漫画「第九の波濤」 102話のネタバレと無料読み放題

漫画「第九の波濤」102話のネタバレ

2019年8月7日発売 週刊少年サンデー36・37号併合掲載 102

 

天気は晴れて念願の“はえんかぜ”を真近で見た海老原と潜木。

今日の調査は、無人の小型モニターを海中に投入して、“はえんかぜ”に魚礁性があるかを確認をする予定だ。

回遊魚を除き魚にも寝床は必要になる。

理想的なのは流れ藻に岩などだが、最近ではコンクリートブロックを敢えて投入して人工的に寝床を作ることも。

モニターを覗くとそこには沢山の魚の群れ。

確かに魚はいたがこれだけではまだまだの様子。

詳細はバイオロキングが有効だが魚礁性の効果が分かるには2?3年と、今はまだ研究の道半ばに過ぎないことに驚きをかくせない海老原。

広大な海の解析が簡単に出来るはずがない。

風力発電は漁師にとってリスクにもなる懸念を、よく地元漁師が納得したと感心する海老原。

潜木と2人で、その話をまとめた人に会ってみたいと話をするが、その人物が昨日会った長大水産OBの猪熊だとは知らなかったようだ。

キャンパスに戻り授業を受ける潜木は、もう一度猪熊とんにちゃんと話を聞きたいと、今度は逆に海老原を誘ってみようと声を彼にかけてみたが、用事があるとこの誘いを断わってしまう。

GW中は帰省するつもりだが、それよりも「五島はお前に任せる」とまで言いだす海老原。
絵文字まじりのマジ怒りの潜木。

海老原はもう興味を失ってしまったのか?

「第九の波濤」102話の感想

「第九の波濤」102話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日公開!

漫画「第九の波濤」102話を無料で読む方法

「第九の波濤」102話は漫画雑誌「週刊少年サンデー」に掲載されている作品です。

週刊少年サンデーは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「第九の波濤」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!