漫画「五等分の花嫁」112話のネタバレと無料読み放題

漫画「五等分の花嫁」112話のネタバレ

2019年11月27日(水) 週刊少年マガジン52号 発売

112話のネタバレ

第112話 最後の祭りが五つ子の場合

五つ子は一緒に後夜祭を回り始めた。

どこに回るかと話ながらどうせバラバラの所を行こうとするのがオチだわと言って「五つ子なのにね」と四葉が言うと「五つ子だからよ」とニ乃が反論するのだった。

そこに五月がお待たせしましたと言って戻ってくる。

風太郎にあのことも伝えられたし、父の件のお礼も言えたという。

そして皆にも改めて「あ、ありがとね!」とお礼を五月が言うと、その話し方にみんなは違和感しかないわと言うのであった。

そして三玖に変装してもらったこともお礼を言うと、三玖はあんなずさんな変装には満足していないと言うのだった。

一花はそれを聞いて「いくら変わったと言っても一般人はあれだけで間違えちゃうんだね」と言うと、みんなは中身が変わっても顔が同じだという。

すると一花はぼそっと「私たちはいつまで五つ子なんだろう」と言うのを五月は側で聞いているのだった。

一花は、風太郎との約束まで時間があるし気分を入れ替えて後夜祭を楽しもうと言い始める。

最終的には全員の行きたいところを順番に行くということでまとまるのであった。

途中で一花は学園祭中に弟がお世話になったみたいと言ってありがとうと声をかけられる。

そして屋台の引換券をお礼にもらうと同時に「弟も応援してるって頑張ってね」と言われて頬をあからめるのだった。

その様子を見てニ乃があんたのファンってことかしらと聞くと、一花は「どうだろう、でもこれがやりがいってやつなのかな」と言って少し笑顔になるのだった。

次にみんなはニ乃と五月がやっていたパンケーキの屋台の前にやって来た。

そこにはもう誰もいなかった。

そこで五月はニ乃に「今日この場所にお父さんが来てくれたのはニ乃のおかげだと聞きました」と話す。

一花や四葉はあの怖いお父さんに立ち向かったのはすごいと言う。

そう言われてニ乃は私だけの力じゃないと言って三玖の方を見る。

そして「あんたたちも立ち向かわなきゃいけない日がくるわ。思ったより近いうちにね」と話すのだった。

最優秀店舗の発表がされる様子を見ながら三玖は「やったね」と四葉に言うと、四葉は「三玖もおめでとう」と言い返す。

そして三玖は「最初はクラスメイトに嫌われないか怖かったけどやるべきと感じたままやり抜いたことを後悔してない」と話す。

四葉は「うん私も同感」と言って「たとえ望んだ結果が出なくても後悔しながら生きていくより100倍いいよ」と答えるのだった。

一花が残るは五月の行きたいところだけどと言うと、五月はお腹を「ぐーっ」と鳴らして「この通りです」と答えるのだった。

すると一花はさっき屋台の引換券をもらったからあげるよと言う。

店につくとポップコーンのメニューがたくさんあって五月は驚く。

どの味にすればと迷う五月だが、店員さんに「もう塩味しか残ってません」と言われてしまい一瞬動きが止まるのだった。

その塩味のポップコーンを受け取って食べながら五月は「基本が一番だと思い知らされます」と言う。それを聞きながらニ乃は改めて五人でいるってめんどくさいことだらけだわと言う。みんなの会話を聞きながら五月は「はい!五つ子で良かったです!」と言う。

四葉は「皆がいたから頑張れた気がする」と言う。

三玖は「この学祭中離れてても皆を感じてた」と言う。

一花は「同じ顔の別の子が頑張ってるってだけで私にもできる気がするんだよね」とニ乃の顔をのぞき込みながら言う。

ニ乃は「今更だわ」と言うのだった。

五月は「五つ子というのはこれからもずっと切っても切り離せないのでしょう。だけどそんな同じ問題を私たちは五人で一緒に持つことができるんです。それはとても幸せなことで私はこう思っているんです。五つ子でよかったと。」と締めくくるのだった。

五人は思い思いに口にポップコーンをほおばりながら笑顔を浮かべるのであった。

「そろそろ時間ですね」と言ってみんなそれぞれに緊張の面持ちになる。

そして五人は手をだしてそれぞれの親指と小指を結び合わせる。

その繋がれた手を見つめる五人の表情はそれぞれの個性を表しているかのようである。

「上杉君、今日の全てが終わる頃、私たちは各々の部屋で待っています。各々の想いを抱えたまま・・・あなたを待っています」そんな思いを胸に、五人は手を離し、各自の部屋へと歩いていくのだった。

「五等分の花嫁」112話の感想(ネタバレ含む)

「五等分の花嫁」112話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「五等分の花嫁」112話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「五等分の花嫁」112話を無料で読む方法

「五等分の花嫁」112話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「五等分の花嫁」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「五等分の花嫁」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓