漫画「ふつうな僕らの」 6話のネタバレと無料読み放題

ふつうな僕らの

漫画「ふつうな僕らの」 6話のネタバレ

2019年9月13日 別冊マーガレット10月号 発売

草野一颯は好きと言われたら普通はどういう気持ちになるのだろうと考えている。

過去、耳が聞こえないため別の教室で授業を受けることがあった。

が、明るくて優しくて賢くて絵がちょっとヘタなクラスメイトが色々と世話をやいてくれるのがよく分からなく過ごしていた。

ある日彼女は一颯が別の教室に居る時に尋ねてきた。

そして横の席にいた女の子に手話で名前を名乗ったりしたが、彼女は手話はしないと一颯が書いて教えてあげた。

すると彼女は最近覚えたから使いたくなったと言いながら、部屋を出ていった。

すると一緒に勉強している女の子にもう来るなって言っておいてと言われてしまう。

筆談している途中で一颯が手を洗いに行ったときにふとそのクラスメイトは筆談のノートの中身を見てしまう。

そこでかばってもらった事を知りクラスメイトはありがとうと笑顔を見せて、草野君のこと好きだなと気持ちを打ち明ける。

一颯は椿に向けてスマホで伝えることを入力している。

見せられた画面には「ごめん。同じ気持ちじゃないから付き合ったりできない」と入力されていた。

それを見て椿は自分が振られたことを実感する。

椿はクラスメイトの柴崎に1回ふられたからって諦めなくたっていいよね、と話をしている。

そして先輩に兄弟がいるかと聞くと、兄が一人いるとのことだった。

バラ祭りの撮影会に行った椿だが、先輩とバラが同じ構図に入っていることにドキドキしてしまうが、おとなしくしていようとこそっと隠れてしまう。

撮影時間が終わり入り口に集合した時に一颯は自分がカメラのバックを忘れてきたことに気づき一人で公園に戻っていく後姿を椿は目にする。

公園でカメラのバックが見つかり一颯は一人バスで駅に帰ってくる。

椿は先輩を追って公園で一人先輩のカメラバックを探していた。

池の中のバックに手を伸ばし、池に落ちてしまったりもしていた。

先輩がもうカメラを見つけたかなと思いスマホを見るとそこに一颯から連絡が来ていた。

友達に連絡先を聞いたのだと言う。

そして先輩から「今どこ?」と聞かれるとまた勝手なことをしていると思われたくなくて「もう家ですよ」と返事をすると「うそつき」とすぐに返事が返って来て、顔を上げると一颯がそこに立っていた。

椿が裸足なのを見てそんなことをしなくていいと一颯は書くが早く見つけないと思ったと椿は返事をするが、一人で見つけられるよと冷たい返事がくる。

やり取りをしながら椿はこれ以上期待しちゃだめだと思いながら一人で帰ろうとする。

それでも一颯は続けて「なんで僕なの」と聞いてくる。

一颯は前に付き合って、他に好きな人ができたと言って自分の元を離れたクラスメイトとの出来事を思い浮かべていた。

そして「椿に嘘をつきたくないから付き合えない」と送りながらも続けて「けどそばにいてほしい」と送ってしまっていた。

すると椿は「先輩そばに来ましたよ」と目の前に現れた。

頭を抱えている一颯の腕を外して目を合わせて、「私は利用されているとか思わないからそばにいてって言われなくてもいるし、好きでそばにいるから大丈夫です、もう取り消せませんよ」と一颯に手を差し伸べる。

すると一颯は椿の手を取ろうとするが、そこで椿がさっきまで靴を持っていた手だと言うとバッとその手を放すのであった。

そして一颯は「君にとなりで笑っててほしい」と思うのだった。

「ふつうな僕らの」 6話の考察

「ふつうな僕らの」 6話を読んだ考察(ネタバレ含む)1

30代女性
椿の好きな人である、耳の聞こえない一颯は過去にクラスメイトに優しくされて付き合ったが他に好きな人ができたと言って別れた過去があるようです。そういうことがあったからか、椿に告白をされたものの付き合えないと断ったようでした。
しかし椿は1回振られたくらいでは諦めようとは考えていないようで、そこが元気で好感が持てます。それでも同じカメラ(写真)部で撮影に出かけた時に思わず先輩から目を背けてしまうあたりは女心が良く描かれているなと感じられます。
撮影会の終わりに先輩がカメラを失くしたことに気づいた椿は先輩が一人で公園に戻っていったのを追いかけていきました。そして池の中に落ちていた先輩のカバンに似たものを見つけた時に自分が池に落ちてしまうなど、から回ってしまってうまくいかなかったようです。そこに友達に連絡先を聞いたと言って先輩から連絡が入った時の驚きようは思わず取り繕って嘘をついてしまうレベルでした。
先輩は口で話しができない分、思っていることをストレートに文字にしてしまいます。
最後の「けど、そばにいてほしい」と言う言葉は本当に彼の気持ちを表すことのできた素敵な言葉だったと思います。きっとなかなか他人には伝えられなかった言葉だったのではないでしょうか。それを言ってもらえた椿には彼のそばにいてあげてもらいたいなと思います。
それから途中ほんの数シーン、一颯の兄として登場してきた男性とは何か問題がありそうな気もするので注意して読んでいく方がいいかと考えられます。

漫画「ふつうな僕らの」 6話を無料で読む方法

「ふつうな僕らの」 6話は漫画雑誌「別冊マーガレット」に掲載されている作品です。

別冊マーガレットは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「ふつうな僕らの」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!