漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」 58話のネタバレと無料読み放題

漫画「EDENS ZERO」58話のネタバレ

2019年8月28日(水)発売 週刊少年マガジン39号 発売

58話のネタバレ

第58話 沈黙の再会

5年前、惑星サン・ジュエルでヴァルキリーはホムラの母、クレナイ・ユウゲツを見つけた。

彼女は労働区の囚人の一人になっていた。

モルド男爵という好色家がここの支配者で首輪をつけられているので逃げられないと話す。

ヴァルキリーはその首輪を外せる者、盗賊のポールを連れてきていた。

ホムラが待っているから一緒に帰ろうとヴァルキリーはクレナイに話すが、自分には借金がありそれを返さないとホムラが狙われると訴える。

それを聞いてヴァルキリーはポールにクレナイの首輪を私に移せと話し、その借金分は自分が稼ぐという。

それをクレナイは一度拒みながらも、ヴァルキリーは再度ホムラの元に戻るようクレナイに懇願する。

このご恩は忘れないと言いヴァルキリーはクレナイの身代わりとなる。

それから2年、ポールからヴァルキリーは思ってもいなかった話を聞く。

それは実はクレナイがあの後ホムラの元には戻らず、モルド男爵に取り入って正妻になっていたというのである。

そしてただ正妻になっただけでなく、モルド男爵を暗殺しこの星全ての権力を手に入れてついには紅婦人と名乗っていると言うのである。

その話を聞き、ヴァルキリーは悪人には人間もアンドロイドもないと怒りに震え、ポールに自分の首輪を外すように命令する。

その時、採掘現場から爆音が響いてくる。

それは、紅婦人がもっとメタルを採掘しろと命令したことで、鉱石生命体(ストーンズ)を無理矢理刺激したことから起こった暴走であった。

そのことにますます怒るヴァルキリーであるが、みんなには居住区の防衛に回らせ、自分にはクレナイを開放した責任があるからここを一人で食い止めるといい、その場に留まり闘いに挑む。

その様子を見て紅婦人は高笑いをしている。

戦いを終え、力尽きようとするヴァルキリーの脳裏に浮かんだのはホムラの「師匠の事が大好きゆえ」という言葉であった。

それに対して答えていなかったとヴァルキリーは「私もおまえを愛している」と思いながら最後の微笑みを浮かべたまま、動きを失いその場に膝をついている。

そしてホムラはようやく、その姿のままそこで力尽きたヴァルキリーを目にし、真実を知り涙にくれるのである。

「EDENS ZERO」58話の感想(ネタバレ含む)

「DENS ZERO」58話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「EDENS ZERO」58話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「EDENS ZERO」58話を無料で読む方法

「EDENS ZERO」58話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「EDENS ZERO」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓