GIANT KILLING「漫画コミック単行本54巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

GIANT KILLING

漫画「GIANT KILLING」54巻のネタバレ

コミック「GIANT KILLING」54巻(2020年3月23日発売)

GIANT KILLINGの54巻には、528話(2019年9月12日 モーニング41号 発売)〜537話(2020年1月9日 モーニング6号 発売)が収録された。

 

「GIANT KILLING」528話のネタバレ&感想・考察

2019年9月19日(木)モーニング42号 発売

GIANT KILLING 528話

つづきはこちらから

528話のネタバレ

アジアカップもついに準決勝!!日本対オーストラリア!!

前半45分、日本は2点を先生!!いい雰囲気かと思われたが、なんと同じ前半のうちにオーストラリアに2点を返されてしまう!

しかもそのためにはうち1点は、前半45分が終わろうとしている間際のこと…。一番気がゆるみがちな時間帯に、1点を献上してしまうという失態である。

これに対して、解説者やスポーツ雑誌の記者たちは口をそろえて、なにも成長していない、やっぱり駄目か、とかさんざんなことをいっていた。

やはり、フィールドの上の日本も同じ雰囲気かと思いきや、何やらみんなで集まっているではないか。

あとわずかの時間帯に後ろでボールをまわして終わりかと思いきや、何か秘策があるというのか…。

実は、日本はいまは逆にオーストラリアが気がゆるんでると判断して、このチャンスに仕掛けようとしていた。

試合再開!!たしかに読み通り、オーストラリアにそこまでの気迫を感じない!!

タテパスで一気にゴールそばまで仕掛ける日本!!

ボールは与木にわたり、クロスをあげる!

アレックのヘディングシュート!!

キーパーに防がれるが、アレックはそのまま押し込もうとすることに!!

こぼれ球を窪田が決めて逆転!!

と思われたが、なんとアレックのファールでノーゴールとなる…。

528話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「GIANT KILLING」529話のネタバレ&感想・考察

2019年10月24日(木)モーニング47号 発売

GIANT KILLING 529話

つづきはこちらから

529話のネタバレ

連載再開!!って銘打つほど期間空いてたっけか?一ヶ月くらいか?

なにげにモーニング連載陣も粒ぞろいになってきて、ほかのマンガも読みたいと思うが、はたしてそんな日はやってくるのかという状況である。

ざっくりおさらい!!

アジアカップ準決勝前半は2対2で終えた。

スコアだけみると振り出しに戻っただけのようにみえるが、2点リードしたあとに2点とられるといった醜態はおおくのサポーターとスポーツ記者、解説者などを失望させた。

やっぱり日本はなにも成長していないしダメかと。

岡村隆史風にいえば、誹謗中傷ビラまき状態である。

しかし、前半がおわる間際に、相手ゴールをねらうという日本らしからぬプレーも飛び出した。

あくまで現実のサムライジャパンとくらべてだがな…。

そしてハーフタイムへ。

窪田の前半終了間際の攻めは結果としてノーゴールだったが、日本代表メンバーを鼓舞させるには充分なプレイだった。

後半は絶対に勝ち越せる、そんな自信でみんながみなぎっていた。

そして鼓舞されたのはスタメンだけではない。控えの選手もだ。

花森がなにやらナルシストなことを言っている。

花森ということをかみ砕くと、この試合はこの中で一番いい動きをしている20番と23番が決めるという…。

529話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「GIANT KILLING」530話のネタバレ&感想・考察

2019年10月31日(木)モーニング48号 発売

GIANT KILLING 530話

近日更新!


「GIANT KILLING」531話のネタバレ&感想・考察

2019年11月7日(木)モーニング49号 発売

GIANT KILLING 531話

つづきはこちらから

531話のネタバレ

まず今月のモーニングでおどろくべきことが二個もあるんだが、少しずつ書いていくとするか…。

あ、それとは別にかわぐちかいじ先生原作のサガラも復帰したそうで、もともと濃かったラインナップがさらに特濃ブルドックソースみたいになっているのである。

以下はGIANTKILLINGの531話のネタバレである。

 

アジアカップ準決勝、日本vsオーストラリア。

日本は二点リード!!

からの~~二点返される失態!!

ハーフタイムのあいだに監督からも叱咤激励がはいる。

いや叱咤はなかったね。

激励だけだったね。

そういやこの前の27時間テレビでワールドカップ予選ではずしまくる野人岡野に、岡田監督がKOROSUぞっていってたってのきいてびっくり。

なんか知ってる人には有名な話らしいけどね。まさに時効というか…。

んで、監督によれば、前半は相手チーム、オーストラリアをリスペクトしすぎたからだよ、もっと自分たちをリスペクトしなくちゃといっていた。

これはヒップホップのマナーにも通じるなかなかにいい言葉である。

いよいよ後半開始!!

やはりオーストラリアは手堅い防御力を持ってして開始早々オーストラリアのペースじ見えた。

しかしそれは違うとスポーツ記者は言う…。

531話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「GIANT KILLING」532話のネタバレ&感想・考察

2019年11月14日(木)モーニング50号 発売

GIANT KILLING 532話

つづきはこちらから

532話のネタバレ

このGIANTKILLINGの前にOL進化論が載ってるんだが、アンパンネタで笑った。タイムリーすぎるだろ。

時期的にタシロさんのあとにかいたのかもしれないが、さすがに沢尻エリカまでは予想出来なかったであろう。

以下はGIANTKILLINGの532話のネタバレである。

アジアカップ準決勝も後半戦にはいっている。

スコアは2対2だ。このスコアは相手チームをリスペクトしすぎたことによるものだと監督はハーフタイムのあいだに語っていた。

自分たちをリスペクトするべきだと監督はいってみせる。ヒップホップマナーに通じる考えだ。

クボタのナイスカットからつなぐのは…椿だった。

椿はダッシュダッシュダッシュと翼くんばりのキックエンドダッシュで中央を突破する。

後ろからオーストラリアの選手も迫ってきているが、今の俺なら振り切れるとアスリートの様相を見せる椿。

椿は今、あぶらだこのようにランニングハイ状態なのだ。

なんと椿はそのままオーストラリアのディフェンダー振り切って、ゴール前まで到達してしまった。

オーストラリアのゴールキーパーのベイカーと1対1だ!!どうなる!!

532話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「GIANT KILLING」533話のネタバレ&感想・考察

2019年11月21日(木)モーニング51号 発売

GIANT KILLING 533話

つづきはこちらから

533話のネタバレ

アジアカップ準決勝、日本vsオーストラリアの後半戦開始。

出だしはオーストラリアの鉄壁の防御にはばまれたサムライイレブンだったが、椿とアレックがチャンスをつくる。

しかしそれはオーストラリアの鉄の壁、GKのベイカーはばまれてしまった。

現在は与木とベイカーが接触してしまったので、治療のために試合を一時中断しているらしい。

オーストラリアのボールから試合は再開した。

現在のオーストラリアと同様、放り込みサッカーに徹してくるオーストラリア。しかしこれは現在はともかく実際に日本がこうした攻撃に弱いのは衆知の事実だ。

日本の身体的特徴である高さが足りないことを存分につかれている。

今度は城島さんのとこあたりに放り込まれるようだ。

城島さんは田辺よりもさらに身長は低い。そこを狙ってくるのである。

しかし、そんなに簡単にやられる城島さんではない。

タイミングとポジショニングをあわせてオーストラリアのフォワードに競り勝つ!

オーストラリアをあおる城島さん!

まるでDABOにお前の用心棒も図体ばかりデカいただのでくのぼうとディスったMSCの漢のようであった。

アレックの推測ではオーストラリアのセンターバックはスタミナ切れがちかいというが……。

533話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「GIANT KILLING」534話のネタバレ&感想・考察

2019年11月28日(木)モーニング52号 発売

GIANT KILLING 534話

つづきはこちらから

534話のネタバレ

アジアカップ準決勝、日本対オーストラリアはすでに後半戦だ。

前半終了間際にオーストラリア点を決められるという、体感的にはこの光景何百回見たんだよ…といういつものパターンで観客やスポーツ記者たちを大いに失望させた。

しかしハーフタイム監督から、相手チームではなく自分自身をリスペクトしろというハッパがかけられた。

交代したメンバーの身長差をいいことに、ほうり込みサッカー一辺倒にしてくるオーストラリアだったが、タイミングを合わせたジャンプで見事に対応してみせる。

切り込む日本だったが、江田のシュートは宇宙開発に終わった。

それをみた観客はともかく、フィールドの戦士たち、サムライブルーはこんなことで意気消沈はしない。攻めの手はやめないと関西弁でアレックが鼓舞してみせる。

というのも、日本はあるオーストラリアのウィークポイントに気がついていたからだ。それはオーストラリアのセンターバックのスタミナ切れはじめているということだった。

さらにオーストラリアの3番はイエローカードをもらっている。攻めるには好機なのだ。

しかし監督から苦言も入る。相手のセンターバックとキーパーの好プレイでピンチをしのいでいる。こういったことから流れが向こうに傾くこともあるぞと…。

534話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「GIANT KILLING」535話のネタバレ&感想・考察

2019年12月5日(木)モーニング1号 発売

GIANT KILLING 535話

つづきはこちらから

535話のネタバレ

アジアカップ日本対オーストラリア後半戦。

日本は冷静にオーストラリアのセンターバックのスタミナが切れてくるだろうと判断して、そこをつくことにした。

フィールドで怒号が聞こえる。

なんとオーストラリア陣営で選手同士で揉めているではないか。

揉めているオーストラリアの選手はサリバンとコヴァルだった。

さすがに試合中に味方の選手同士で揉めるスポーツなんかみたことがない。

日本代表もやはりそこをついて機は熟したと判断する。

このタイスコアをくつがえすのは今しかないと。

オーストラリアの監督陣もこの事態を収束させるための修正プランを練りはじめていた。

サリバンとコヴァルがいつまでもこの試合にフィットしないようなら早めに手を打たなければならないと。

オーストラリア陣営はベンチメンバーのアップを早めた。

監督、コーチたちはサリバンとコヴァルとはあきらかにちがう考えを持っていた。

スタイルに関係なく勝たねばならないのだ。

そして舞台は再びフィールドの中へ。

オーストラリアは相変わらず放り込みサッカー一辺倒のようだ。

ジョーこと城島さんは集中して狙われる。

ついにボールも競り負けて奪われてしまうが、ここは攻撃側にファールが入ったようだ。

それを見ていた日本のカメラマンも試合に何かが起こる気配を感じていた‥。

535話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「GIANT KILLING」536話のネタバレ&感想・考察

2019年12月12日(木)モーニング2・3号 発売

GIANT KILLING 536話

つづきはこちらから

536話のネタバレ

ウオオオとサッカースタジアムに歓声がとどろく。

先ほど試合中に揉めていたサリバンがボールを前に運んでいる。

日本もどうやらこのサリバン一人に振り回されているようであった。

サリバンにディフェンダーがふたりつく格好になる。

しかしゴール前、ボールはサリバンからハミルトンにわたってしまった。

これでハミルトンとキーパーの星野と一対一になってしまう。

これは絶望的か‥‥と思ったすんでのところで、江田のブロックが入った。

ボールはラインを割っている。オーストラリアのコーナーキックであろう。

ただ今は江田のナイスブロックに歓声がわく。キーパーの星野の江田の活躍を大絶賛している。

志村にも檄がはいる。ここまでオーストラリアに入り込まれた要因を作ってしまったからだ。

しかしこのコーナーキックをしのげば、逆にカウンターアタックも狙える。

さらにオーストラリアキッカーは利き足が左。

ボールをいい意図に放り込むのは難しいという見込みもある。

運命のコーナーキックが放たれた。

しかしここは長身のオーストラリアのマグレガーに対してアレックがうまく対応した。

ボールはオーストラリアへ、ピンチが続く。

左からのクロスからマグレガー、星野はボールを弾くが、サリバンが押し込んだ。日本逆転される‥。

536話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「GIANT KILLING」537話のネタバレ&感想・考察

2020年1月9日(木)モーニング6号 発売

GIANT KILLING 537話

つづきはこちらから

537話のネタバレ

アジアカップ準決勝、後半。

ついに日本は逆転を許してしまった。

ハーフタイムの間に修正はできたはずの日本。

しかし、やはり大一番に弱いと揶揄される日本、それは変わらないのかとスポーツ記者たちを絶望させるには十分過ぎる3点目の献上であった。

スポーツ記者たちはアレックがハムストリングをやってしまったことに気がついている。

記者たちの見立てでもあの様子ではアレックは退場せざるを得ないとの見解だった。

北野アレックはフィールドを去る前にサムライブルーたちにメッセージを残した。

この試合は窪田と椿がキーマンになると言われたことは忘れるなよと‥。

窪田と椿はイマイチどう返事していいかわからないようだが、二人ともケツイを固めた。

それを見て、花森さんも認めてくれたようだ‥。

花森はサムライブルーたちにハッパをかけた。

今の失点はアクシデント、自分たちはダメージなど食らっていないと強がって見せる一同。

まだまだここから巻き返す闘士はあるようだ。

アレックが去った今、チームを鼓舞する者、それは花森なのかもしれない。

プレーは先ほど得点を決めたサリバンが負傷、ならびにアレックもおそらくはここで交代ということで、しばしプレーはストップしている。

ブラン監督は夏木陽太郎の起用を下した‥。

537話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「GIANT KILLING」を無料で読む方法

「GIANT KILLING」は漫画雑誌「モーニング」に掲載されている作品です。

「GIANT KILLING」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「モーニング」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「GIANT KILLING」単行本も配信中!

無料期間でお得に読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「モーニング」340円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、月額基本料金が無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数)
U-NEXTの詳細記事