EDENS ZERO(エデンズゼロ)「漫画コミック単行本12巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」12巻のネタバレ

コミック「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」12巻(発売日 未定)

EDENS ZERO(エデンズゼロ)の12巻には、96話(2020年6月3日 週刊少年マガジン27号 発売)〜104話(2020年7月29日 週刊少年マガジン35号 発売)が収録される見込み。

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」96話のネタバレ&感想・考察

2020年6月3日(水) 週刊少年マガジン27号 発売

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 96話 少年の記憶

つづきはこちらから

96話のネタバレ

シキとドラッケンの間にワイズが割って入って来た。ワイズはアーセナルの姿で「こいつはオレがやる」と言う。後ろでシキが驚いている。ワイズは「おまえが…!!!」と言って攻撃を始める。ワイズの攻撃を受けながら、ドラッケンは「銃弾などいくらでも他の物質へ変えられる」と言うが、ワイズは攻撃の手を止めない。

 60年前、惑星ノーマ。病室でたくさんの機械に繋がれながらピーピーと音が鳴り続けている。少年は「母さん…」と不安げにベッドに寄り添っている。医師達が「病名が分からないだと?」「ええ…どれだけ検査しても全く病原体が見つかりません」「じゃあ…この患者の衰弱は何なんだね!!」「今までに例がない症状でして」「“命が…吸われている”としか表現のしようが…」「そんなレボート医師会で発表したらとんだ笑い者だぞ!!」「先生…!!調べたところ同じような症状の患者が過去に4件!!全員原因不明の衰弱により死亡」と話しているのを少年は耳にしてしまう。病室にもどりベッドの隣で顔を伏せている。「ワイズ…」と言って口に当てられていた酸素マスクを外す。「ワイズ」と呼ばれた少年は「母さん…」と声をかける。横たわっている母は「よく聞いてワイズ…私がいなくなっても…強く生きるのよ」と声をかける。ワイズは涙を浮かべて「やだよ!!そんな事言わないで!!!絶対助かるよ!!」と言い張る。しかし母は「あなたは友達つくるの苦手だから…少し心配してるの…」と話を続ける。ワイズはベッドに顔をうずめて泣きながら「やめてよ母さん!!死んじゃやだぁ」と言う。母は「淋しくない。この宇宙にはもう一人“母”がいる…みんなの母。私やあなたや全ての人々の母“マザー”」と言って息絶えたのだった。

 ワイズは「おまえが殺したんだ!!!」と叫んで攻撃を続ける。シキは「ワイズ…?」と疑問に思う。ドラッケンは「何の話か知らねェがオレのモットーを教えてやろう。オレは人を殺さない」と言う。しかしワイズは「自分の養分にする為に生かしてるだけだろーが!!!」と叫んで攻撃をする。ワイズは脚にキュインと力をこめて「あの後、ノーマじゃオレの母さんみてーに原因不明の衰弱死…つまりおまえに命を吸われて死んでいった人が数十人…おまえの身勝手な行動がどれだけの人を苦しめたか…思い知れ!!!」と言ってガキィンと拳に力をこめる。しかしドラッケンはその拳をガッと受け止め「思い知るのはテメェの方だ。オレの恐怖をなァ。オレは物質を変化できる。そんな全身物質でオレに近づくとどうなると思う?」と言ってカッと力を加える。シキは「ワイズ!!!スーツを脱げ!!!」と叫ぶが、間に合わずドゴォンと爆発が起こる。ワイズは「ぐあああっ!!!」と言って吹き飛ばされて丸裸にされてしまう。ドラッケンは「オレは敵を必ず調査する。調べてたら思い出したぜ。おまえ、大昔にオレの金を盗んで腕を切ってやったガキだろ。おかしいなァ、まだくっついてるじゃねえか、その腕」と言って右手にキィンと力をこめて、再びワイズの腕を切り落とそうとする。

 昔、ワイズとシビルが話していた。シビルが「…で、そのペンダントがお袋さんの形見って訳か」と言うと、ワイズは「こんな話をしたのはおまえが初めてだ」と答えた。シビルは「ずいぶん値が張りそうなペンダントだなぁ」と言うと、ワイズは「母さんは若い頃、色々な星を旅する冒険家だったらしくてな。どこかの星で見つけてきたものらしい」と言って手の中にあるペンダントを見つめる。シビルは「で、オメーのその不気味な力はいつ頃から」と聞くと、ワイズは「母さんが死んだ後オレは一人ぼっちだった。友達が欲しくて中古のロボットを買ったんだ。そしたらそいつが物知りな奴でな。3年かかったけど、この力を教えてくれた」と言って左手をすっと出して見つめる。シビルは「オメェ、機械に機械を改造する技を教わったのか」と聞く。するとワイズは「ああ…その力…最初はうまく使えなくてな。まず師匠をぶっ壊しちまった」と答える。それを聞いてシビルは「最低だなオメェ」と言う。二人は一緒に大声で笑い合った。その後、ワイズが「あのペンダントをどうした!!?シビル!!!」と血相を変えてシビルのところにやって来た。シビルが「あ?何の話だよ」と聞くと、ワイズが「とぼけるんじゃねぇよ!!!盗んだだろ!!!」と言って怒り出した。ワイズは「あの話はおまえにしかしてねぇ!!!」と言うが、シビルが「だからオレが盗んだってのか?バカバカしい」と言い返す。その時、ざわざわする中に一人震えが止まらない人物がいる。ワイズはその人物には気づかず「返せ!!!大事なものなんだ!!!返してくれ!!!」とシビルに詰め寄る。シビルは「オイ!!いくら窃盗団でもよォ、仲間の物盗んだりしねーぞ」と言い返す。ワイズが「おまえ、きたねえ事平気でするじゃねーか」と言うと、シビルは「これ以上はいい加減にしろや、てめェ。証拠もなく仲間を疑うからには…」と言うと、ワイズは「おまえなんか仲間じゃねえよ!!!」といってシビルを睨みつけた。その言葉にシビルはピクっとなる。ペンダントを盗んだとみられる男はその場からスゥーっと去っていく。シビルは「出てけ」と言う。ワイズは「その前にペンダントを返せ!!!」とまだ言っている。シビルは「知るか…このガキを追い出せ」と言う。ワイズは「ふざけんなよシビル!!てめぇ!!!」と叫ぶがみんなに腕を掴まれて連れていかれる。シビルはワイズの方を振り向かずに「友達だと思ってたのによォ」と言う。ワイズは「オレに友達なんかいねぇ!!!憶えてろよ!!!次はてめえの大切なモンこっちが盗んでやる」と言ってしまったのだった。

 ドラッケンが切りかかる間一髪のところで、シキがワイズの腕をつかんで宙に飛んだ。シキは「少しは頭冷やせよ。やみくもに戦って勝てる相手じゃねぇ」と声をかける。ワイズは顔をそらして「余計なお世話だ」と言うが、シキは「それをするのが友達だろ」と笑いかける。ワイズは少し照れたような表情を浮かべる。シキは「まともに戦って勝てる相手じゃねぇけど、2人で力を合わせればきっと勝てる。行くぞワイズ」と声をかける。それに対してワイズも「ああ」と返事をする。ドラッケンは「くだらねぇ。友情など最も無駄な感情の一つ。貴様等など…」と言ったところで、ごふっと咳こんで、その場にがくっと座り込む。

 ハーミットが「ハッキング完了!!!ドラッケンのエネルギーを逆流させる!!!」と言ってタァンとキーボードを叩く。すると街の電気が徐々に消えていく。街のみんなは停電かと驚く。ドラッケンの生命維持装置と思われる機械の前で、シビルが「こ…これでどうなるんだ?」と聞く。アミラは「予想通りならドラッケンは弱体化するハズ」と答える。ピーノは「ご主人今です!!!」と言って嬉しそうにピョンピョン飛んでいる。ドラッケンは「おおおおおお」と叫んでいる。シスターが「ドラッケンのエーテルが下がっているぜ」と指摘する。ウィッチが「やりましたね、ハーミット」と声をかける。しかしハーミットは「確かに弱体化はしてるんだけど、何か…様子がおかしい…」と疑問を抱く。ワイズとシキの目の前でドラッケンの姿が変わっていく。ボゴッボゴッと膨れ上がり、ドラッケンは巨大な化け物になったのであった。

96話の感想&考察(ネタバレ含む)

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」96話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」97話のネタバレ&感想・考察

2020年6月10日(水) 週刊少年マガジン28号 発売

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 97話 今がその時

つづきはこちらから

97話のネタバレ

ドラッケンの姿がゴゴゴゴゴと変化していく。シキはそのドラッケンを見て「何だコリャあ、怪物!!?」と驚く。ドラッケンは「おおおおお」と叫びながら、ドドドドドとますます巨大になっていく。シキは様変わりした目の前の様子に「どうなってんだ!?」と思う。

 ドコンドンッドゴオンと轟音が響いている。シスターは「何が起きたんだハーミット!!!」と聞く。ハーミットは「エーテルが暴走してる!!!」と答える。シスターが「弱体化してんじゃねぇのかよ」と聞くと、ハーミットは「弱体化はしてる!!!けど…!!これは予想外だった!!」と言って機械の操作を続ける。そしてハーミットは「ベリアル・ゴアには人から生命力を吸収する小さな装置がいたる所にあるの。それが逆流した事で蓄積されていた生命エネルギーがドラッケンのエーテルと変な融合をして」と説明する。シスターは「よく分からねぇがマズイって事か」と口をはさむと、ハーミットに「分かってるなら騒がないでくれる!?」と言う。

 その時「エデンズ ゼロ緊急離陸します!!」と鳴ってエデンズ ゼロがドゴォっと浮上を始める。シスターは「おいテメェ。クソ魔女!!!シキたちをおいてく気か!!!」と怒る。ウィッチは「いいえ、もう一つ問題が起きてる…私たちで対処します」と言う。ハーミットは画面を見て「何…!?この高エネルギー反応!!!紅の眼(サテライトプレイズ)!!!ドラッケンが紅婦人から奪った破壊兵器よ」と言う。シスターは「ここに撃つつもりか!?」と動揺する。ウィッチは「いいえ射角から予想すると…」と言ってどこに撃ち込まれるかを予測する。

 ドラッケンの周りの者たちが「予備電源きました!!すぐにシステム復旧を!!!」と叫び声をあげる。そして画面を見て「こ…これは…!!!紅の眼が起動している。なぜ!!?」と驚く。そして目の前の画面から何かがメキメキと音をさせて伸びて来る。画面にはゆがんだドラッケンの姿が映り「邪魔な…ノアを…殺す…さあ…撃て…」と言っている。そしてドラッケンは「そして…おまえ…たちの命…をよこせ!!!」と言ってその場にいた者たちの「うあぁあ」と言う最後の叫び声が響き渡る。ウィッチは分析を終え「狙いはブルーガーデン。この出力…星ごと破壊するつもりね」と言う。シスターは「オレたちで止めるって訳か!!」と言う。「シキたちの方はどうするの!?」とハーミットが言うと、ウィッチは「信じるしかないわ、魔王様の力を…」と答える。

 ドラッケンの生命維持装置の所にいたみんなの上にどんどん破壊された物が落ちて来る。アミラは「なんなの!!なんなのこれ!!!逃げるわよ!!!」とみんなに声をかける。ピーノは「あれ?ジンさんはどこに?」とジンの姿を探す。そのピーノの上に大きな破片が落ちて来る。シビルが「あぶねぇ!!!」と叫んで、ピーノの上に覆いかぶさり助ける。ピーノは「あ…ああ…ああ」と恐れで震えている。シビルは「大丈夫か、ちっこいの」と声をかけるが、ピーノは「あああああ…」と恐怖で固まってしまい言葉を話すことができない。シビルは頭をかいて「よく分からねぇがずいぶん嫌われちまったみてーだ」と言う。ピーノが「い…いえ…」と返事をした瞬間ピーノの頭の中にワイズが「あんな奴でもオレを救ってくれた奴なんだ」と話している姿が浮かぶ。ピーノは「メモリーの異常を検知。記録されていないワイズさんの言葉が…」と今起きたことに驚く。アミラに「もたもたしてるとおいてくよ」と言われて、ピーノはシビルに「あの…ありがとうございます」と感謝を伝える。シビルはコクッとうなづいて笑いかける。ピーノはその場から逃げながら「後でメモリーをチェックする必要がありそうです」と思う。

 レベッカが「何これ!!」と伸びてきた触手のようなものに驚く。ハッピーが「レベッカー!!うわー」と叫びながら、その触手にぎゅるるとつかまってしまう。ハッピーが捕まったことに気づいたレベッカにもその触手が伸びて来る。そして「見つけた…見つ…けた…ぞ。30号…」と言ってレベッカの腕に絡みつく。レベッカは「この声…ドラッケン!!」と驚く。みるみる内にその触手はレベッカの体中に巻きついてくる。ドラッケンは「その力…をよこせ…今すぐ…よこせ…よこせ…よこせ…」とレベッカに迫っていく。その時ホムラがザンっと現れ、触手を切り刻む。ホムラが「この気持ち悪いモノは何なのだ!?」と言う。するとその触手に顔のようなものが多数あらわれ、それらが「オレはドラッケン・ジョー。よこせ。オレは不死者(アンデッド)。命をよこせ…力をよこせ…オレは…よこせ!!」と叫び出す。その様を見てレベッカたちは「こわっ」と思い、ホムラは「ドラッケンだと!!?」と驚く。

ドラッケンの本体は「オレは…全ての人間の命を吸い…生き残る…邪魔をスルナ!!!」と言って地面をドンと殴りつける。すると地面がドゴゴゴォと動き、シキとワイズはぶわっと投げ飛ばされる。ドラッケンはバッと手をかざし力をこめてシキとワイズをバリバリと攻撃する。また2人は吹き飛ばされる。ドラッケンは「よこせ…命…よこせ…力を…いや殺す。よこせ命…」と叫び続けている。シキは「こいつ…」と言い、ワイズは「もう意識が…」と思う。そのワイズは触手の直撃を受ける。次にシキもガァンと触手に殴り飛ばされる。ドラッケンは「殺す…よこせ。オレは生きる。殺す。オレの命となれ。よこせ…」とただその言葉だけを繰り返している。シキは跳ね飛ばされてハァハァ息をはいて体が動かなくなっている。ドラッケンは触手でシキを指差して「おまえはキャットの鍵。そうだ…ノアが言っていた…おまえを殺せばキャットが覚醒すると。キャットはオレのものだ」と言って触手の先端をカキカキと変形させて銃の形にしていく。レベッカの体には「力をよこせ」と言って触手がめり込み始める。ホムラも触手につかまり身動きが取れなくなっていく。シキは目の前に銃口をガキンと当てられて「いつか必ず、おまえを倒す。そして友達のいねぇおまえの友達になってやる」と言って自分が涙を流している自分の映像を見る。「え?」と言うシキの目の前で銃弾が放たれるが、その銃弾はシキに向かって飛んでは来ず、下に落ちていく。レベッカが見た前の世界で自分が銃弾に倒れ、仲間のみんなが泣いている姿まで見えたのである。シキは「“いつか”なんてねーんだよ」とドラッケンに言われたことを思い出す。そして「今がその“いつか”だ」と言う言葉を口にする。と同時に今度はシキの姿が変わっていく。シキは「オレはもう…友達を泣かせない」と言って新たな姿になって立ち上がる。 

97話の感想&考察(ネタバレ含む)

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」97話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」98話のネタバレ&感想・考察

2020年6月17日(水) 週刊少年マガジン29号 発売

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 98話

近日更新!


「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」99話のネタバレ&感想・考察

2020年6月24日(水) 週刊少年マガジン30号 発売

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 99話

近日更新!


「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」100話のネタバレ&感想・考察

2020年7月1日(水) 週刊少年マガジン31号 発売

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 100話

近日更新!


「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」101話のネタバレ&感想・考察

2020年7月8日(水) 週刊少年マガジン32号 発売

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 101話

つづきはこちらから

101話のネタバレ

惑星グランベルにやってきたエデンズゼロのクルーたち。
ここで明らかになったんは四煌星には外宇宙の記憶が全くないと言うこと。
そして、ピーノは街中に横たわるロボットを見つけます。
その中にはシキが知るミトラや城主様がいました。
さらに、街の奥に向かったシキはマイケルを発見。
シキやレベッカはロボットの機能停止はウイルスによるものと思いましたが、ハーミット曰くエーテルの枯渇が原因でウイルスは全く関係ないと思っていました。
そこでログを調べて始めますが、映像に映ったのはジギーがロボットたちにシキを宇宙に連れていくという話をしていました。
続いて、レベッカがグランベルにやってきたのでシキを宇宙に連れていくために人間の敵を演じることを決行するという話になりましたが、それを知ったシキは泣き始めました。
映像が終わり、シキのもとにジギーが現れました。
ジギーの生存と再会をを喜ぶシキでしたが、ジギーはいきなり彼らを攻撃してきました。
止めようとしてしきはジギーに近づこうとしますが、力を強めて重力で押し潰すジギー。
そして、ジギーは機械生命体が人類を支配することを宣言。
そこにはエデンズワンの姿がありました。
そして、ジギーはピーノを勧誘しようとしました。

101話の感想&考察(ネタバレ含む)

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」101話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」102話のネタバレ&感想・考察

2020年7月15日(水) 週刊少年マガジン33号 発売

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 102話

つづきはこちらから

102話のネタバレ

自分を呼ぶジギーに対して困惑するピーノ。
そして、ジギーの指示に逆らえないというピーノの秘密が明らかになった途端ピーノはジギーの元へ。
さらに、システム再起動や人物ファイルの削除を始めようとします。
ジギーは演技をしていると思っていたレベッカと、その話を信じようとしたシキでしたが、ジギーは再び重力で攻撃。
崩れ落ちるグランベルの街。
崩れたことによりできた穴にレベッカやホムラが落ちてしまいますが、シキやワイズ(アーセナル)が救助します。
そして、シキはピーノを説得して無事我に返すことに成功しますが、ピーノの想いを知ったジギーはエデンズワンに乗ってグランベルから脱出します。
それを追うためにエデンズワンに乗った一同。
艦内ではグランベルの地に降りたハーミットとシスターやウィッチが口論。
その最中にエデンズゼロの館内のモニターにエデンズワンに乗るコナーの姿が現れます。
コナーの姿をみたレベッカは、なぜ彼が乗っているのか不思議に思っていました。
続いて、ジギーが画面に表せますが、彼は魔王四黒星というハーミットたち魔王四煌星の上位互換機を披露します。
魔王四黒星を見て驚く四煌星の3人。
そんなシキにとジギーの考えは真っ向から対立していました。

102話の感想&考察(ネタバレ含む)

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」102話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」103話のネタバレ&感想・考察

2020年7月22日(水) 週刊少年マガジン34号 発売

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 103話

つづきはこちらから

103話のネタバレ

ジギーの行動に混乱するシキ。
一方、ジギーはコナーにエデンズゼロの撃沈を指示。
一度は拒否しますが渋々了承して攻撃を開始。
まずはエーテル砲を撃ってきたのでエデンズゼロはシールドで防御しようとしますが、威力が高く貫通してしまいダメージを受けてしまいます。
回避した後にウィッチは式に攻撃命令を求めますが指示を躊躇したので突進してきたエデンズワンから緊急回避。
しかし、再び攻撃をくらってしまいます。
シキは離脱することを決めたので、アンチエーテル機雷の弾幕を利用して離脱しようとしますがコナーには考えがバレバレだったので追ってきます。
そこでスコーピオンミサイルを放つものの全弾迎撃されてしまい、エデンズワンから小型戦闘機(ビー)が放たれました。
対してエデンズゼロも無人戦闘機を射出しますが、この宙域にやってきたウィザードの攻撃ですべて破壊されてしまいました。
そして、エデンズワンが主砲を放とうとしますが、エルシーのスカルフェアリー号がビーを破壊してくれたことよりエデンズゼロは回避に成功。
一方、エルシーの登場によりエデンズワンはこの宙域から去って行きました。
宙域を去るエデンズワンに安堵するエゼンズゼロの一同のもとにエルシーから連絡が来ますが、その内容はジギーの件で話したいことがあるのでエデンズワンに向かうというものでした。

103話の感想&考察(ネタバレ含む)

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」103話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」104話のネタバレ&感想・考察

2020年7月29日(水) 週刊少年マガジン35号 発売

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 104話

近日更新!

漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」を無料で読む方法

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

「週刊少年マガジン」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「週刊少年マガジン」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」単行本も配信!

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「週刊少年マガジン」300円〜/「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」単行本453円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓