漫画「火ノ丸相撲」250話のネタバレと無料読み放題

漫画「火ノ丸相撲」250話のネタバレ

2019年7月22日発売 週刊少年ジャンプ34号掲載 250話 (最終回)

攻めの姿勢を崩さない鬼丸は、横綱の懐に入りついに両廻しを掴む。

「行けぇー!!火ノ丸ー!!」

レイナをはじめ、仲間、ライバル、今の自分を作った全てに感謝をしながら、晴れやかな表情の鬼丸。

投げの体勢に入った「百千夜叉墜」は、両手と足元による三太刀同時の技。

小さいからこの辿り着いた鬼丸相撲。

“相撲”は「大きく」「重く」が絶対優位の「無差別級」格闘技。

小兵故にしてきた苦労も今では愛おしく、相撲をやってきて良かったと投げに入りながら思う鬼丸は、小さく生んでくれた亡き母親に感謝します。

「勝負あり!!」

土俵に背中から倒れた刃皇。

この瞬間、九月場所の幕内最高優勝は平幕の鬼丸が念願の初優勝を果たした。

多くの座布団が舞う会場。

しかし鬼丸の表情は笑うでもなく、泣くでもなく、相手への敬意に満ちている。

この所作こそが、鬼丸、潮火ノ丸の姿だ。

花道を引き上げる刃皇。

そこに進退に関する質問が記者から飛び出すが、刃皇は引退を撤回。

やめる理由などない。

次の対戦ではどうしてやろうかと早くも次に向かっているようだ。

かたや控え室に戻る鬼丸に駆けより「おめでとう」と泣きながら抱きつくレイナ。

そこに高校時代のライバルや仲間たちもやってきた。

先のことは分からない。

しかし今は最高に幸せだと鬼丸は思うのだった。

「火ノ丸相撲」250話の感想

「火ノ丸相撲」250話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代女性
負ければ横綱引退を表明した横綱と火ノ丸との優勝決定戦での取り組みで出て来る技と駆け引きが楽しくて力強くぶつかり合うシーンが手に汗握る熱戦で面白かったです。最後まで気の抜けない展開にワクワクしました。小柄な火ノ丸が執念とも言える勝利が感動的だった。相撲に興味無かったが読んで見るとワクワクして楽しかったです。

「火ノ丸相撲」250話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

20代男性
横綱との相撲で更なる進化を遂げた鬼丸、小さくても努力と仲間の力で成長する姿は心奪われた。最終回で終わってしまってもう読めなくなるのは寂しいが、1回だけ読み切りで鬼丸や仲間のその後の話、鬼丸の子供が見てみたいと思った。

「火ノ丸相撲」250話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代女性
いわゆるスー女です。火の丸は希少な相撲漫画ということもあってずっと読んできただけに最終回は感慨深いものがありました。うーんしかし、週刊で読むとちょっとあっけない気も?優勝決定戦やるならもうちょっと巴戦の魅力を出してほしかった。刃皇からのゾクゾクするような巻き返しも期待したかった。なんだかサラサラ勢いで読めてしまって。やっぱり終盤はアンケの結果が厳しかったのかな。でも作品全体的には正統派スポーツ漫画で素晴らしかったです。

「火ノ丸相撲」250話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

30代男性
最終回に相応しい大団円であった。
絶対的王者・刃皇を退け、その刃皇も火ノ丸の新たなるライバルの一人として続投を決めていく。
スポーツ漫画としては100点満点のエンディングだが、レイナとの夫婦生活など、その後の火ノ丸を見たい思いも強い。

「火ノ丸相撲」250話を読んだ感想(ネタバレ含む)5

20代男性
体が小柄で相撲には不利な主人公の努力と根性に心が揺さぶられる。
学生時代ではいい仲間たちと出会い大人になっても交流があったりする様子にほっこりする。
相撲をとっているシーンでは激しくぶつかっているなか頭は冷静に作戦を練っていたり熱い。

漫画「火ノ丸相撲」250話を無料で読む方法

「火ノ丸相撲」250話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「火ノ丸相撲」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「火ノ丸相撲」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!