漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」 67話のネタバレと無料読み放題

漫画「EDENS ZERO」67話のネタバレ

2019年10月30日(水)発売 週刊少年マガジン48号 発売

67話のネタバレ

第67話 愛する者

ついにシキがホムラの前に紅婦人を連れてきた。

その場にいた紅婦人に苦しめられていた人々は口々に自分達で紅婦人を締めてやろうと言い、手を出そうとする。

しかしシキは「こいつをどうするかはホムラに任せてくれねーかな」とみんなに提案する。

反対する声が上がる中、ポールは

「紅婦人をここまで連れてきたのはこの小僧だ。少しぐらい顔を立ててやってもいいんじゃねーのか?それにホムラはあのヴァルキリー様の一番弟子であり紅婦人の娘。裁く権利は十分あるだろ?」と言う。

それに同意してホムラに任せることになったが「任せたからには責任を持って裁いてほしい。

同情なんかで許しちまうようじゃ困る」と言ってホムラに決断をゆだねる。

紅婦人はホムラに「若い頃のアタクシにそっくりです。大きくなりましたね。縄をほどいてくれませんか?あなたをだきしめさせて。」と言う。

何も答えないホムラに紅婦人は「何とか言ってくださいなホムラ、確かにアタクシはいくつもの過ちを犯しました。ですがあなたの事は片時も忘れた事はありません」と言う。

するとホムラは持っていた人形を取り出した。

それはヴァルキリーに「母上からもらった物ゆえ」と話していた人形だった。紅婦人は「なんですか、それは」という。

ホムラは紅婦人に「覚えていませんか。私とあなたを繋ぐ唯一のものです。そのつながりも絶たれてしまったようでございます」と答えた。

そしてホムラは刃を振るおうとする。

その様子に紅婦人は「助けて、お願い、まだ死にたくない」と泣き顔を見せる。

しかしホムラは「あなたのせいで死んでいった人たちもみんな同じ気持ちだったハズでございます」と強い眼差しを向ける。

しかしいざ切ったのは手を縛っていた縄だけだった。

その行動に紅婦人は「アタクシをゆるしてくれるのですね!ああ、なんてやさしい子なのでしょう!!」と言う。

しかしホムラは「許すわけではございません。許さないわけでもございません。私はあなたに興味がないのです」と言って両手をついて頭を下げて話し始める。

「この世に私を産んでくれた事には感謝いたします。ただしそれ以外の感情は持ち合わせておりませぬゆえ。我が師は私に母が必要だと思いあなたを捜しに行きました。ですが私に必要だったのは母ではありませんでした。必要だったのは愛する者でございます」と言う。

そして

「たとえ実の母であっても愛がなければ必要ありません。たとえ他人であっても機械の体であっても愛があれば必要な存在なのでございます。私にとってはヴァルキリーこそが愛する必要な存在だったのです。なのであなたに対しては怒りも恨みも同情もございませぬゆえ、一刻も早くこの場を立ち去っていただきたく存じます」と言う。

最後に

「これからの私の人生に金輪際関わらぬようお願い申し上げます、心より」と今の気持ちをはっきりと告げる。

この期に及んでその場から逃げた紅婦人だが、そこにはセドリック達が待ち構えていた。

そして紅婦人に「イカレたババアだ。そしてこれからはおれたちのペットよ」と言うのであった。

ホムラはヴァルキリーの前に座り、持っていたぬいぐるみを置く。

そして

「このぬいぐるみが母とのつながりならばあなたに受け取って欲しいゆえ。あなたは私の師であり友であり、母だった。今までお世話になりました母上」

と言ってヴァルキリーの額に自分の額をあて、満足したように微笑むホムラであった。

「EDENS ZERO」67話の感想(ネタバレ含む)

「DENS ZERO」67話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「EDENS ZERO」67話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「EDENS ZERO」67話を無料で読む方法

「EDENS ZERO」67話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「EDENS ZERO」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓