漫画「ハイキュー!!」358話のネタバレと無料読み放題

ハイキュー!!

漫画「ハイキュー!!」358話のネタバレ

2019年7月22日(月)発売 週刊少年ジャンプ34号掲載 358話

ブロックアウトを避けた月島の動きに沸き立つベンチ。

一度成功したからといって毎回成功するとは限らないが、やってくるかもしれないという選択肢が頭に浮かぶだけで厄介だと言える。]

試合後半になって考えなければいけないことが増えた鴎台は苦戦するだろうことが予想された。

烏野一年の二人は初めての全国、ダブルヘッダーの最終セットを迎えるにも関わらずいつも通り通常運転で試合に望んでいる。

先輩である東峰も今までになく落ち着いて試合に臨んでいた。

一方、やられたばかりのはず鴎台のベンチも飄々として落ち着いていた。

鴎台の監督はイタリアセリエAでコーチをやっていた辣腕で、日本でもV2のチームをV1に押し上げた実績を持つ有能な外国人監督だった。

その監督の指導目当てで鴎台に入ってくる選手も多数いた。

監督の指導で重視することはサーブ、ブロック、メンタルトレーニングの3つ。いつでも良いプレーを行うための思考の仕方を重視し、どんな状況でも強くあることを選手たちに求めた。
最終セットが影山の強烈なサーブで開始される。

鴎台は乱れながらもレシーブに成功しポイントを上げ、嫌な流れを断ち切るのだった。鴎台の選手は全員が今やるべきことの思考の取捨選択に長けており、どんな時でもやるべきことをやる強さを持っていた。

そのため調子を崩すこともなく、追い詰められてパワーアップをすることもなく、ただどんな時でも「普通に強い」チームであった。

しかしそんなチームを前に引っ掻き回したくなるのが烏野というチームであり、日向翔陽である。

「ハイキュー!!」358話の感想(ネタバレ含む)

「ハイキュー!!」358話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
見るとやるでは違いますが、自分も理論的に確実なプレイをしたい方なので鴎台のスタイルには共感するところがあります。ミスをせず無理もせず勝つのがスポーツの理想像であると考えているからです。常勝と呼ばれるチームはどこもそうだと言えると思います。とはいえこれは漫画なので、主人公たちがめちゃくちゃやって逆転することを読者としては期待しています。

「ハイキュー!!」358話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

20代女性
全国大会でも成長を続ける烏野に鳥肌と感動が絶えません。
こんなにハマったスポーツ漫画、青春漫画はありません。
日向や影山のコンビであったり、1年生、2年生、3年生それぞれの思いや成長を見ていて
本当に素敵なストーリーだと思います。
全国優勝をしてほしい!

漫画「ハイキュー!!」358話を無料で読む方法

「ハイキュー!!」358話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ハイキュー!!」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ハイキュー!!」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ハイキュー!!」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ハイキュー!!」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓