Dr.STONE(ドクターストーン)「漫画コミック単行本18巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

Dr. STONE(ドクターストーン)

漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」18巻のネタバレ

コミック「Dr.STONE(ドクターストーン)」18巻(2020年11月4日発売予定)

Dr.STONE(ドクターストーン)の18巻には、152話(2020年6月1日 週刊少年ジャンプ26号 発売)〜160話(2020年8月3日 週刊少年ジャンプ35号 発売)が収録される見込み。

「Dr.STONE(ドクターストーン)」152話のネタバレ&感想・考察

2020年6月1日(月)週刊少年ジャンプ26号 発売

Dr.STONE(ドクターストーン) 152話 Z=152 DOCTOR VS DOCTOR 

つづきはこちらから

152話のネタバレ

ゲンが単身敵陣に潜り込んだ状況で、敵アジトが遠目に見える位置で様子を伺っているクロムとコハクは、ペルセウスで待機する千空たちに無線を飛ばす。クロムが状況を伝えようとした瞬間、無線傍受の可能性を疑う千空は余計なことを喋らないように待ったをかける。千空は最低限の情報だけのやりとりだけでゲンが一人で潜入したことは確認し、発信位置が特定されないうちに無線を切ってしまう。その後すぐ再び無線を受信し、出るとそれは敵科学者ゼノからの通信だった。ゲンの嘘により日本の科学者は大樹だと思っているゼノはドクター大樹との通話を望む。アメリカ側は火薬を作り出すことの出来るハーバーボッシュ工場をすでに完成させており、戦力差はいかんともし難いため、素直に投降し人手不足のアメリカに仕えることを提案する。人手不足という情報から、アメリカ側は復活液を完成させていないのであろうと千空たちはうががい知る。日本の人数から復活させる方法を持っていることを想像するゼノはその情報を求めるが、日本側は当然拒否し、交渉は決裂する。無線が切られるとすでにペルセウスの上空にはアメリカ側の飛行機が飛んでおり、場所をアメリカ側に把握されてしまう。対抗するために鹵獲した飛行機を修理する計画を立てるも、飛び立つための滑走路さえ無い状態のため、まず千空は空母を作ることを宣言するのだった。

152話の感想&考察(ネタバレ含む)

「Dr.STONE(ドクターストーン)」152話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
相手にいるのは科学使い率いる人類だった! 今まで科学の差で勝ってきたがそれさえ… だがまだこちらにアドバンテージが残っている。Dr大樹が逆ハックに応答してちょいバレたな。逆にこちらが欲しい物も相手側に揃っている…科学創作合戦が始まる!!まずは空母だ!

「Dr.STONE(ドクターストーン)」152話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代女性
武力が上の司帝国 未知の技術がある宝島 その次は既存の科学の力が上のアメリカ 同じ人間相手でもこうもバリエーションを変えてくるとは。アメリカの復活者は千空くんや大樹くんみたく『3700年意識を保っていて硝酸をかけられた』人達と。 流石に0から復活液を作れる人間はそんなにいないか。 他の国ではどうなのかな〜。

「Dr.STONE(ドクターストーン)」153話のネタバレ&感想・考察

2020年6月8日(月)週刊少年ジャンプ27号 発売

Dr.STONE(ドクターストーン) 153話  WAR GAME

つづきはこちらから

153話のネタバレ

先ずは科学の速攻戦。前回スタンリーは科学のリーダーの暗殺者を簡単そうにできるよといった。司が銃を悪用したときに言ったセリフに通じるものがある。絶対ともいえる自信と、確固たる実力があるためこのようなセリフを言うことができる。また、マシンガンで船を転覆させたり、野獣の獣たちとの接近戦をしたりといった実績もあるため、その自信につながっているのだと考えられる。今回の作戦としては情報の力に優れたスイカと羽京に潜入させて、安全な侵入経路を確保して、それから司と凍月が捕らえるというもの。同時に出発の場合科学のリーダーが優勢である。一方ドッグファイトが始まる。戦闘機による格闘戦である。スタンリーはほかのところでたたっているため実質この場面での主役は龍水となった。ゼノは圧倒的戦力を持っている。そしてセンクウたちに勝ち目はないと考えている。しかしそれでもセンクウたちを自らの王国に入るよう説得した。やはりかなりの人手が不足している様子である。ゼノはセンクウ達とは違い自力で石化ら脱した人物である。普通の人物では石化を解くのに2000年もの歳月がかかる。その年月をかけて石化を解いたゼノ。彼の試行回数は常人の思考能力を逸していた。そして硝酸つまり復活駅の謎について触れる。

153話の感想&考察(ネタバレ含む)

「Dr.STONE(ドクターストーン)」153話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
マグマたちの暴走は1秒で制圧w 警戒すべきは敵の先制攻撃、既に位置はバレているからこそ行動しなくてはならない! だが敵にも同等の頭を使うものがいる…! 決まった作戦は両サイドとも同じ、大将の首を速攻の少数部隊で獲る!! 残ったメンバーは科学クラフトだ!!

「Dr.STONE(ドクターストーン)」154話のネタバレ&感想・考察

2020年6月15日(月)週刊少年ジャンプ28号 発売

Dr.STONE(ドクターストーン) 154話

近日更新!


「Dr.STONE(ドクターストーン)」155話のネタバレ&感想・考察

2020年6月22日(月)週刊少年ジャンプ29号 発売

Dr.STONE(ドクターストーン) 155話 SCIENCE IS ELEGANT

つづきはこちらから

155話のネタバレ

前回はゼノとセンクウには接点があることが判明した。ルーナと話す中でセンクウはゼノの正体に気づく。元NASAの科学者で始まりのロケットの師匠科学の師匠であったゼノ。NASAにいた時期はまだ明らかになっていないため、そこがポイントになりそうだ。一方スナイダーはペルセウスから遠距離意から大樹を狙撃し用としていた。距離の把握とターゲットの特定を目的としてルーナが侵入します。センクウの狙いは情報を探るためにあえてルーナを船に乗り込ませていたのです。冷徹になり切れないルーナをいいことにセンクウは悪役のような顔をしながら利用を試みる。その狡猾さはルーナの純粋な優しさを目の前にアドとなりそうな予感がする。ゲンには現在たくさんの見張りがついている。連絡は無線などを考慮するとかなり難しい。描写においてこの状況で絶望というよりは、何か策があるような雰囲気を漂わせて笑みを浮かべるゲン。この状況の打破の鍵はゲンが握っている様子です。ゲンは何かと多芸に秀でていて器用です。このような局面でも巧みな話術や手の技量でごまかしていけるため、かなり底知れなさを相手も感じている様子。そして化学物質が周辺にあり、これをセンクウは狙っている様子。次回話はさらに展開されそうである。

155話の感想&考察(ネタバレ含む)

「Dr.STONE(ドクターストーン)」155話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代男性
敵の女性が科学船に偽装潜入! 標的を甲板に誘いだす予定だが、「大樹」が誰か分からない・・・と思いきや偶然叶った!ww 更に千空がどストレート尋問w 綺麗な顔の意味ないww 懐柔するならまずは飴! ソフトクリームを科学製作! そして語られる敵の科学者とは……!!

「Dr.STONE(ドクターストーン)」156話のネタバレ&感想・考察

2020年6月27日(土)週刊少年ジャンプ30号 発売

Dr.STONE(ドクターストーン)156話 Z=156 二人の科学者

つづきはこちらから

156話のネタバレ

センクウとゼノの過去の交流が明らかになった。そしてロケットつくりに行き詰まった10歳のセンクウは世界の科学者に質問メールを送り、NASAの科学者だったゼノはそれに答えたという過去があった。これにより二人の交流が始まる。ゼノはセンクウに対して科学とは力で、人を支配することができる。そしてセンクウは科学による世界征服など興味はなくあるのは宇宙の秘密だけだという。センクウらしい感想でゼノをにやけさせます。再びさらに運命が交わることになった、ゼノとセンクウ、先ずは「互いに様子見から始まりました。そしてひとまずの情報収集により、ルーナからゼノの情報を引き出すということが考えられました。今後はゼノの闇落ちやホワイマンのつながりが情報操作のテーマとなっていくよう。ゼノとセンクウの数奇な出会い、そしてゼノはしっかりとセンクウの師匠をしていた。しかし同時に独裁者でもある。そして心情の変化と連動して徐々に服が黒く染まっていく。この相関関係が大切なキーとなってきた。ドクターストーンは誰が作ったのか、その行方に触れる場面も少し考察できる程度に描かれていた。そしてこのありかたとして支配する武力を優先するか、協力する人力を優先するか、センクウとゼノの対比が綿密に描かれていた。

156話の感想&考察(ネタバレ含む)

「Dr.STONE(ドクターストーン)」156話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
Dr.ゼノとまさかこんな因縁があったとは。これもし千空の名前がゼノに知れた時点で千空が科学のトップだってバレるんじゃないか?しかし千空の師匠的な存在だったか。思想はまるで違うようだが。育ての親2人とその子。とてもいい回だった。

「Dr.STONE(ドクターストーン)」157話のネタバレ&感想・考察

2020年7月6日(月)週刊少年ジャンプ31号 発売

Dr.STONE(ドクターストーン) 157話 Z=157 同じ刻(とき)同じ場所で

つづきはこちらから

157話のネタバレ

石化前日から石化が解けるまでのゼノにスポットが当たる。ゼノは石化しても生きられるとアメリカのVIPに伝えた。これによりスタンリーや瑠奈たちは意識を保つことができた。そんな中ゼノのVIP仲間である。スタンリーとの関係性、ルーナの正体、カルロスが持っていたプラチナなどの謎が発生した。そんな中ゼノは石化してもツバメが生きていることを知る。アメリカのVIP達を集めてそれを話そうとしていると、突如石化抗戦が降り注ぐ、そんなときでもスタンリーに対して意識は絶対飛ばさないようにとゼノは主張する。数千年間同じことを考えつ図けて復活を遂げた、センクウとゼノ、二人の因縁は大変歴史が感じられると共鳴していた。ゼノのスタンリーとの出会いについての謎が発生する。そしてルーナの正体やゼノの仲間である、スパーヒーローたちが登場すると考えられる。現在の状況でセンクウ達はいっぱいいっぱいの戦況である。この一同の予想が当たれば、これ以上敵を対処しきれずに戦況が悪化する恐れがあった。そんなピンチを予測するセンクウ、しかも相手はゼノなので、科学の力も見通されてしまう。かなり不利な戦況にセンクウ達がこれからどのように立ち向かっていくかがポイントとなる。

157話の感想&考察(ネタバレ含む)

「Dr.STONE(ドクターストーン)」157話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
やはり石化は脳のエネルギー消費によって解かれるのか。千空とゼノ。似て非なる2人の科学者か。

「Dr.STONE(ドクターストーン)」157話の感想&考察(ネタバレ含む)2

40代男性
Dr.ゼノ、石化前夜の時・・・既にゼノは燕の石化に着手していた。 その燕の石化という突拍子もない、だが信頼できるデータの出所はもちろん…! 千空が『あの時』ガソリンを作っていたのも調べるためだった 国の英雄たちが集まる祭典で、彼らは『あの光』を目撃する…!!

「Dr.STONE(ドクターストーン)」158話のネタバレ&感想・考察

2020年7月13日(月)週刊少年ジャンプ32号 発売

Dr.STONE(ドクターストーン) 158話

つづきはこちらから

158話のネタバレ

千空とゼノは同じ頃に石化から目覚め、千空は人を活かす科学を作り続け、かたやゼノは人を殺す科学を作り続けていたのだった。
ゼノたちが目覚めた時、スタンリーによる号令を聞いた周りにいた特殊部隊の面々も次々と目覚めていた。そして近くで号令を聞いていたカルロスも同じように石化から目覚めていた。カルロスは復活すると石化前に口に含んでいた指輪を吐き出す。指輪の素材はプラチナで出来ており、石化復活してすぐプラチナを手に入れたゼノはすぐに硝酸の大量生産に入り、科学による武力で治める世界を目指し始めた。ゼノの科学力と幼馴染であるスタンリーの銃の腕でその世界は着々と築かれていたのだった。
一方船上では、石化装置が対ゼノの切り札になるのではないかと話し合いが持たれていた。ゼノという有能な科学者ならば、超化学兵器である石化装置を無視出来るはずがなく、それが例え電池切れだとしてもハッタリのカードになるのではという考えだった。
ルーナは千空がゼノの名前に反応したことで、知り合いなのではないかと疑惑を持っていた。考えを巡らせていると、ターゲットである大樹があっさり近くにやってくる。しかし指差した相手が殺されるというプレッシャーでどうしても指差す事ができない。それでも手に入れた情報だけはと口パクで「せんくう」という言葉は伝えることに成功する。メッセージを受け取ったマックは暗号通信でゼノにその名前を伝える。通信は暗号化されていたものの、ルーナの怪しい動きの直後に通信が行われたことを察知した龍水は、近くにゼノの一味が潜み、狙撃を狙っていることに気付く。
もうその頃にはスタンリーはルーナの怪しい挙動から、どの人物が大樹かを見極め、狙撃準備に入っていた。しかしそこに千空の名前を聞いたゼノから、日本の科学リーダーは石神千空であり、影武者である大樹への狙撃を中止するように連絡が入る。ゼノも同じように日本の科学者である千空のことを覚えていたのだった。しかしスタンリーの銃口はすでに大樹の頭に向いており今にも狙撃しようとしていた。

158話の感想&考察(ネタバレ含む)

「Dr.STONE(ドクターストーン)」158話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「Dr.STONE(ドクターストーン)」159話のネタバレ&感想・考察

2020年7月20日(月)週刊少年ジャンプ33・34号 発売

Dr.STONE(ドクターストーン) 159話

つづきはこちらから

159話のネタバレ

大樹はニセのドクターで、本物のチート科学者の正体が千空だと気が付いたゼノ。
スタンリーの距離からはペルセウスでの会話は聞くことが出来ないが、録音した通話記録から身体的特徴の把握は可能だとするゼノは、平均化関数の定義域の広さから声動長比を算出し、人体の平均身長に割り当てると、千空の身長は5フィート7〜8インチ、19歳
男性だとスタンリーに伝える。
一方、龍水の咄嗟の叫びでペルセウスの甲板はパニックに陥っていた。
狙撃計画がバレたと、思わずスタンリーが潜伏する方向を向くルーナ。
標的を3人に絞ったスタンリーは素人集団の中、冷静に対処する男性を発見。
ついに炙り出された千空。
船の前方に身を隠した千空だが、それこそがスタンリーにとっては絶好のヒットポイントだった。
最後にもう一度ゼノに狙撃の可否を確認するスタンリー。
ゼノは一旦は考えるが、自分と異なる未来を描く千空を殺しても構わないと最終的に許可をする。
ついにスタンリーから発射される弾丸。
千空は調理台の下から葛粉を発見し、ダイラタンシー流体の特性を活かした盾代わりに身構える。
しかし、スタンリーの弾丸はペルセウスの側面を破壊して、そのまま千空を直撃するのだった。

159話の感想&考察(ネタバレ含む)

「Dr.STONE(ドクターストーン)」159話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「Dr.STONE(ドクターストーン)」160話のネタバレ&感想・考察

2020年8月3日(月)週刊少年ジャンプ35号 発売

Dr.STONE(ドクターストーン) 160話

つづきはこちらから

160話のネタバレ

凶弾に倒れる千空。スタンリーは木から飛び降りて、「敵の科学リーダー」を仕留めたと発言。見張りとしてマックスとカルロスを置いて一人帰っていくのだった。

ルーナを含め、船上のメンバーは千空が殺されてしまったと大混乱!その中で龍水が「狼狽えるな!」と叫び、メンバーを落ち着かせようとする。実は死んでおらず意識もある千空。龍水の指示で即座にフランソワと大樹が治療に当たるのだった。

千空は、復活液のレシピを知らない自分に遺言を残す時間を与えたいという敵の思惑で、頭でなく胸を狙ってくると読んでいたのだ。それを聞いてルーナは涙を流しながら、千空の機転に感嘆。そして千空の腕を掴んで血圧を測り始め…。

実は医学部の学生であったというルーナ。デキる女になって知的な彼氏を得るために、父親のコネで入学し、落第生であったものの授業は真面目に聞いていたのだ。それを聞いて大樹は、ルーナの両手を掴み、千空を護ってくれと懇願するのだった。

一方その頃コハクとクロムは、遮蔽物がなく攻めどころのない敵の本陣を観察していた。すると何か異様な気配を感じ、慌てて後ろを振り返れば、そこにあったのは司・羽京・氷月・スイカの姿!司は敵の城内に侵入するには、潜入用の地下通路を掘るしかないと言い出した。

掘削用の科学アイテムを千空に頼まないといけない。そう話しているうちにペルセウスからの通信が入る。いろはにほへとを使って解読するという、日本人にしか容易に通用しないであろう「上杉暗号」を用いて知らされたのは、千空が狙撃されたが生きているという報せ。そして千空からのメッセージ。それはたった三文字で「クロム」と。

瀕死の千空から託されたクロムは、この状況を科学者として打開するべく真剣な表情に一変するのだった。

160話の感想&考察(ネタバレ含む)

「Dr.STONE(ドクターストーン)」160話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を無料で読む方法

「Dr.STONE(ドクターストーン)」が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「Dr.STONE(ドクターストーン)」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「Dr.STONE(ドクターストーン)」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「Dr.STONE(ドクターストーン)」単行本は410円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓