漫画「ふたりの太星」22話のネタバレと無料読み放題

ふたりの太星

漫画「ふたりの太星」22話のネタバレ

2019年11月2日(土)週刊少年ジャンプ49号 発売

22話のネタバレ

奨励会三段リーグもついに最終戦。

同率一位である堂々とユアのどちらかの合格が決まることは確定だが、残る一席については未だ予想もつかず。

同率三位で追うのが太星、羽賀、豪月の3人。

もしこの3人全員がこの日勝利すれば、4人3敗で横並びになり、4人でプレーオフとなる。

最終戦で羽賀と当たるのは美空、豪月と当たるのは亜宮。

そして、太星と当たる人物は般若羽流。

これまで0勝0敗という、不戦敗で最下位に位置する者だった。

全身を縛られ、まるでサイコパスであるかのように振る舞う般若。

強者を予感させるが、実際は犯罪によって捕縛されているのではなく、単に自転車事故によるリハビリを受けているだけ。

星はアッサリと勝利し、羽賀、豪月とともに白星をあげた。

堂々・ユア戦も堂々の勝利に終わり、2位決定戦を争う4人が決まるのだった。

初戦はその日の18時に始まる。

ということは、久しぶりに太の方が将棋を指すことに。

ケンカ経験のない太は豪月の覇気に戸惑うが、結果は圧勝。

そして、翌朝星が対局に向かうと、禍々しい雰囲気が発せられており、見るまでもなく相手が羽賀なのだと悟る。

どんな扮装をしているのかが気になる星だったが、そこには変装を解いた素の羽賀が座っていた。

「ふたりの太星」22話の感想

「ふたりの太星」22話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
最初からこの路線でよかったんだよほんとここ二週は面白い打ち切り宣言くらって好き勝手やった結果がこれなんだとしたら将棋でいけと指示した編集が無能という他はない、ほぼ全編絵柄がギャグ描く線じゃん色んな線描ける器用だからこの人こそ原作付きのコンビでやればいいのに。最後の羽賀ジョーカーはいいぞ雰囲気ある。

「ふたりの太星」22話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
最終戦の相手もあっけなく破り、展開が巻き気味ですね。
とはいえ、この作品はこれくらいノリの軽い調子が、星の性格も相まって丁度いいように感じられます。
天童世代が仲良くもいいライバル関係を築き上げてきている様子が微笑ましいです。

「ふたりの太星」22話の考察

30代女性
最終戦の結果は、前回とは違って大きな番狂わせもなく、順当に勝負が決まりましたね。
堂々に迫る戦績でったユアは、豪月との戦いから調子を落としてしまったのかもしれません。
ユアは真っ向勝負で星に負けてしまったので、プレーオフが盛り上がる相手は羽賀しかいないというのもあるのでしょう。
太と星とで既に2回戦った羽賀。
太星を突き落としてしまったという負い目から解放されて、すっかり彼らにとってのよきライバルとなりつつあるようです。
他人の将棋を完璧にコピーすることで戦ってきた羽賀が、素の姿でどんな将棋を指すのかが、楽しみですね。
随所随所でさまざまな強敵の指し方を繰り出して翻弄する将棋なのかもしれませんし、誰のものでもない自分だけの将棋を指すのかもしれません。

漫画「ふたりの太星」22話を無料で読む方法

「ふたりの太星」22話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ふたりの太星」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ふたりの太星」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ふたりの太星」単行本は459円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ふたりの太星」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓