漫画「姫様"拷問"の時間です」のネタバレと無料読み放題まとめ

漫画「姫様"拷問"の時間です」のネタバレ

2019年9月9日(月)週刊少年ジャンプ41号 掲載

国王軍と魔王軍の戦いが繰り広げられる。意思を持つ聖剣エクスとその使い手の姫は魔王軍に囚われ牢屋の中にいた。

魔王軍に有益な情報を引き出すため、姫は日々拷問にかけられていた。

その日もまた拷問官がやってくる。

しかし姫は国の王女にして、国王軍の騎士団長であり、どんな逆境にも膝をつかない精神力の持ち主である。

どんな拷問にかけられようと情報を話すわけがないとエクスも信頼を置いている。

今日の拷問は「おにぎり」である。つやつやでほくほくのおにぎりについ心奪われる姫様。

エクスに突っ込まれ、つい早口で言い訳してしまう。

しかし朝食を食べたばかりの自分はそんなものには屈しないと強く言い返す。

しかし拷問官はおにぎりにさらなる加工を施そうとする。

おにぎりを炭火で少し焦げる程度に焼き、醤油に白だしとみりんとゴマ油を少し足した物を塗り上げ焼きおにぎりに仕立て上げたのだった。

醤油が焼ける匂いに完全に姫様は意識を奪われるが、ギリギリのところで耐え心を強く持とうとする。

しかし出来たてアツアツの内に食べないともったいないと口に運ぶ拷問官の姿を見て完全に屈し、情報を話してしまうのだった。

火曜深夜1時から30分間警備の甘くなる場所があるという情報が魔王に伝えられる。

しかし毎週聞いているラジオがその時間あり、投稿したメールが読まれるか気が気じゃないのでその時間はダメだと否定される。

そうして姫様の拷問はまだまだ続いていくのだった。

「姫様"拷問"の時間です」の考察

「姫様"拷問"の時間です」を読んだ考察(ネタバレ含む)1

30代女性
ジャンプ+で掲載されてるこの作品はアプリで初めて読んだ時、タイトルからグロ要素アリのシリアスな話かと思ったら良い意味で期待を裏切られた。
突き抜けた笑いがある訳では無いが、読んでて不快感が無く、安心出来る作品。今では自分の中ではそのポジションに収まっている。
毎回流れは決まっているが、ちょっとづつ趣向を変えており、鉄板の枠組みの中でも飽きさせない作者の心意気を感じられ、ジャンプ+で更新される度に楽しみにしてる作品である。
今回の内容はジャンプに掲載という事で初見さんにも理解できるように前部分に説明部分がちょっと多めに割いてるなと感じたが、それは致し方ない。
内容も分かりやすい食べ物ネタという事で、始めてこの作品を目にする人にもどういう方向性の作品という事がアピールできたのではないだろうか。
興味を持った方には是非、アプリで読んで頂きたい。
食べ物ネタだけでなく、切り口が色々あり飽きそうでそうならないし、みんなカワイイ。実は魔王が一番カワイイと主張しておこう。

漫画「姫様"拷問"の時間です」を無料期間で読む方法

「姫様"拷問"の時間です」は「週刊少年ジャンプ+」で連載している作品です。

週刊少年ジャンプの読み切りで掲載されましたが、「姫様"拷問"の時間です」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

漫画「姫様"拷問"の時間です」の電子版最新コミック単行本を配信中!

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「姫様"拷問"の時間です」単行本も配信!


完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「姫様"拷問"の時間です」単行本615円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓
U-NEXTの詳細記事