漫画「五等分の花嫁」109話のネタバレと無料読み放題

漫画「五等分の花嫁」109話のネタバレ

2019年11月6日(水)発売 週刊少年マガジン49号 発売

109話のネタバレ

第109話 最後の祭りが五月の場合①

「これにて旭高校学園祭後夜祭、全てのスケジュールを終了とします。」とのアナウンスを五月は姿勢を正して教室で座って聞いている。

時間は遡って、五月は「本日行われる受験対策の教室というのはこちらであってますか?」と言って塾に来ていた。

自習だけではどうも不安でと言って「目指す夢のため今はできることをしたいと思います」と拳をグッと握りながら話すのだった。

それを聞いて後ろから「こんな暗い世の中では夢を持てるというだけでも一種の才能だ」と話しかけられ、特別講師の無堂先生だと紹介される。

学園祭中も一人で自習していると聞いて風太郎は五月に「勉強ばっかで大丈夫か?友達いる?学校つまんねーなら相談に乗るぞ」と言う。

すると五月は「あなたにだけは言われたくなかった言葉です」と答える。

そして風太郎に

「これだけやってりゃいくらお前程馬鹿でもなにかしらの成果が出ても不思議じゃないが」

と言われて、五月は

「分かりました!それまでに用意した問題集を全て終わらせます」と意地になって怒ってしまうのだった。

一人勉強する五月の所にやって来た二乃にこの量は意気込みすぎだと指摘され、「あんまり無理しないようにね」と言われる。

すると五月は「やっぱり私には分不相応な目標だったのでしょうか」と言う。

二乃はこれでもあんたの夢を応援してるんだと答える。

すると五月は「そうですよね、すみません。少々弱気になってしまってました」と答える。

そして二乃はお父さんに招待状を送ったのだと言い「こういう時に道標になってくれるのが親の役目なんじゃないか」と言うのだった。

そして五月は「親の役目」と言う言葉を聞いて、風太郎が「俺は父親の代わりになろう」と言ってくれたことを思い出すのだった。

一人勉強して断食状態になっている五月の鼻にいい匂いが漂ってくる。

バッとそちらを見ると綿菓子を食べながら「いいねぇ学園祭。十年以上前の記憶が甦ってくるよ」と言いながら前に塾で会った無堂先生がやって来る。

そして勉強している五月に「なんとストイックな!素晴らしい向上心だ!」と言う。

そして五月が先生を目指していると聞いたと言ってそれはどうしてかと聞いてくる。五月は「正直に言うと今まで勉強を避けてきました。

ですが夢を見つけ目標を定めてから学ぶことが楽しくなったんです。

そんな風に私も誰かの支えになりたい」と言うと、無堂は「感動した!なんて健気で清らかな想いなんだろう」と言って拍手を送る。

その言葉に少し救われた気がすると言って五月は母が学校の先生をしていたことを伝えると無堂は「知ってるよ」と言って

「僕は彼女の担任教師だったんだ。君は若い頃のお母さんそっくりだ。歪なほどね」

と言う。そして

「君がお母さんの後を追ってるだけならお勧めしない。歪んだ愛執は五月ちゃん自身を破滅へと導くだろう。まるで呪いみたいにね」

と言われるのだった。

五月は違うと否定するが、無堂は

「そうだと無意識に思いこんでる。それが呪いだ。現にほら君の思いに君自身が追いついていない」

と言うのだった。

そして

「きついことを言ってしまいすまない。でもね僕は五月ちゃんにお母さんと同じ道をたどってほしくないんだよ」

と言い出す。そして

「彼女は僕に憧れて似合わぬ教職の道へと進んだ。最後までそのことを後悔していたよ」

と言うのであった。

それを聞いて五月は「すみません、この後約束があるので私はこれで」と言ってその場を離れようとする。

無堂は慌てながら

「悩んでいるのならいつでも相談にのるよ。きっと君に会った道は他にもあるはずだ。明日も来るよ」

と言うのだった。

三時を過ぎて五つ子は風太郎に呼び出された教室に集まっていた。

乾杯をしてみんなで話す中で五月は口いっぱいにからあげを食べていた。

風太郎は

「誘惑に負けず頑張った方だろ、まさかあれだけの量をこの時間までに終わらせちまうとはな。さすが負けず嫌い。やるじゃねーか、本気なんだな」

と言われて、五月は「ええ」と答える。

家に帰った風太郎に妹があのあと学校で火事があったことを聞いている。

そんな話をしていると父が「ところで風太郎、学園祭で変なおっさん見なかったか?」と聞く。

そして「ヒゲがもさっとした」と言われて風太郎は「上下反対にしても顔になりそうなおっさんか?」と答える。

それを聞いて風太郎のお父さんは「やっぱ来てやがったか」と言って「お前には伝えておいたほうがいいかもな」と言って無堂の事を説明するのであった。

翌日無堂はまた五月のところにやって来た。

くわえていた飴を割る様子は異様にも映る。

「なんのご用でしょうか?」と言う五月に、無堂は「君にいつ打ち明けるか迷っていたんだ」と言う。

そして「君のお母さんは元教え子、さらに元同僚、そして元妻だ。つまり私は、君のお父さんだ」と衝撃の事実を打ち明けるのだった。

「五等分の花嫁」109話の感想(ネタバレ含む)

「五等分の花嫁」109話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「五等分の花嫁」109話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「五等分の花嫁」109話を無料で読む方法

「五等分の花嫁」109話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「五等分の花嫁」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「五等分の花嫁」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓