【最新話】漫画「ふたりの太星」13話のネタバレと無料読み放題

漫画「ふたりの太星」13話のネタバレ

2019年8月19日発売 週刊少年ジャンプ38号掲載 13

ユアと対局している星の様子を見ようと、既に対局を終えた無限達が見るとかなり困惑した表情を見せていたのだ。

星が彼女相手にかなり時間を使ってしまったと感じていたが、まるで太と戦っているかのように感じるユアの対局は時間無制限で戦いたかったと思っていたのだ。

途中で太の存在を知りたくて将棋を始めた事を思い出しながら、勝ち筋を見つけて一気に勝負をつけようとするが途中で意識を失ってしまうのでした。

突然の事で困惑するユアや無限、十三を尻目に、巡は外が既に夜になっていた事に気づいていたのでした。

そしたら星の人格が太に入れ替わり、太は目覚めるや否や瞬時に状況を把握し、盤面を確認すると星の将棋を理解できるかどうか、そして星だったらどう指すかを考え始めるのでした。

太もまた星の事を知ろうと将棋を始めた事を思い出すと、あの頃と変わっていなかったら考えて居玉を元の場所に移動させたのである。

この事に無限は驚きを隠せず、ユアもこんな将棋に負けるわけがないと思いながら指すが途中で消したはずの棋譜が脳内に次々と浮かび上がってきて、やがて脳内がオーバーヒートを起こして負けを認めるのでした。

無限は太に対して居玉は自分の手で粉砕すると言い放ち、太はお互い負けられないと呟いたのである。

そしたら知らぬ前に対局を見ていた不破名人の存在に太達は驚き、しかも不破は今回の将棋はこれまでのつまらないのよりはマシだと言い放つのである。

この言葉を聞いた太は自分は星よりも劣っているのかと感じ、不破に勝負を申し込むのでした。

「ふたりの太星」13話の感想

「ふたりの太星」13話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日公開!

漫画「ふたりの太星」13話を無料で読む方法

「ふたりの太星」13話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

「ふたりの太星」は単行本化されていないため、現時点で完全無料で読む方法はありません。

ですのでここでは「ふたりの太星」が掲載されている週刊少年ジャンプの、電子版コミック単行本を完全無料で読む方法をご紹介いたします。

「週刊少年ジャンプの電子版コミック単行本」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!