漫画「ドメスティックな彼女」246話のネタバレと無料読み放題

漫画「ドメスティックな彼女」246話のネタバレ

2019年10月2日(水) 週刊少年マガジン44号 発売

246話のネタバレ

第246話 どんな答えを

陽菜は懐かしい呼び方だねと答える。

夏生は何を聞いているんだと自分に逆に問いかける。

萩原さんの言ったことが本当かどうか確かめてどうすると思う。

そして同時に好きだと言われたらすんなり受け入れるのか、ただの義弟だと言われたら後ろめたさが薄まるのか、どれも違うと感じて自分の中で何も答えが出ていないことを改めて感じる。

そんな夏生に陽菜は「なんて言ってほしい?」と笑顔で答える。

夏生を指さして当ててあげよっかと陽菜は言う。

すると夏生はいい、やっぱいい、何でもないと言って、まだ自分が答えを聞く準備ができてなかったと正直に答える。

すると陽菜はサークルの公演が近づいて少しナーバスになっているんじゃないかと言って、風を感じてリフレッシュするように勧めて手を差し出す。

夏生は陽菜の手を掴みながら、自分がどういう応えを望んでいたのかと考えている。

翌週サークルの公演で、夏生は魔王の役を演じている。

公演が終わり、先輩からお疲れさんと声をかけられる。

そして役者に転向したことに驚かれながらもなかなかサマになっていたと言われて喜んでいる。

そして先輩に芝居は楽しいかと聞かれて、夏生は形は違えど何かを表現して形にしていくことが面白いと答える。

そして夏生の友人たちも観劇してくれていた。会いに行くとすごいお芝居だったと言ってもらえ、嬉しいと言う夏生である。

そこに藤井くんと名前を呼ばれる。

そこにいたのは桐谷先生と蔦谷さんだった。

そして桐谷先生は小説のことは蔦谷さんから聞いたと言って、今回も脚本が君の名前でないと言うことはまだ(書けないのか)と聞かれ、夏生はそっちは相変わらずと言う感じだと返事をする。

それを聞いて桐谷先生は一読者として君の文章が好きだったのだと話す。

夏生は今日は桃源先生が来てないのかと蔦谷さんに聞くが、蔦谷さんもお見かけしなかったと言う。

そして夏生が最近あまりお呼びがかからないことを伝えると蔦谷さんも執筆に集中したいから暫く来るなと連絡が来たのだと話す。

それを聞いて事情が分かり少し安心する夏生だった。

そしてこのあとみんなでご飯に行こうとなるが、桐谷先生は打ち合わせがあると断りを入れられてしまう。

みんなで夏生の俳優デビューを祝いながら話の流れでルイが元気かと聞かれて夏生は言ってなかったけどとルイと別れたことをみんなに伝えた。

それを聞いて女子二人は驚きの声を上げるが、アルルは仕事で向こうに行った時にルイから聞いて知っていたのだと言う。

話は盛りあがりプチ同窓会は遅くまで続き、アルルが終電はもうないかもと言ったので夏生はうちに泊まるかと言う。

そして夏生は二人になってからアルルにルイとのことを知っていたんだなと聞くと、アルルは夏生にいこうかどうしようか迷っている内に時間が経ってしまったのだと言う。

そしてアルルは夏生にもう立ち直ったって言っていたけど夏生にとってルイちゃんはどうでもいい人になってしまったのか、過去の人と言う感じなのかと尋ねられる。

すると夏生は完全にそうできていたら楽かもしれないと答える。

それを聞いてアルルは少し安心したと答え、自分はなっちゃんルイちゃんペアが好きだからと言う。

そしてルイがまだ夏生にもらったネックレスをつけていたことを話す。

部屋でアルルが眠る中、夏生は思い切ってルイに電話をかけるのである。

「ドメスティックな彼女」246話の感想(ネタバレ含む)

「ドメスティックな彼女」246話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「ドメスティックな彼女」246話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「ドメスティックな彼女」246話を無料で読む方法

「ドメスティックな彼女」246話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「ドメスティックな彼女」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

 

●漫画「ドメスティックな彼女」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓