漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」 57話のネタバレと無料読み放題

漫画「EDENS ZERO」57話のネタバレ

2019年8月21日(水)発売 週刊少年マガジン38号 発売

57話のネタバレ

第57話 機械の母

時は遡り、10年前の惑星オオエド、ヴァルキリーという機械を師匠と呼ぶ少女がいた。

強くなって私が師匠を助けたいのだと話し、恥ずかしくて口には出せないけれど師匠のことが大好きだからだと片足を上げてバランスを取りながら話している。

団子を二人で食べながら、師匠はそのぬいぐるみをずっと持っているが大切な物なのかと少女に尋ねると母上からもらったと答え、母上が私を見つけられるようにずっと持っていると言う。

その二人の様子を見て町人は、あれが噂のロボットであるとひそひそ話をする。

それを聞いて少女は「母上ではない、私の師匠である」と思ったことを口にしてしまう。

そこがいいところだとヴァルキリーが褒めると少女はブイサインをしてにっこり微笑み返す。

それから5年がたち、ホムラと呼ばれる少女はお前の母ちゃんはかっこいいからオレ達にくれないかと絡まれてしまう。

するとホムラは母上ではないし、ものでは無く心があり、ふざけたことを言うなと怒りを伝えるが、その絡んできた侍は自分の親父は町の役人だからあくまでもヴァルキリーを渡せと詰め寄る。

その態度に怒りをあらわにしたホムラは手を上げてしまった。

そしてついには裁判所にヴァルキリーとともに出頭させられてしまう。

しかしそこはお奉行様が子供同士の喧嘩だから穏便に済ませたいと言い、謝罪を述べればそれで罪には問わないと言い渡される。

ヴァルキリーはホムラに師匠として謝るように命じるのだが、ホムラは師匠を侮辱したから謝るのはそちらのほうだと言って謝ろうとはしない。

子供の喧嘩に呆れたお奉行様はヴァルキリーに母親の真似事などやめるように進言する。

裁判所からの帰り道でもホムラは悔しいと言って母親にもらった人形をぎゅっと抱きしめているのを見てヴァルキリーは何も言えなくなってしまう。

そのことをきっかけにヴァルキリーはホムラの母親、クレナイ・コウゲツを探すことに決めたのである。

「EDENS ZERO」57話の感想(ネタバレ含む)

「DENS ZERO」57話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
子供の頃のホムラの生活を描く回になっていました。師匠と呼ぶヴァルキリーは実は母ではなく機械です。ですがまるで人間のような感情を持ってホムラに接していたようです。元々ヴァルキリーはホムラに母親がいないと思っていたようですが、本当はお金を得るために戦争が始まる前にこの国を出たと聞きます。二人は血のつながった親子ではなかったですが、周りからは本当の親子のように見えていたと想像されます。それから数年の時を経て、ホムラがとある事件に巻き込まれ裁判所に出向くことになってしまいます。そこでもホムラはなかなか態度を軟化させず謝ることをしないのですが、そのことでお奉行様からヴァルキリーは母親の真似事はやめるように言われます。そしてその時のホムラの様子を見てどうしてもホムラの母親を見つけてやりたいと思うに至ります。ヴァルキリーは母親探しを始めるためにホムラの元を離れます。その時に事情をホムラに伝えるために手紙を残していきますが、それがホムラの目に止まることがなかったことで二人にはすれ違いが生じたようでした。
子供のころからなぜかホムラが語尾に「ゆえ」をつけて話すのがとても気になります。これはどこから来たのでしょう。そして話し方にとどまらず、子供の頃のホムラは髪型と言いい、なんともとても可愛らしいです。ヴァルキリーが思わず母親としての気持ちを抱いてしまったのも分かるような気がします。

「EDENS ZERO」57話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「EDENS ZERO」57話を無料で読む方法

「EDENS ZERO」57話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「EDENS ZERO」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓