」!」隕石が降ってくる。
場面が切り替わり、パンダ&日下部 VS 夏油一派。
パンダ達は漏瑚の攻撃を目視し、攻撃から逃げようとする。
夏油一派の戦闘員が前に立ちはだかる。
日下部 「シン・陰流「抜刀」!」
日下部が戦闘員を倒し、夏油一派に語りかける。
日下部「聞け!呪詛師共!なんでか知らねぇが特級同士が殺り合ってる!蟻んこの上で像がタップダンス踊ってんの!一応言っとくけど俺達が蟻な!さっさと逃げ」
そこにパンダ達の前に宿儺が現れる。
宿儺「ならん。これより四方一町の人間全員俺が「よし」と言うまで動くのを禁ずる。禁を破れば勿論殺す。」
宿儺めがけて隕石が降ってくる。
宿儺「ケヒッヒヒッ。まだだぞ。まだまだ。よしっ。」
禁が解かれたと同時にパンダ達は離脱。
渋谷の街に隕石が落ち、ビルが吹き飛ぶ。
漏瑚が語っているところに宿儺が座った状態で現れる。
漏瑚「宿儺といえど無傷では済むまい。」
宿儺「当たればな。なぜ領域を使わない?」
漏瑚「領域の押し合いでは勝てないことは分かっている。」
宿儺「五条悟がそうだったからか?負け犬根性極まれリだな。だがせっかく興が乗ってきた所だ。オマエの得意で戦ってやろう。」
そして、宿儺が唱える。
宿儺「「■」「開」」
漏瑚「それは…炎か?」
宿儺の左手から炎が出る。
宿儺「そうか知られているものと思っていたが、そもそも呪霊。知らぬはずだ。」
漏瑚「(宿儺の術式は「切断」や「斬撃」ではなかったのか?)」
宿儺「心配せずとも術式の開示など狡い真似はせん。」
宿儺は言う。
宿儺「構えろ。火力勝負といこう。」

115話の感想&考察(ネタバレ含む)

「呪術廻戦」115話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「呪術廻戦」を無料で読む方法

「呪術廻戦」が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「呪術廻戦」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「呪術廻戦」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「呪術廻戦」単行本は410円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「呪術廻戦」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓