漫画「チェンソーマン」52話のネタバレと無料読み放題

チェンソーマン

漫画「チェンソーマン」52話のネタバレ

2019年12月23日(月)週刊少年ジャンプ4・5号 発売

52話のネタバレ

ソ連には秘密の部屋に閉じ込められて死ぬまで実験されつ続ける子供たちがいると岸辺は話す。

レゼはそこにいた。

レゼは実験台にされ、国に尽くすためだけに作られた戦士だったのである。

帽子をかぶり、人込みに紛れて遠くへ逃げようとするレゼだったが1本の花を見つめると、新幹線に乗らずに引き返した。

向かったのはバイトしていた喫茶店。

細い路地を通り、喫茶店を目の前にした時、レゼの前にマキマが現れた。

すぐに戦おうとしたレゼは首のピンをひこうとするも、腕を斬り落とされボムに変化することも出来ない。

すぐにナイフを持って直接マキマを殺そうとするが、上から天使の悪魔による攻撃を受け天使の悪魔が持つ矢がレゼの胸を貫いた。

瀕死ながらももう一度首のピンを抜こうとするレゼ。

しかし、マキマに手を握られたことでそれも出来ず、そのまま息絶えてしまった。

喫茶店では花束を持ったデンジが待っていたがもう閉店時間になってしまった。

落ちこむデンジ。そこで喫茶店のドアが開いた。

嬉しそうにドアの方を向くデンジがだったが入って来たのはパワーである。

パワーはデンジが持っている花束を羨ましそうにするが、デンジは花束をパワーにはやらず全部食べてしまうのであった。

「チェンソーマン」52話の感想

「チェンソーマン」52話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
レゼの末路は可哀想ではありますが、これまであまりにも多くの人々を殺してきたわけですし、まるで悲劇的な映画のラストシーンみたいな最期となったのもあり、いい落としどころなのではないかと思いました。パワーが花に興味を示すのは意外でしたが、待ちぼうけを食らったデンジが独り寂しく帰ることにならずに済んだのは救いでしたね。

「チェンソーマン」52話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

20代男性
デンジとの約束の喫茶店に向かう途中で、マキマと天使の悪魔の手によってレゼが始末されたシーンはとてもカタルシスがありました。レゼもデンジにどこかシンパシーを感じるような境遇で、なんではじめにあった頃に殺せなかったんだろうと考えてたシーンは切なさがありました。

「チェンソーマン」52話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

20代女性
vsレゼ編決着!先週までギャグみたいなバトルを繰り広げていたのに最後はとても悲しい終わりかたでした。レゼは同じような境遇のデンジにはやり少なからず牽かれていたんですね。仕方ないとはいえレゼには幸せになって欲しかっただけ残念です。それにしてもマキマさんは本当に怖い!次からの展開も楽しみです。

「チェンソーマン」52話の考察

30代女性
大量のネズミが集まり、その中から登場するという現れ方からして、やはりマキマは只者ではないようです。銃撃されても死なず、人を呪い殺すような能力があることから悪魔の力を持っているものと考えられますが、他にもまだ隠されている力があるのかもしれませんね。レゼに対しマキマは、犬を使ってネズミを駆除する話をしました。それはもちろん、レゼのような悪魔を逃がさず退治することで安心感を得ていることの暗喩でもありますが、同時に自分が公安の犬であることを皮肉っているようにも感じられます。マキマのような底知れない力を持つ者が、あまりいい待遇を受けていないながらもなぜ公安に所属しているのかというところで、謎が深まるばかりです。

漫画「チェンソーマン」52話を無料で読む方法

「チェンソーマン」52話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「チェンソーマン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「チェンソーマン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「チェンソーマン」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!