漫画「ハイキュー!!」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

ハイキュー!!

漫画「ハイキュー!!」の最新話ネタバレ

▶︎「ハイキュー!!」361話(2019年8月19日発売 週刊少年ジャンプ38号)のネタバレ

漫画「ハイキュー!!」を無料で読む方法

「ハイキュー!!」は漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に掲載されている作品ですが、今のところ読み放題のサービスを含め週刊少年ジャンプを完全無料で読む方法はありません。

ですが「ハイキュー!!」の電子版最新コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

U-NEXT

漫画「ハイキュー!!」の電子版最新コミック単行本を配信中!

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。


完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ハイキュー!!」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数)
U-NEXTの詳細記事

漫画「ハイキュー!!」配信一覧表

サービス名 配信の有無 完全無料可 詳細ページ
U-NEXT ◯(単行本) U-NEXT詳細
FOD ◯(単行本) FOD詳細
music.jp ◯(単行本) music.jp詳細
ジャンプBOOKストア! ◯(少年ジャンプ) × 公式サイト

配信一覧表最終更新日 2019年8月5日
※無料お試し期間などを利用して、完全無料でも漫画を読めるかを示します。

漫画「ハイキュー!!」の過去話ネタバレ

▶︎「ハイキュー!!」359話(2019年7月29日発売 週刊少年ジャンプ35号)のネタバレ

▶︎「ハイキュー!!」358話(2019年7月22日発売 週刊少年ジャンプ34号)のネタバレ

過去話の好きなエピソード・キャラクターなど

2019年8月13日 更新分

「ハイキュー!!」へのコメント(ネタバレ含む)1

40代男性
私もバレーボールをしていました。私が学生の時は「涙のバレーボール」と言う漫画以外に、バレーを描いた漫画はなかったように思います。昔、こんなに人気なバレー漫画があれば、もっと部員が増えたと思います。ルールが昔と変わってて戸惑いながら読んでます。

「ハイキュー!!」へのコメント(ネタバレ含む)2

20代女性
白鳥沢戦がピークだと思います。
チームでは勝てましたが、主将の牛島君個人には勝てていないので、オールスター合宿などで再戦、または共闘が見たいです。
スポーツ漫画は腐女子の格好の餌食ですので、女子マネージャーさんがたくさん出番があると溜飲が下がります。
コメントの続きを読む

2019年8月8日 更新分

「ハイキュー!!」へのコメント(ネタバレ含む)1

20代女性
この作品は、高校時代の部活という青春をものすごく表現している。ボールが消えるわけでもなく、非日常的な作品ではないバレーボール漫画。主人公の日向翔陽が高校に入り、影山飛雄という新しい相棒をと共に全国優勝を目標に日々精進していく!仲間同士との喧嘩も、ひとりひとりの過去のことを払拭していったり、各チームものすごく熱い試合を繰り広げています!

「ハイキュー!!」へのコメント(ネタバレ含む)2

40代女性
子供の時にテレビで見た小さな巨人に憧れバレーボールを始めた日向翔陽が主人公です。憧れの烏野高校に入学します。そこでセッター影山飛雄と出会い最強の相棒とともに日々練習に、試合に全力で頑張る姿がとてもまぶしく爽やかです。部活の人数としては決して多くない烏野高校ですが、切磋琢磨しあい、お互いがお互いを引っ張りあげていくのが目にみえるので、毎話とても面白いです。対戦する各高校の名前にも動物の名前が入っているところが1つ隠されたポイントではないかと思っています。主人公の日向の頑張りはもちろんですが、同じポジションの月島が徐々にプレーに熱を帯びてきているのが見所だなと思っています。

「ハイキュー!!」へのコメント(ネタバレ含む)3

30代女性
スラムダンクを思い出させるほどバレーの試合が長い作品なので、コミックでまとめて読んだ方が話やキャラクターの特徴が分かりやすそうです。テニプリや黒子のバスケと違って、技がリアルな為バレーをやっている人には楽しめる作品になっていると思います。

2019年8月5日 更新分

「ハイキュー!!」へのコメント(ネタバレ含む)1

20代女性
“青春の漫画で一番大好きです。
泣けるシーンが多すぎて、毎回鳥肌が立ちます。
好きなシーンはツッキーがバレーにハマった瞬間が泣いてしまいました。
あれだけ無気力だったツッキーがガッツポーズをして叫んでいる姿は感動でしかないです。”

「ハイキュー!!」へのコメント(ネタバレ含む)2

20代女性
“レシーブが下手くそだった日向が、合同合宿で他の選手の特徴など見て、だんだんレシーブがうまくなっていくところが好きです。
稲荷崎との試合が結構好きなのですが、レシーブがきっちり上がった瞬間、コンビの影山がナイスレシーブと言ったところは鳥肌が立ちました。
今まで下手くそとしか言われてこなかった日向に
ナイスレシーブと素直に言っているところが少し認められたんだな、と思いました。”

「ハイキュー!!」へのコメント(ネタバレ含む)3

20代女性
“117話(単行本13巻収録)で澤村が試合中昏倒した後、代わりに試合に出場をした縁下、和久谷南戦。
現チームでの公式戦初出場でのプレッシャー下の縁下の「逃げる方が絶対後からしんどいって事はもう知ってる」「サッ来ォォオい!!!」の台詞が印象的な回。
ハイキュー!!のよさは、メインのキャラ(レギュラー)でない、人物にもきっちりライトがあたるところ。
ベンチメンバーにもそれぞれもちろんストーリーがあって、ハイキュー!!ではとても 感情移入してしまうような描写で描かれることが多く、
ハイキュー!!らしさを表すエピソードだった。”

「ハイキュー!!」へのコメント(ネタバレ含む)4

20代女性
“ハイキュー!!で私が好きなエピソードは、黒尾鉄朗率いる音駒高校と主人公の所属するチームである烏野高校が全国大会で対戦した時のものです。この2校は以前から「ゴミ捨て場の決戦」と呼ばれる因縁を持っており、互いのチームの監督にとっても重要な一戦でした。また、大会前の早い段階から音駒高校と烏野高校は合宿で顔を合わせており、今の選手たちもそれぞれ、お互いをライバル校として意識していました。合宿を通じて、敵でありながら共に高めあう彼らの熱さに、一読者である私も彼らの公式戦を心待ちにしていました。この対戦は漫画の中でも特に丁寧に書かれており、彼らの心理的な描写や今までの努力、仲間との日々が想像できて涙なしには見られないものでした。結果的に烏野高校が勝ちますが、その時に喜びながらも終わってしまったことに寂しさを感じる烏野高校の面々、悔しいながらも烏野高校をしっかりとたたえ、楽しかったと胸を張って言える音駒高校の面々に、感動しました。
私は作中で音駒高校の主将である黒尾鉄朗が好きです。彼の、飄々とした態度の裏に隠れた努力や葛藤があの強さの源なのだと思います。”