漫画「五等分の花嫁」101話のネタバレと無料読み放題

漫画「五等分の花嫁」101話のネタバレ

2019年9月11日(水)発売 週刊少年マガジン41号 発売

101話のネタバレ

第101話 最後の祭りが一花の場合①

一花がドラマの撮影をしていたところ、携帯に風太郎からのメールが届いていた。

それは学園祭の初日15時に教室に来てくれ、と言う内容だった。

学園祭の最中になんの用だろうと思いながらも変な期待をして顔が赤らんでしまう一花であった。

学園祭初日、仕事がなくなったから学校に来てみたが、すぐに本人とばれてしまい、二乃の姿になってみるが、二乃本人が学園祭のオープニングで目立ってしまっていたためにここでも声をかけられてしまい慌てて走って逃げることになる。

これを被ってろと制服を頭からかけてくれたのは風太郎だった。

そこで一花は風太郎からメールをもらったからと答えるが風太郎は五人に一斉送信してしまったと言われてしばし固まってしまう。

一花はなんのために五人を集めたのかと聞くが、特に用はないと言われてしまう。

大事な話があるのかと思って来た、そして告白の返事はまだでしょうと風太郎に問いかける。

そんな時、一人迷子になっている男の子に出会う。

彼はショー君と言い、二人でお母さんを探そうとするがその子は泣きだしそうになってしまう。

が、そこは長女の経験を活かして子供を笑顔で上手に褒めてあげる。

その子はお姉ちゃん見たことあると言って、この前キスしてた人だと言われてしまう。

キスという言葉に反応した風太郎を見逃さずに一花は風太郎君だって経験済みだもんね、と詰め寄る。

風太郎本人は事故だと思っていると言うが、全員が五月の変装をしていたから相手が誰だったかは分からないと答える。

そうこうしている所にショー君のお母さんが表れて無事に引き渡すことができた。

するとお母さんに一花だと気づかれてしまったので、そそくさとその場を去ろうとする。

15時を過ぎて6人で集まって別れたあと、風太郎は一花をタクシーまで送っていった。

そこで風太郎は五人とも好きだとみんなの前で伝えたのだが、仕事があると返事を聞きに来られないかもしれないから今答えを聞いちゃだめかなと尋ねる。

すると分かったと言った風太郎の口から出てきた言葉は「誰も選ばない」というものだった。

「五等分の花嫁」101話の感想(ネタバレ含む)

「五等分の花嫁」101話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「五等分の花嫁」101話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「五等分の花嫁」101話を無料で読む方法

「五等分の花嫁」101話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「五等分の花嫁」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「五等分の花嫁」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓