漫画「チェンソーマン」47話のネタバレと無料読み放題

チェンソーマン

漫画「チェンソーマン」47話のネタバレ

2019年11月18日(月)週刊少年ジャンプ51号 発売

47話のネタバレ

公安2課の2人の生首を見せつけるように持つボムは、デンジを車から降ろすように要求する。

それを聞き入れず、何も言葉を発しないまま車で走り出そうとする早川。

ボムは車に飛び乗り、ガソリンに引火し丸焦げにさせてしまうこと覚悟で拳を振り上げるが、そこに暴力の魔人が飛び蹴り。

早川はすでに特異課へ、救援要請を送っていたのであった。

暴力の魔人は続けて脚を振り下ろすが、その本気の蹴りを簡単に防ぎきるボム。

ボムの強さを理解した暴力の魔人は退散し、名前を呼ばれたコベニも腰を抜かして命乞いをする始末だった。

再び早川の車に追いつくボムだが、そこでデンジがようやく意識を取り戻す。

車内の無線が壊れて大音量で音楽が鳴り響く中、デンジは勝手に屋根をチェンソーで切り、その上へ。

自分の知り合う女性が全員自分のことを殺そうとしている。

マキマ、姫野、コベニ、筋肉の悪魔に憑かれた少女、そしてレゼのことを思い返し、デンジはそのことを嘆く。

チェンソーの心臓を欲しがる者ばかりで、デンジの心臓は欲しくないのか、と。

会話の中でボムは、デンジがマキマに篭絡されていることを知り、ガッカリした様子を見せる。

これ以上自分のせいで死人を出したくないというデンジと、デンジを惑わすことを諦めたボムは、ついに1対1で戦い始めるのだった。

「チェンソーマン」47話の感想

「チェンソーマン」47話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
復活したデンジと、その後のレゼのやり取りに笑いました。このテンポの良さとキャラ同士の掛け合いがチェンソーマンのいいところですよね。まあテンポが良すぎて味方もバタバタと倒れていくわけですが、ここでこれ以上の犠牲を食い止められるかどうか? 今回は流石のデンジも敵いそうにないので、これをどうやって切り抜けるのか注目です。

「チェンソーマン」47話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代男性
今まで出てきた悪魔や人と違って、ボムはちゃんとお話しできるタイプだった。この作品人間ですら支離滅裂なので、ちゃんと喋っているボムを見るとちょっと安心する。後水着みたいな恰好で戦っているので第2形態とかにはならず、このまま戦っていてほしい。

「チェンソーマン」47話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

20代女性
ついにデンジとボムの正式な一騎打ちが実現し、わくわくしてきました。デンジは結局マキマに心を決めているようですが、それでもまたレゼの姿を出されたら動揺してしまいそうで安心できません。BGMや走行中の車上というスピード感も相まって、決戦の雰囲気はばっちりですね!

「チェンソーマン」47話の考察

30代女性
ボムはマキマのことをよく知っている様子で、デンジが彼女に飼われているなら一緒に逃げても無駄だった、という風に言っていました。
何気ない一言からも、マキマの底知れなさと恐ろしさが浮かび上がってきます。
マキマがそれだけ戦闘面で強いということなのかもしれませんし、マキマの人心掌握術のすさまじさを知っているからそう言っているのかもしれません。
いずれにせよ、ボムはマキマのことをよく知っていますし、公安の内部について詳しいようである描写や、レゼの姿を2課の人が知ってそうな描写もありました。
マキマが悪魔の間でも有名な存在な可能性もありますが、それ以前にやはりボムとマキマとの間に個人的な関係があるという風にも考えられますね。

漫画「チェンソーマン」47話を無料で読む方法

「チェンソーマン」47話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「チェンソーマン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「チェンソーマン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「チェンソーマン」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!