漫画「映像研には手を出すな!」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

\映像研には手を出すな! 最新6巻 2020年10月21日(水)発売予定/ 

漫画「映像研には手を出すな!」

漫画「映像研には手を出すな!」を無料で読む方法

『映像研には手を出すな!』は、『月刊!スピリッツ』(小学館)にて、2016年9月号より連載中!

ここでは「映像研には手を出すな!」を完全無料で読む方法をご紹介します!

U-NEXT

「映像研には手を出すな!」単行本配信中↓

電子書籍配信サービスである「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!


完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数)
U-NEXTの詳細記事

漫画「映像研には手を出すな!」配信一覧表

サービス名 配信の有無 完全無料可 詳細ページ
U-NEXT ◯(映像研には手を出すな!・単行本) U-NEXT詳細
FOD ◯(映像研には手を出すな!・単行本) FOD詳細
music.jp ◯(映像研には手を出すな!・単行本) music.jp詳細

配信一覧表最終更新日 2020年3月25日
※無料お試し期間などを利用して、完全無料でも漫画を読めるかを示します。

漫画「映像研には手を出すな!」のあらすじ・人物紹介など(ネタバレ含む)

漫画「映像研には手を出すな!」【あらすじ】

『映像研には手を出すな!』 単行本【第1巻】あらすじ

芝濱高校の浅草みどりと金森さやかは同じ学校にカリスマモデルの水崎ツバメがいることを知る。追われた水崎を助けたことから意気投合した三人は好きなアニメを作るため映像研究同好会を立ち上げた。三人はまず部室や机などの備品を確保したがとにかくお金がなかった。何も実績のない映像研は部費がもらえず苦しい台所事情であった。そこで彼女たちは短編アニメを作り始める。予算審議委員会で自作アニメを上映して認めさせれば学校から部費が出てさらに制作が続けられるのである。そして審議委員会が始まり会場では生徒会の厳しい審査が続いていた。映像研に対してもアニメ研と活動がカブっていることや過去の騒動が持ち出された。黙っていた浅草がタンカを切り、ついに自作アニメが上映された。

【第1巻】の※ネタバレはこちら

『映像研には手を出すな!』 単行本【第1巻】ネタバレ

アニメが大好きな女子高生・浅草みどりは、金もうけが好きな友人・金森さやかとアニメ研究会の発表会を見に行く。そこで意気投合した水崎ツバメは、アニメーター志望の少女だった。親から部活動を禁止されている水崎のために、金森は新しい研究会の設立を思いつく。映像研究会を立ち上げた3人は、部への昇格を目指し、委員会を納得させるための動画作りにとりかかる。道具が揃った小屋を見つけて、泊まり込みで作業を進める浅草たち。意見の食い違いや作業の遅れといったトラブル乗り越え、なんとか動画を完成させるが、委員会は当日になって発表を中止させようとする。しかし、上映された動画を見た生徒たちは、その完成度の高さに驚くことになるのだった。

『映像研には手を出すな!』 単行本【第2巻】あらすじ

部へ昇格した映像研に、ロボット研究会からの依頼が舞い込む。文化祭で上映するロボットアニメを作って欲しいというのだ。しかし、ロボットアニメの制作には膨大が作業が必要であり、一筋縄ではいかない。金森が調達したパソコンとタブレットを使い、浅草と水崎は作業のスピードを上げていく。ロボットアニメの矛盾に戸惑ったり、動きのクオリティに悩んだりしながらも、なんとか締め切りを守ってアニメを完成させる3人。文化祭当日、スクリーンに映し出された映像研のアニメは、再び多くの生徒を驚かせることになる。その中には、部活動に反対する水崎の両親の姿もあった。アニメに対する娘の強い想いを知った2人は、ついに部活動を認めるのだった。

【第2巻】の※ネタバレはこちら

『映像研には手を出すな!』 単行本【第2巻】ネタバレ

近日更新予定

漫画「映像研には手を出すな!」【人物紹介】

浅草みどり

迷彩柄のハットとリュックがトレードマークの女子高生だが、一般的な女子高生のイメージからは程遠く、言動は常に少年のよう。引っ込み思案で、他人と話すのが苦手だが、興味を惹かれるとのめり込むタイプであり、戦車やロボやメカなどの機構にも非常に詳しい。アニメ制作を夢見ているが、一人では実行できず、空想を膨らましては頻繁にイメージボードを描きまくる日々を送る。しかしひょんなことから、プロデューサー的役割を得意とする金森さやかと組むことになり、本格的にアニメ制作に乗り出す。金森は金銭感覚や現状分析、更にディベートにも長けており、浅草みどりにとっては全幅の信頼を寄せられる上、言いたいことが言える貴重な存在だ。そして更に二人は、モデルでありながらアニメーターを志望する水崎ツバメを勧誘し「映像研」という部活動を開始する。金森にハッパをかけられながら、浅草みどりと水崎ツバメは独特な世界観をもったアニメ映像を制作していく。

水崎ツバメ

芝浜高校の一年生で、役者の両親を持ち、実家がとても裕福でお嬢様な水崎ツバメ。浅草や金森からは、よく金銭感覚のズレや独特の価値観を指摘されることもあるが、分け隔てなく誰にでも優しい明るい性格の持ち主。女子高生にカリスマ的な人気を誇る読者モデルでもあり、両親や周囲からは女優として活躍する姿を楽しみにされている。一方で、水崎自身の夢はアニメーター。幼少期からモデルの練習中でも、スケッチブックに人の動きを描き続けるなどアニメーターになるべく熱心だった。そのため、キャラクターの動きを描く事を得意としていて、観察眼の鋭さには光るモノがある。しかし、アニメ研への入部を両親に反対されてしまう。それでも諦めなかった水崎は、偶然出会った浅草や金森と一緒に、アニメを制作するべく映像研を立ち上げ参加していくのだった。

金森さやか

映像研の中では一番の長身で、おでこにかけた眼鏡がトレードマークとなっている。頭の回転が早く、映像研の中ではツッコミ担当だがたまに毒舌になったり、基本的に敬語で話しているが荒々しい口調になったりするなど二面性を持っている。話術に優れているので、自分よりもかなり年上の大人を説得してやり込めることもある。アニメに関しての知識は持ち合わせていないものの、マネジメント能力があるので映像研を上手くまとめている重要な存在である。利益の出ないことは意味がないと思っていて、お金への執着心が半端ではない。しかしこのお金への執着心はさやかの幼少時代の出来事と関連があるらしい。食堂のコロッケと音曲浴場の瓶牛乳が大好物。

過去話の好きなエピソード・感想など

2020年1月10日 更新分

「映像研には手を出すな!」へのコメント(ネタバレ含む)1

近日更新!