漫画「ジャガーン」 95話のネタバレと無料読み放題

ジャガーン

漫画「ジャガーン」 95話のネタバレ

2019年8月26日週刊ビッグコミックスピリッツ39号 発売

第95話  死の競争

デッダー城の最奥地で待ち構えていたのはノーメンと巨大なキチガエルだった。

ノーメンから後ろの巨大なキチガエルはなんのためにいるのかという解説が入る。

実はこのデッダー城を訪れたものたちにつけられたリストバンドを通して、この巨大なキチガエルに脳内麻薬が注ぎ込まれるのだとノーメンは話す

その脳内麻薬をエサにしてキチガエルは半キチガエルを生み出すのだと。

そしてこの最奥地にたどり着いた人間の願いをかなえると、半キチガエルは半壊人となるという。

つまりこのノーメンの夢はこのデッダーランドを国にして、半壊人が活躍出来るための王国にしたいのだと。。。

ゆくゆくはデッダーランドを拡大して、この地上全体が半壊人が跋扈する世界にしたいのだと。。。

君たちもそこにくわわらないかと、ノーメンは誘いかけてくる。

ざれごとを言ってるノーメンにジャガーンは一閃をくらわせる。

ノーメンの脳天にヒットしたが、ノーメンの頭から無数の人ともアメーバともとれぬいきものがでてきて、衝撃を拡散させてしまった。。。

いつにまにか天狗のマスクをつけたピノがいた。

ピノはデッダーランドの建国祝いのイベントが開催されるという。

窓の外をみると貼り付けのベルちゃんがいた。。。

ベルちゃんを取り戻すためのレースがはじまる。。。。

「ジャガーン」 95話の感想

「ジャガーン」 95話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性

ジャガーンの原作者の金城先生は、既存のゲームやスポーツの要素に、独自のエッセンスを加えてマンガにするのが特異な作家である。

それはざっくりいうと、デスゲーム、と呼ばれることが多いだろう。

このデスゲーム、と呼ばれるジャンルは数年前までマンガ界で乱造されていた。

今はある程度落ち着いたが、デスゲーム題材のマンガはルールが複雑になりすぎてしまうのが難点であった。。。

このジャガーンはうまくバランスをとって極力ルールをシンプルにしようとしているのがうかがい知れる。

次回も非常にわかりやすい形で勝敗がつきそうで楽しみではないか。。。

漫画「ジャガーン」 95話を無料で読む方法

「ジャガーン」 95話は漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載されている作品です。

週刊ビッグコミックスピリッツは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「ジャガーン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!