グラゼニ パ・リーグ編「漫画コミック単行本9巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

グラゼニ

漫画「グラゼニ パ・リーグ編」9巻のネタバレ

コミック「グラゼニ パ・リーグ編」9巻(2020年7月29日発売予定)

グラゼニ パ・リーグ編の9巻には、81話(2020年4月2日 モーニング18号 発売)〜90話()が収録される見込み。

「グラゼニ パ・リーグ編」81話のネタバレ&感想・考察

2020年4月2日(木)モーニング18号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 81話 パ・リーグは移動で鍛えられる?

つづきはこちらから

81話のネタバレ

ここは宮城球場だった、仙台ゴールデンカップスはシーズン最後に来て迎え撃つことになったらしい。

監督も自宅から球場に通うだけでいい、ゲームに100%集中できると意気込んでいた。

とは打って変わって、逆に前日一泊している札幌パープルシャドウズ。

第1戦、ゴールデンカップスの先発は扇田、パープルシャドウズは佃。

明らかに扇田より1枚落ちる選手を出してきた Purple Shadows。

これは1戦目を捨てると言う作戦なのだろうか。

当然一戦目は、ゴールデンカップスが勝利した。

監督はこれは計算通りのようなことを言っている。

2戦目に力を注ぎ込んだパープルシャドウズ。

ここは5対3でパープルシャドウズが二日目を勝利することになった。

もうこれは地の利を生かすために徹していたのだ。

これでゴールデンカップスは残り3試合仙台で2連戦をすることになった。

監督は絶対に逃げ切ってみせると意気込んでいた。

打って変わって則川は14勝に届いたことをほっとしていた。

夏之介はもう投げないだろうと予想して、タイトルをとったつもりでいたのだった。

81話の感想&考察(ネタバレ含む)

「グラゼニ パ・リーグ編」81話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「グラゼニ パ・リーグ編」82話のネタバレ&感想・考察

2020年4月9日(木) モーニング19号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 82話

近日更新!


「グラゼニ パ・リーグ編」83話のネタバレ&感想・考察

2020年4月23日(木)モーニング21号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 83話 名リリーパ-

つづきはこちらから

83話のネタバレ

優勝の可能性も残る最終戦、扇田は降板して凡田夏之助に指名がかかった。

凡田夏之助は直ちに肩を温めにかかった。

凡田夏之助の今日のボールはそこそこキレがあるようだ。

前回はたったの27球で炎上してしまった凡田夏之助。

この試合の要はそもそも扇屋ではあったのだ。

しかしもしもの時に備えて、普段は先発をやっている凡田夏之助を第2先発で使おうと言う作戦も練っていたのであった。

そこまで凡田夏之助を中継ぎで使いたくなるような展開があったらこの計画はなくなるという。

非常に不確定ではあるが、監督としての采配の見せ場になるところである。

監督は扇田に一抹の不安がよぎらないでもなかった。

あくまで予定としてではあるが、凡田夏之助の第二先発作戦に乗ることにしたのだった。

そして今日に至るのであった。

幸か不幸かここまで中継ぎとして凡田夏之助の出番になることはなかった。

6日前に大炎上した凡田夏之助に全ての命運が託されることになったのである。

4回の裏5対4。

ウグイス嬢はゴールデンカップスのピッチャーの交代をお知らせした。

凡田夏之助は歓声を浴びながらマウンドに立った。

二つのイニング、6のアウトを全力でとる、それが凡田夏之助の使命であった。

83話の感想&考察(ネタバレ含む)

「グラゼニ パ・リーグ編」83話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「グラゼニ パ・リーグ編」84話のネタバレ&感想・考察

2020年5月7日(木) モーニング23号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 84話

近日更新!


「グラゼニ パ・リーグ編」85話のネタバレ&感想・考察

2020年5月14日(木) モーニング24号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 85話 菊水プラス

つづきはこちらから

85話のネタバレ

凡田夏之助はいい意味で予想を裏切ってくれた。

三者凡退である。

球場からも歓声が湧き上がっていた。

2回を投げて無失点、これ以上ない最高の出来である。

心の中でガッツポーズを掲げていた凡田夏之助。

チームのメンバー達も大手を振り上げて祝福するのであった。

凡田夏之助の今シーズンの仕事はこれで完全に終わりを告げるのであった。

監督は作戦がハマったことに鳩が豆鉄砲を食らったような様子であった。

そしてここからの継投が問題である。

ここで思い出していただきたい。

数ヶ月前の話である。

そう、殿の本木が今不調なのであった。

監督は不安がっていた。

ここで使うか…。

凡田夏之助は医務室でテーピングを巻いてもらっていた。

凡田夏之助は自分でももう汚名返上ができたのではないかと思っていた。

後はクローザーの投手である、このクローザーさえうまくいけば勝利は目前である。

しかし一抹の不安もあった。

なんだかんだで凡田夏之助は百戦錬磨のベテランである。

だからこそこのプレッシャーの中これだけのことをやってこれたのであった。

しかしクローザーの3人は圧倒的経験不足である。

菊水は緊張をほぐしてやろうとした。

そうすると逆に緊張して菊水が泣き出してしまうという有様であった。

85話の感想&考察(ネタバレ含む)

「グラゼニ パ・リーグ編」85話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「グラゼニ パ・リーグ編」86話のネタバレ&感想・考察

2020年5月21日(木) モーニング25号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 86話 アマがき第二関門へ…

つづきはこちらから

86話のネタバレ

布川はガッツポーズをしていた。

7回の表を見事0点に抑えて、自分の役割を果たしたからであった。

周りのものからも、ナイスピッチングナイスピッチングとハッパをかけられた。

まだ7回の表だというのにベンチもものすごい盛り上がりである。

前回アマがき隊役目を果たしたコーチもモニターを見ながら涙が出そうになっていたのであった。

ここまでは第一関門クリアである。

次はアマがき隊の第2ピッチャーの本木である。

しかし不安もあった。

本木はここまで絶不調を続けているからであった。

しかしここまでは見事に作戦が全てはまっているという事実。

そして運命の8回の表が来た。

ここまでは一点のリードのままである。

本木自身もこういった状況はは久々だと言っている。

しかしすでにプレッシャーなどなく、開き直っているように見えた。

本木はマウンドに立った。

しかしバッターは四番の尾野である。

凡田夏之助はすでに役目を終えているが、その模様を固唾を飲んで見守っていた。

凡田夏之助から見てもすでに開き直っているように見えるのだという。

ストレッチを始めた本木。

第一球を振りかぶる。

コースはど真ん中ストレートだった。

ホームランを狙いにいくが、なんとバッターのバットは折れてしまった。

86話の感想&考察(ネタバレ含む)

「グラゼニ パ・リーグ編」86話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「グラゼニ パ・リーグ編」87話のネタバレ&感想・考察

2020年6月11日(木) モーニング28号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 87話 パ・リーグの権化

つづきはこちらから

87話のネタバレ

バッターの持っていたパッドが真っ二つに割れてしまった。

それをピッチャーの本木が自ら取る。

ファインプレーでアウト1つである。

凡田夏之助も今の本木はすごかったと言っていた。

そして打順は人は5番に回る。

5番レフトカーロス。

カーロスは左打者。

右対左。

ここはどう攻めるのか。

本木のとった作戦はアバウト作戦であった。

自分の球威だけを信じて目一杯投げ込む。

148キロ位の球が170キロに見えるのだと言う。

カーロスは初球から打ちにいった。

タイミングがあわず空振り。

ワンストライクである。

カーロスは3試合で4ホームランを打っているので当然打ちに行くだろうとベンチの者たちも言っていた。

さっきバットを折ってしまったバッターも強振によるものだった。

第二球を振りかぶって投げる。

でもなんと甘めの球なのに空振りしてストライクになってしまった。

本木はこの何球か全力でアバウトに行くと言う意気込みであった。

そして運命の3球目。

しかしこれはスピードが少し落ちてしまった。

当然全力で打ちに行くカーロス。

しかしなんとこのボールはカットボール。

内側に食い込んできた。

カーロスのバットの根元に当たるボール。

そしてまたしてもバットは真っ二つに折れてしまったのであった。

87話の感想&考察(ネタバレ含む)

「グラゼニ パ・リーグ編」87話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「グラゼニ パ・リーグ編」88話のネタバレ&感想・考察

2020年6月18日(木) モーニング29号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 88話 死んだ投手

つづきはこちらから

88話のネタバレ

ゴールデンカップスの監督は驚いていた。

不調だったはずの本木が三者凡退に打ちとったからであった。

さらに本木の起用を決めたのは監督ではなくてトクさんであった。

ここまではトクの筋書き通りであった。

本木はその頃ベンチのメンバーから激しい祝福をされていた。

あまりの激しい祝福に頭をボコボコにして医務室にいた本木。

緊張の糸が切れたのか、本木は少し横になった。

疲れたのかあっという間に本木は眠ってしまった。

投げ終わったピッチャーはベンチで応援すると言う義務があったのだが本木はやり切って寝てしまった。

この投げ終わった選手も応援しないとダメだと言うのは、ダルビッシュ有も言われたと言うことで有名である。

そして9回の表。

薬丸はバッターをライトフライに打ち取った。

これにてゲームセットである。

5対4でゴールデンカップスの勝ちだ。

監督はトクと固い握手を交わした。

この試合の采配はトクが決めたことが全部当たったからである。

そしてこの試合でゴールデンカップスの今シーズンの試合は全て終了した。

後は西武ドームの結果を待つだけである。

パープルシャドウズVSジャガーズ。

パープルシャドウズの監督は焦り始めていた。

ゴールデンカップスが勝ってしまったため、絶対に負けられなくなってしまったからである。

88話の感想&考察(ネタバレ含む)

「グラゼニ パ・リーグ編」88話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「グラゼニ パ・リーグ編」89話のネタバレ&感想・考察

2020年6月25日(木) モーニング30号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 89話 寝坊した男

つづきはこちらから

89話のネタバレ

本木は昔やっていた野球漫画のようにきれいな顔して眠っていた。

まさかなくなっているんじゃないだろうか?

本木の体を揺さぶってみる。

なんと息をしていないではないか。

しかし未だグラウンドの上では試合中だ。

9回ツーアウトバッター2、3塁。

ゴールデンカップスが勝ったためにパープルシャドウズは負けられなくなったのであった。

バッターは河内だった。

引き分け以上にしないと優勝はない。

パープルシャドウズの監督も河内に神頼みをしていた。

本木はその頃まだ体を揺さぶられていた。

チームドクターはそっと心臓の音を聞いてみた。

するとまだ本木の心臓は動いていた。

びっくりさせるなよと一息つくのであった。

たった1イニング3回投げただけでものすごい人だったのだろう。

それが野球の抑えと言う役目なのだ。

そのこと西武ドームでは河内が弾丸ライナーを打っていた。

解説者もあわやこれはホームランになるんじゃないかと言っていた。

しかしそれは打球をうった河内が1番よくわかっていた。

ドライブがかかってしまったのでフェンスにつき当たる。

しかしそれでもなおランナーは帰ってきて1点を返すことになったパープルシャドウズ。

もう1人のランナーはホームを目指すが、打球が勢い良く書いてしまったため間に合わずアウトとなってしまった。

89話の感想&考察(ネタバレ含む)

「グラゼニ パ・リーグ編」89話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「グラゼニ パ・リーグ編」90話のネタバレ&感想・考察

2020年7月2日(木) モーニング31号 発売

グラゼニ パ・リーグ編 90話 俺がタイトルやる

つづきはこちらから

90話のネタバレ

リーグ優勝したゴールデンカップスはしばしの休息のあと、クライマックスシリーズに備えて練習をしていた。

青空にカンカンとボールを打つ音が響いていた。

練習後には記者会見が行われていた。

ゴールデンカップスのタイトル受賞者の合同記者会見であった。

坪内が最多本塁打。

そして扇田と凡田夏之助が同数で最多勝に並んだのだった。

記者からはそれぞれの気持ちについての質問がなされた。

扇田は正直悔しいと言っていた。

あの試合4回までリードしながら僕が投げたのに、その後凡田夏之助がたった2回を投げたことで勝ち投手になってしまったこと。

しかし今こうして最多勝を分け合ったことでほっとしていることも事実であると。

そして凡田夏之助は今回をのがしたら年齢的に最多勝を取ることが難しくなるので親孝行みたいなものであると。

そうやって扇田は記者会見の会場を爆笑の渦に持っていったのであった。

凡田夏之助はそんな笑いの渦の中で静かに答えたのであった。

僕にとってこの賞はまぐれみたいなもんであると。

しめやかな挨拶が行われたあと、最多セーブ賞の発表になった。

最多セーブは薬丸、最優秀中継は本木。

つまりゴールデンカップスから5人も受賞者が生まれたのである。

90話の感想&考察(ネタバレ含む)

「グラゼニ パ・リーグ編」90話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「グラゼニ パ・リーグ編」を無料で読む方法

「グラゼニ パ・リーグ編」は漫画雑誌「モーニング」に掲載されている作品です。

「グラゼニ パ・リーグ編」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「モーニング」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「グラゼニ パ・リーグ編」単行本も配信!

無料期間でお得に読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「モーニング」340円〜/「グラゼニ パ・リーグ編」単行本648円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、月額基本料金が無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数)
U-NEXTの詳細記事

●漫画「グラゼニ パ・リーグ編」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓