漫画「ふたりの太星」18話のネタバレと無料読み放題

ふたりの太星

漫画「ふたりの太星」18話のネタバレ

2019年10月7日(月)週刊少年ジャンプ45号 発売

18話のネタバレ

昨日、白川は星に巡に将棋を教えたのは自分でルールだけを教えたのだが、巡にコテンパンにやられたと、最初は数あるゲームの中でしかなかったが太に会ってから全てが変わったと星に行ったのだ。

そして対局が始まり、星は巡が白川をクビにした事等に苛立っていたのだ。

先手は巡からだったが、星は金を動かすも巡は運命に逆らってはいけないと言い放ったのだ。

巡が言うには歩や玉にはそれぞれ役目があり、金は玉を守る運命だから攻撃に上がっては駄目で運命に逆らえば悪い事が起きると言うのである。

そして回想になり、白川は星に巡を始め堂々家に生まれた者達は父の遺伝が強く残り、同じ運命を輪廻の如く繰り返しているのだと語ったのである。

ある日、巡は最初はピアニストになりたいと言ったがそのせいで実家の経営が悪くなり、巡は自分のせいだと悟って運命を受け入れると元に戻ったのだ。

そして将棋をしてやめるのも堂々家の輪廻の輪の中なのだと言ったのだ。

現在に至り、星は今日将棋をやめると言った巡にやめたければやめろと言ったのだ。

そしたら巡はある薬を出し、この薬には毒が仕込まれており、飲んでから数時間経てば自分は永遠の眠りにつけると言って飲んだのだ。

そして運命に逆らった巡は永遠の眠りについたのだ。

「ふたりの太星」18話の感想

「ふたりの太星」18話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
堂々の背負う運命の重さを知り、打ちひしがれる回でした。漫画的には面白くもありますが、1話丸々なんだか終始救いの感じられないような描写でしたね。対局の終わりにそれがひっくり返されることを期待するばかりです。

「ふたりの太星」18話の考察

40代男性
全て運命に抗うことのない堂々は、名前の「巡」のように輪廻のような家系だということが判明しました。
壁に掛けられた肖像画をはじめ、誕生日に結婚相手の名字、グループの引き継ぎに引退、そして寿命と、それが全て決められているというのは流石にやり過ぎだろうと思いつつ、毒薬を飲んで自殺を図る堂々。
ラストの白爺と天童の墓参りが事実なのか、それとも堂々の妄想なのかは来週への持ち越しとなりました。
前者であれば、幼児期と異なる将来を語ったためにグループ全体に及ぶ株価暴落が起きた悪夢再びと、堂々家には最悪の事態が待っているはずですが、ストーリー的には全勝の堂々が居ない場合はユアと天童が勝敗的にプロ昇格という巧みな演出が隠されています。

漫画「ふたりの太星」18話を無料で読む方法

「ふたりの太星」18話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ふたりの太星」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ふたりの太星」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ふたりの太星」単行本は459円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ふたりの太星」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓