漫画「ふたりの太星」19話のネタバレと無料読み放題

ふたりの太星

漫画「ふたりの太星」19話のネタバレ

2019年10月12日(月)週刊少年ジャンプ46号 発売

19話のネタバレ

毒を飲み、対局後に永遠の眠りにつく、と宣言する堂々。

星は逆上し、堂々を病院に連れて行くよう係の男性を説得するが、取り合ってはもらえない。

堂々もしらばっくれ、中止にするなら星の棄権負けになると言われてしまう。

「将棋のプロになることは、誰かの人生を奪うことと同義」だと言う堂々。

相手の人生を考えて負けるより、自分のことを思った方がいい、と促され、太のことを思い浮かべた星は、押し負けて座るのだった。

「毒が回る前に決着をつけてやる」と意気込む星。

しかし、力の弱い歩を犠牲にして力の強い角を活かす、堂々の戦術に翻弄される。

対する堂々は、「堂々家の運命」では負けなしだったはずの将棋で、かつての太に負けたことを思い返す。

これこそが自分だけに与えられた運命なのだと悟った堂々は、まだ誰も知らないこの対局の結末を胸に抱いて逝くことに、心を躍らせるのだった。

弱い歩を捨てすぎた堂々の戦略につけこみ、優勢となる星。

ついには王手をかけたが、そこで堂々は涙をこぼす。

脳裏に浮かびあがるのは、頭を下げる白爺の姿。

太星との出会いだけでなく、白爺の存在もまた、自分だけの運命だったのだと。

そう悟った堂々は、満面の笑みを浮かべて敗北を認め、倒れるのだった。

「ふたりの太星」19話の感想

「ふたりの太星」19話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
今際の際にようやく白爺の愛情に気づかされた堂々の、取り返しのつかなさに、やりきれない気持ちです。
堂々家の運命に逆らって、その代償を自分の命で払おうとする堂々が痛ましいですが、なんとか生き残ってほしいところです。

「ふたりの太星」19話の考察

20代男性
堂々の墓参りをする星、という衝撃的な引きで終わった前回。
そして、倒れる堂々に悪い予感しかしません。

しかし、これがまだミスリードで、太星と戦った「堂々巡」は生存しているという可能性もまだ捨てきれないのです。
まるで複製人間かのように、同じ容姿を持ち同じ運命をたどっていく堂々家。
名前だって同様に代々受け継いでいるのかもしれません。
したがって、星の墓参りは先代か先々代の堂々である、というのはどうでしょうか。
部外者である星がわざわざ雨の日に出向いているという時点で、やはり本人の墓という確信が拭えませんが…。

生存にせよ死亡にせよ、堂々がこれ以上今回のプロ編入試験で戦うことはないでしょう。
そうすれば、五月女が繰り上がり一位となり、残り一つの席を争うことになりますね。
残り二戦、一体どんな強敵が立ちはだかるのか、ということにも注目です。

漫画「ふたりの太星」19話を無料で読む方法

「ふたりの太星」19話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ふたりの太星」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ふたりの太星」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ふたりの太星」単行本は459円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ふたりの太星」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓