漫画「ハイキュー!!」370話のネタバレと無料読み放題

ハイキュー!!

漫画「ハイキュー!!」370話のネタバレ

2019年10月28日(月)週刊少年ジャンプ48号 発売

370話のネタバレ

舞台は2017年、大学3年生になった谷地は、過去のことを振り返るのであった。

三年生が卒業した年のインターハイ予選は鳥野は伊達工業と決勝で敗れた。

伊達工業は11年ぶりのインターハイ出場の切符をつかみ全国大会ではベスト16だった。

秋には春高全国進出を決め3回戦で再び稲荷崎と対戦したが、3年生になった宮兄弟のまえに惜敗した。

最後の春高では準決勝に進出したが、イタチ山に敗れて全国第3位という結果を残した。

影山は引く手数多の中で、大学には進学せずにVリーグに進んだ。

国内リーグで10代から異例の活躍をして、近々海外リーグへの挑戦も予定してるらしい。

谷地、山口、月島は大学へと進学をしたが、日向は単身でブラジルのリオデジャネイロに居た。

日向は高校2年野時に、卒業したらビーチバレーがしてみたいと言いだした。

それはビーチへの転向ではなく、何でもできるようになるための修行のためであった。

白鳥沢の鷲匠先生の助力もあり、日向はブラジルに期限付きで留学できる運びとなったのだ。

鷲匠は誰よりも自分と似た境遇である日向に期待していたのだ。

2017年のブラジルに場面は移り、日向は高校卒業の日の影山との別れと再会の約束をしたことを回想しつつ、日向はこの日も練習に向うのであった。

「ハイキュー!!」370話の感想(ネタバレ含む)

「ハイキュー!!」370話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代男性
あれから5年という事で一気にワープしたハイキュー!!
2016年にジャパンのユニホームを着ている影山は19歳と恐ろしい子。
センターカラーでは終章とあるので、最後にもう一度2020年東京オリンピックにワープして2人がコンビを組むラストが見えました。

「ハイキュー!!」370話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
2年目以降も描かれるものだと思っていたので、ダイジェストで彼らのその後がまとめられてしまったことがショックです。
これが終章ということで、日向のビーチバレーを通した成長を見届けたらこの物語は終わってしまうのか、としんみりしてしまいました。

「ハイキュー!!」370話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代男性
展開がかなり意外でした。春校で負けてその後の高校バレーのストーリーが描かれるのかと思いきや卒業後の物語に飛んでいました。さらには、バレーがうまくなるためにビーチバレーの修行をすると言う日向らしい驚き展開でした。

「ハイキュー!!」370話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

20代女性
激動の1年生が終わり、まさかの2年生へ突入か!?と思いきや、2.3年生がいともあっさり描かれ、最終章へと突入した。日向は己の技術を磨く為にビーチバレーをしにブラジルへ。影山はVリーグで活躍。この2人がお互いにお互いを尊重し、言葉には出さないけど、再開を当然としている所が胸アツ!これからが楽しみです。

「ハイキュー!!」370話を読んだ感想(ネタバレ含む)5

30代女性
ハイキュー!!終章突入!という春高バレーの準々決勝で敗れた主人公日向翔陽が所属する烏野高校、先々週号では3年生が卒業して数年後のブラジルの街を自転車に乗る日向の姿、一気に数年後、先週号は休載だったので、どんな展開になるのか、開けてびっくりでした。5年後、日向はブラジルリオデジャネイロでビーチバレー、ビーチバレーに転向しちゃうのかなって、思っていたら日向はビーチバレーで修行中でした。しかもライバル高校の白鳥沢の鷲匠監督の紹介で、日向は更に高みを目指してのビーチバレーで修行ということ、ちなみに影山飛雄は高校卒業後、大学へは進学せずに国内トップリーグで活躍、オリンピックの代表になって活躍、更に海外リーグへの挑戦を視野に入れているらしい、月島蛍、山口忠、谷地仁花は大学に進学してしまいます。終章に突入するということで終章ということは終わりも近づくということ、寂しく感じながらも、今後が楽しみで、そしてこれまで登場した澤村大地、菅原孝文、東峰旭、西谷夕、田中龍之介、清水潔子、孤爪研磨、黒尾鉄朗、木兎光太郎らはどうなっているのか、今後登場するのか楽しみです。

「ハイキュー!!」370話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
前回ラストでまさかのブラジル編が始まった漫画「ハイキュー!!」。なるほど、日向はビーチバレーに本気で取り組むために本場ブラジルへ移住していたんですね! 一年時の合宿に勝手に乗り込んだ時の行動力を思い出してちょっと懐かしくなりました。その時とは違って白鳥沢の鷲匠監督がめちゃくちゃ協力的だったり、日向がバレーだけでなく料理に体調管理に語学勉強と色々な事に真剣に取り組んでいたりと、そんな変化や成長が見られたのも感動です。ビーチバレーという選択も、星海のような何でもできる選手を目指そうとするならば理に適った選択のように思えますし。そして影山はやっぱり一足先に日本代表の仲間入りをしていましたね。そんな影山に対して高校卒業時に「またな!」と再会を約束していた日向ですし、鷲匠監督にも「2年だ」と期限を決められていましたから、こうなると日向もいつかは日本に戻って代表入りを目指しそうです。その帰国のタイミングが次週あっさり訪れるのか、それともここから丁寧にブラジル生活を描いていくのかはまだちょっと予想しづらいですが……。星海だけでなく影山の背中を追いかけているのは間違いないと思うので、この終章は代表入りを目指す日向の話になると思うんですよね。そうなると旧烏野メンバーもあまり出番が無さそうなのが少々残念なものの、牛島などのトッププレーヤーがまた代表入りをかけたライバルとして出てきそうです。鷲匠監督もかなり絡んでくるみたいですからね。高校編とはまた少し違った雰囲気が見られそうで、今後の展開に色々と期待が膨らむプロローグでした!

漫画「ハイキュー!!」370話を無料で読む方法

「ハイキュー!!」370話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ハイキュー!!」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ハイキュー!!」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ハイキュー!!」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ハイキュー!!」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓